みんなのエッチ体験談告白

無料で読めるエッチ体験談まとめ。秘密のエロ体験、スケベなナースとのエロバナ、人妻の不倫エッチ告白、禁断の近親相姦H体験が満載!

アブノーマルH/エッチ体験談

【Hな体験】今でも忘れられないアナル責め

昔の彼女にしたアナル責めが忘れられない。

しかしそれがきっかけで振られたので、次の彼女、すなわち今の妻にはアナル責めができないでいる。
妻と付き合い始めた時は、前の彼女とのこともあって、アナル責めはしないと決めていた。
しかし結婚して10年、子供もできて、ついアナル責めをしてみたくなる。

中学生の頃、電車の中で拾ったエロ小説(家庭教師と初体験、その後兄嫁に色々教えてもらうという内容)の影響でアナル性交に興味をもつ。
元カノにした最初のアナル責めは、左手を身体の下にまわして左胸の乳首を摘みながら、右胸を舌で舐め、右手を微動させながらクリ(親指)+前穴(人差し指)+アナル(中指)の5点責めだった。

【注目度UP!! 話題の記事】
  • 【※朗報※】ミニマムさん、不機嫌顔の148cm炉利少女発掘ww
    【※朗報※】ミニマムさん、不機嫌顔の148cm炉利少女発掘ww
  • 児ポ法に対抗した合法ロ●という力技が完全に逮捕レベルww
    児ポ法に対抗した合法ロ●という力技が完全に逮捕レベルww
  • 成長期の膨らみかけたおっぱいがチラッ!めちゃシコなんだがw
    成長期の膨らみかけたおっぱいがチラッ!めちゃシコなんだがw

  • 【※殿堂入り※】一度見たら忘れられないインパクト最強エロGIF
    【※殿堂入り※】一度見たら忘れられないインパクト最強エロGIF
  • 世界が軽蔑する日本の変態ビデオが全力でアウトォォ
    世界が軽蔑する日本の変態ビデオが全力でアウトォォ
  • ☆おすすめ記事☆

    清楚系の元カノに、最初のセックスでこれをしたとき「ダメになる、ダメになる」と叫ばれ、終わった後、「参りました」と言われた。

    次のセックスからは、しつこいくらいアナルの皺を舐め、舌を尖らせてアナルに差し込んだ。

    オレは、舌を長さ5cm程度の円筒状に膨らませて前に突き出せる。
    ミニペニスというか、短い触手状だ。
    そのまま、先端1cmくらいを自由自在に上下左右に動かせる。

    まず、元カノを四つん這いにしてケツを上げさせ、後ろからゆっくりワレメを舐めた。
    お互いに気分が乗ってきたら、元カノの身体の向きを逆にさせてオレの上に乗せ、シックスナインをする。
    元カノの声が大きくなってきたら、上下を入れ替え、オレが上になり、彼女のお股を大きく広げて、舌を大きく動かして舐める。
    そして舌を尖らせて、膣に挿入する。
    顎の無精ヒゲでクリを刺激しながら舌を出し入れしてやると、元カノの口の動きが止まり、くぐもった声が出始め、快感に浸っている。
    尖らした舌を少しずつアナルの方に移動すると、顔を振って嫌がる。
    最後には腰を振って逃げようとする。
    その腰の動きをオレの腕でがっしり掴んで固定する。
    そして、舌で元カノのアナルの入り口を刺激してやる。
    顎を回すようにしながら、舌先からツバをアナルに垂らす。
    元カノはこのとき、ものすごく抵抗していた。

    「静かにしろ」と言うと、動かなくなった。

    それからアナルの入り口をゆっくりと舌先で舐め回してやった。

    アナルが締まっていくのが見える。
    そして舌を膨らませてミニペニス状にして、アナルの穴にゆっくりと差し込んでやった。
    最初、ものすごくアナルを締めて、舌が入らないように抵抗した。

    そしてペニスを口から外すと「イヤ、イヤ、やめて」と言った。

    それを聞いてますます興奮したオレは、顔全体に力を入れて、舌をアナルに突っ込んだ。

    ある一点から力が抜けた。
    根元まで突っ込むと、また再びアナルに力が入って、オレの舌を締め上げてくる。
    その締め上げを感じながら、アナルの中の腸壁をこそぐように、舌先を動かすと、元カノは「アー、もうダメ」と言いながら、ますますアナルを強く締めてきた。
    さんざんアナルを舐め、次に指を同じくアナルに入れて出し入れし、最後はペニスを膣に入れ射精して、その日のセックスは終わった。

    それからは、アナルを舐めたり指を入れたりしても、全く抵抗されなくなった。
    4、5回そんなセックスを繰り返した後、いよいよアナルにペニスを挿入してやろうと考えた。
    いつもはアナルに入れる指は人差し指1本なのだが、その日は、四つん這いになって腰を上げた元カノのアナルに、人差し指と中指を重ねて入れてみた。
    その瞬間、元カノは、「ヒーッ」と声を上げた。

    「痛いから止めて、ホント無理」と言われたのだが、こっちは止まらない。

    出し入れすると、アナルの肉が、中指の第2関節に引っかかって、蛸の口状に持ち上がり捲れるのに物凄く興奮した。
    元カノに「黙れ」と怖い声を出しておいてから、机の上に置いてあった彼女の化粧クリームをひとすくい取ると、元カノのアナルに塗った。
    元カノは何をされるのかなんとなく想像がついたのか、腰を下げると、脚を伸ばしてアナルに力を込めて動かなくなった。
    こっちは腰を持ち上げ、元カノの脚を無理矢理に曲げた。
    そしてクリームのついたアナルに舌を差し込み、アナルをほぐし始めた。
    こうすると、いつもならアナルの穴の周りの筋肉が緩んでくるのだが、その日は全く緩まない。
    いらいらしたオレは、自分のペニスにツバをつけると、彼女のアナルにペニスをあてがい、親指でペニスを押すようにして、元カノのアナルに自分のペニスを押し込み始めた。

    彼女は「痛い、痛い、お願い止めて、もうやだ」と言いながら、振り返るようにしてこっちを見てくる。

    たぶんオレはこのとき、鬼のような面相だったと思う。
    あんまり抵抗するものだから、元カノの背中をパーンと平手で張ってやった。
    元カノがビクっとした瞬間、アナルの力が抜けて、そのままペニスの頭がスルーっと入った。
    後は少しずつ腰に重みをかけるようにして、元カノのアナルにペニスを入れていった。

    元カノは、ペニスが少しずつ入る度に「アゥ、アゥ」と言っていた。

    ペニスが根元まで入った時の達成感といったら、人生で比べうるものがない。
    そこそこ可愛い清楚系の女が、ケツの穴にペニスを挿入されて串刺しになっていると想像すると、ほんとに興奮した。
    ゆっくりとペニスを引くと、アナルの周りの皮膚がペニスに吸い付くようについてくる様子にまた興奮する。
    再び、根元まで挿入して、腰の動きを止めて、締め付けを味わう。
    後ろからの側位に体位を変え、元カノの腰を抱えるように、右手を前に回してクリトリスを刺激してやる。
    彼女が甘い声を出し始める。

    ベッド脇においた手提げ袋の中から、用意しておいたローターを取り出した。

    彼女は「そんな機械いやだ、もう止めて、嫌い」と言う。

    アナルをペニスで貫かれた状態でそんなことを言っても笑ってしまう。
    ローターのスイッチを入れて、クリトリスに当てると、アナルの締まること締まること。
    元カノは、つま先をピンと伸ばしてイッてしまった。

    ぐったりとした彼女の様子にオレの興奮も収まり、とりあえずアナルからペニスを抜き始めた。
    抜くときの方が違和感が強かったらしく、元カノは獣のように低い音を喉奥から出していた。
    その後、ぐったりした彼女を眺めながら、右手でペニスを握って顔射した。
    彼女に舐めて掃除させようと口元に持って行くと、さすがに顔を背けて拒否する。
    ペニスをティシュで拭き、彼女の身体をひっくり返すと、アナルがぽっくりと開いていた。
    その様子にまた興奮した。

    そして、こういうのは最初が肝心と、ローターをツバでべっとり濡らして、そのままアナルに入れると、彼女が飛び起きた。

    「何するの!!」

    構わずに、右手でローターのスイッチを入れて、最強にした。
    彼女の口を左手で押さえ、身体の重みをかけながら、ペニスを膣へ挿入した。
    皮一枚挟んで響くローターの存在をペニスの裏に感じながら、屈曲位にて腰を激しく動かすと、彼女は泣きながらうめき声を出している。
    その様子にまた興奮してあっという間に中出しした。

    結局、この日はレイプするようにアナル性交、中出しと初めての経験をお互いにした。

    三日ほどして、元カノから『もうついていけない』とメールが来て、会ってもらえなくなった。



    厳選記事

    Mで淫乱だった受付嬢との関係

    史織が妊娠したらしいと聞いたので、彼女との思い出を書いてみる。

    自分は某複合施設に勤めていて、史織はそこの総合受付にいた。
    色白でたれ目、おっとしたお嬢様という感じだった。
    その年の四月に勤務を始めて、半年以上はこれといって接触があるわけではなかった。
    朝に挨拶を交わす程度で、必要があれば来客の案内を頼むくらい。
    何人かいる受付嬢の中でも、特に目立つ存在ではなかった。

    【注目度UP!! 話題の記事】
  • 【※朗報※】ミニマムさん、不機嫌顔の148cm炉利少女発掘ww
    【※朗報※】ミニマムさん、不機嫌顔の148cm炉利少女発掘ww
  • 児ポ法に対抗した合法ロ●という力技が完全に逮捕レベルww
    児ポ法に対抗した合法ロ●という力技が完全に逮捕レベルww
  • 成長期の膨らみかけたおっぱいがチラッ!めちゃシコなんだがw
    成長期の膨らみかけたおっぱいがチラッ!めちゃシコなんだがw

  • 【※殿堂入り※】一度見たら忘れられないインパクト最強エロGIF
    【※殿堂入り※】一度見たら忘れられないインパクト最強エロGIF
  • 世界が軽蔑する日本の変態ビデオが全力でアウトォォ
    世界が軽蔑する日本の変態ビデオが全力でアウトォォ
  • ☆おすすめ記事☆

    ことが動いたのは年末近くなってから。
    退勤して帰ろうと思ったら、従業員の通用口に史織がいて、たまたま帰るときに一緒になった。

    「途中まで一緒に帰ろうか~」

    軽く誘ってみたら、意外にも喜んでくれて、受付の愚痴やらを聞きながら歩いた。

    俺「ところで史織ちゃんは彼氏いるの?」

    史織「あ、はい~、います・・・」

    別に狙ってたわけでもないけど、チッ、なんだよと正直思った。

    史織「でも最近、ちょっと微妙なんですよね~」

    俺「へー、そうなんだ。俺でよかったら相談に乗るよ?」

    史織は素直に喜んでくれて、その場でメールアドレスを交換した。
    実はその時、自分には付き合ったばかりの彼女がいたので、史織と深い関係になるとかは全然考えてなかった。
    ヒマ潰しのメル友程度になればいいなと思ったくらいだった。

    数日後、史織は俺の家で全裸になっていた。
    どういう流れで史織を脱がせたのか、うろ覚えなんだけれど、肌がきめ細かくて真っ白で、むっちりしていて、どこを触ってもいやらしく気持ちよかったのは覚えている。

    「濡れやすいんです」と言いながら、ソファまで汚していた。

    脚をМ字に開かせながら、内ももに何度もキスして、その度にビクビク震える史織の反応に、S心がゾクゾクした。

    俺「彼氏とヤッてないの?」

    史織「最近会ってもないんです」

    俺「いつもこんなに濡らすんだ」

    史織「恥ずかしいです・・・あ、また濡れちゃう・・・」

    俺「ソファ汚れちゃったね。このままにしといていい?」

    史織「やめてください、恥ずかしい」

    着痩せするのか、思ったよりむっちりしていて、胸も大きかった。

    俺「おっぱいおっきいね、何カップ?」

    史織「え・・・C・・・とDの間くらい」

    乳首が陥没していて、それを指摘すると顔を真っ赤にしていた。
    きつめに吸いだしてあげるとピンと硬直した乳首が出てきて・・・。

    史織「吸われるとジンジンする・・・ああっ、また・・・」と喘ぎ続けていた。

    経験が少ないのか、白状した通り、彼氏とご無沙汰なんだろうと思った。
    ゆっくり指を入れ、入り口あたりでわざど音が出るように掻き回してみる。
    跳ね上がるように腰を動かすのがやたらとエロくて、フェラもさせずに挿入した。

    史織「えっ・・・ゴム・・・ああっ、入ってるっ」

    俺「いいでしょ、別に」

    史織「あっ、やだ、ほんと、妊娠しちゃう、ああ」

    まさに口では嫌がってても身体は正直な状態。
    史織の腰はうねるようにして、絡みついてくる。

    史織「私、妊娠しやすい体質だと思うんです、だから・・・」

    俺「いいから黙れって」

    濡れやすい膣内の具合をさんざん楽しみ、一番奥から入り口まで楽しんでから、ゴムをつけて中で出した。
    見つめ合って、唾液を交換してお互いの顔をぐちょぐちょにしてからね。
    これで訴えられたらレイプで捕まっちゃうかなーなんてちらりと思ったけれど、力ずくではヤッてないし、極めてジェントルに犯してるつもり。
    その証拠に、またしばらくして史織は再びウチに来た。

    「お菓子持ってきました」なんて言うので、「じゃあお茶飲もうかー」なんて言ってるうちに、俺は史織のブラのホックを外していた。

    史織「ダメです、こんなんじゃないんです」

    俺「いいから」

    史織「怖いです・・・」

    そんな強引にしてないつもりなんだけどなーと思いつつ、「四つん這いになってお尻上げて」と言うと、史織は従順に従った。
    真っ白でむっちりしたお尻を向けるので、ガチガチになったモノをゆっくり、ゆっくり突き入れる。

    史織「あああっ、奥まで・・・」

    俺「気持ちいいね、史織ちゃんのおまんこ」

    史織「やめてください、ああっ、あっあっ」

    俺「彼氏にごめんなさいしないとね。ほら、言ってごらん」

    史織「やだ、もうダメ、気持ちいい」

    完全に堕ちた。
    けど、俺も堕ちたんだと思う。

    それから数度、史織はウチに来た。
    もちろん職場でも顔を合わせるわけで、そんな時は思い切りムラムラして堪らなくなった。
    メールでもエロい会話が増えて、『今すぐ犯したい』とか、『中に出したい』という話題が増えた。
    史織におっぱいやまんこの写メも送らせた。
    何にも用がなくても受付の前を通って、目配せしたり。

    いつでも切れる火遊びと思ったけれど、現実はそうじゃなかった。
    自分の彼女と同棲することが決まり、俺の部屋を引き払うことが決まったときも、史織は引っ越し前日までウチに来ていた。
    苦手だったフェラも好きになり、「口の中いっぱいに入れると、濡れてくる」とか言っていた。

    史織との関係は何度もやめようとしたし、向こうも「彼氏に悪いのでやめたい」とも言ってきたけれど、ずるずると続いてしまった。
    メールアドレスを消しても、どちらかが結局送ってしまう。

    「これじゃダメだね」

    そう言いつつも、何週間か逢わないで久しぶりに密会すると、ものすごく燃えた。
    部屋がなくなってからは、ネットカフェの個室でセックスしていた。
    ペアシートっていうか『ヤリ部屋でしょ?』という感じの密室で防音。
    ただし狭いので派手な動きはできない。
    入るなり服に手を突っ込んで、DからEにサイズアップしたおっぱいを揉みまくる。
    陥没乳首は完全に治っていて、敏感でいやらしいおっぱいに成長していた。

    全裸にはできないので、下だけ脱がして指で掻き回す。
    潮こそ吹かないけれど、すぐに濡れて挿入可能になるエロまんこ。
    そう言うとますます濡らして、腰ガクガクさせてた。
    狭いソファでは対面座位が基本。
    窮屈だけど、肉感的な彼女の体を味わうには最高だった。
    ぐいぐいと腰を押しつける史織のクリに指を当てながら下から突き上げると、きゅうっと中が締まるのを感じた。
    いつも、はじめは生で、イキそうになったらゴムをつけて。

    史織「ナマ気持ちいい、ナマすごい」

    俺「気持ちいいだろ?」

    史織「うん、すごい硬い、中がいっぱいになってる!」

    お互いに完全に狂ってたと思う。
    背徳ってこういうことを言うんだろうな。
    ものすごい燃えて、突きまくって、射精した後は罪悪感。
    しばらくそれが続いて、やめようと思うけれど、また職場で目が合うとムラムラする。
    まさに“身体が離れられない”感じ。
    自分だけでなくて史織もそうだと思うと余計に興奮した。

    終わりは唐突で、彼女にバレた。
    彼女には必死になって謝った。
    史織も彼氏と終わらせる気はなかったらしい。

    もうネットカフェも使えなくなったので、最後の密会は公園のトイレだった。
    自分達らしい最低な終わり方だと思った。

    誰もいない夜の公園のトイレで、服を着たままきつく抱き合って、舌を絡ませて、腰を擦り合わせて、「離れたくない、好き、好き、愛してる」と史織は言った。
    下着を乱暴にずらして、胸もお尻もめちゃくちゃに犯して、ナマで立ちバックのまま突っ込んで、最後は史織の顔を掴んだまま口にぶち込んだ。
    終わりだと思うと、切なさと欲望と狂気が爆発したみたいに、有り得ないくらいの精液が史織の口と顔を汚した。

    それからほどなくして俺は異動になった。
    史織とは全く連絡を取っていない。

    一年以上経って、史織が妊娠して結婚・退職すると人づてに聞いた。
    本当に妊娠しやすい体質だったんだ、と思った。
    自分ではない誰かが史織の膣をえぐって、射精をし、自分のものではない精液で史織の子宮を満たし、妊娠させた。
    もし間違っていたら、それは自分の精液で、自分の子どもだったかもしれない。

    もうあんなふうに熱狂したセックスをすることもない。



    厳選記事

    色んな場所でカーセックスをした

    これは自分の体験を投稿します。


    一部、法律に違反する事柄もありますので、くれぐれも真似はしないで下さい。


    今まで、ナンパや合コンなどで行きずりでエッチをする際に、ホテルではなく車内プレイをする事があります。


    まず、今現在自分の車は国産の8名乗車可能なミニバンです。


    後ろのガラスは全てプライバシーガラス。


    初めてのカーセックスは、18歳の時にダブルデートした帰り道。


    相手は女子校の15歳で、地方高速道路の下のトンネルみたいな所。


    ミニスカートを穿いていて、冗談で


    「パンツが見えてるよ?よく見たいな」


    彼女はというと


    「あはっ、恥ずかしいよ」


    とこっちを見つめ、キスしてきてそのままカーセックス。


    セダンタイプだったので足がつったのは覚えている。


    【注目度UP!! 話題の記事】
  • 【※朗報※】ミニマムさん、不機嫌顔の148cm炉利少女発掘ww
    【※朗報※】ミニマムさん、不機嫌顔の148cm炉利少女発掘ww
  • 児ポ法に対抗した合法ロ●という力技が完全に逮捕レベルww
    児ポ法に対抗した合法ロ●という力技が完全に逮捕レベルww
  • 成長期の膨らみかけたおっぱいがチラッ!めちゃシコなんだがw
    成長期の膨らみかけたおっぱいがチラッ!めちゃシコなんだがw

  • 【※殿堂入り※】一度見たら忘れられないインパクト最強エロGIF
    【※殿堂入り※】一度見たら忘れられないインパクト最強エロGIF
  • 世界が軽蔑する日本の変態ビデオが全力でアウトォォ
    世界が軽蔑する日本の変態ビデオが全力でアウトォォ
  • ☆おすすめ記事☆

    それから1年後、合コンで親しくなった、携帯電話ショップの22歳の人は、酔ってて帰りを送る事になったが、街から1時間も掛かる田舎だという。


    23時を回った時、実家は親がいてうるさいからと、近くの大きな川の河川敷でお喋りするうちに良いムードになって、そのままカーセックス。


    そしてまた月日は流れ、アルバイトの送別会の帰りに、また酔った大学卒業間近のぽっちゃりした娘が夜の海に行きたいと言うので、連れて行く事に。


    そして真冬の海水浴場でカーセックス。


    その娘は可愛くない。


    「あたし彼氏と別れて欲求不満」


    と、自分から求められた。


    そしてコンビニ前でヒッチハイクみたいな出会いから、行きずりでエッチする事になって、


    「ホテル代なんてないよ」


    と言うと、夜の20時頃に郊外バイパス沿いに立つパチンコ屋の立体駐車場の最上階でカーセックス。


    ほとんどクルマは止まってないが、警備員が見回りに来るも、覗くとかなく声掛けもない。


    それが結構ドキドキする。


    ミニバンになってからはセカンドシートとサードシートを倒してフルフラットにすると走るホテルに変身。


    ただシート面はデコボコなので、サードシートを左右上に跳ね上げ、カーゴモードにすると、立ちフェラも出来るし騎乗位も出来る。


    夜にする事がほとんどだが、たまに真昼に大きな運動公園の広い駐車場や、山道の途中でもやる。


    鉄道線の高架下や、大型ショッピングモールの屋上でも、行為に及ぶものの人に見られるかもしれないと緊張しながら、フィニッシュを迎える。


    土砂降りの雨は恵みの雨でほとんどクルマが来ない。


    野外での行為はほとんどしないが、海沿いの駐車場は波の音はいいムードになりやすく、落ち着く。


    皆さんのオススメの場所があれば教えて下さい。


    最後に、一部法律に反する事柄もありますので、決して真似はしないでください。


    ありがとうございました。


    他サイト超厳選PICKUP!

    出会ったばかりの男性と本格的なアナル調教

    財布を落してしまい、どうしても支払いにお金が必要だった為、出会い系で助けを求めました。

    知り合ったのは同じ30代の独身男。

    彼は「あなたが必要なだけ支払うから」と、アナルプレイを希望しました。
    昔、付き合った人とアナルの経験がありましたが、もう何年もしてなくて怖かったです。
    けれど旦那に財布を落したとは言えないし、時間もないし、会う事にしました。

    昼過ぎに約束の場所に行くと、眼鏡をかけた秋葉系の男が来ました。
    男の車でホテルに行くとSM専用ルームに連れていかれ、部屋に入ってすぐに男は持ってきた鞄からバイブ、ローター、大きな注射器などを取り出しました。
    【注目度UP!! 話題の記事】
  • 【※朗報※】ミニマムさん、不機嫌顔の148cm炉利少女発掘ww
    【※朗報※】ミニマムさん、不機嫌顔の148cm炉利少女発掘ww
  • 児ポ法に対抗した合法ロ●という力技が完全に逮捕レベルww
    児ポ法に対抗した合法ロ●という力技が完全に逮捕レベルww
  • 成長期の膨らみかけたおっぱいがチラッ!めちゃシコなんだがw
    成長期の膨らみかけたおっぱいがチラッ!めちゃシコなんだがw

  • 【※殿堂入り※】一度見たら忘れられないインパクト最強エロGIF
    【※殿堂入り※】一度見たら忘れられないインパクト最強エロGIF
  • 世界が軽蔑する日本の変態ビデオが全力でアウトォォ
    世界が軽蔑する日本の変態ビデオが全力でアウトォォ
  • ☆おすすめ記事☆

    私は全裸になり、産婦人科の診察台みたいなモノに座らされ、固定されました。
    そして徳用の浣腸を全て注入されました。

    男は風呂場から桶を持ってくると、「ココにしなさい」とお尻の下に置きました。

    ブリブリと大量のうんこを出すと・・・。

    「いっぱい出たね。まだ綺麗にしなきゃ」

    そう言って、今度はお湯を注射器で入れられ、空気でアナルに栓をする玩具も装着されました。

    私「や・・・お腹が・・・」

    男「大丈夫だよ。少し我慢した方がいいから」

    ローターでクリを刺激しました。

    私「やぁぁぁぁぁぁ~」

    男「嫌?こんなに濡れてるのに?」

    私は自分でも気付かないうちに、浣腸だけで感じてしまっていました。

    私「あっ・・・そんな・・・」

    男「気持ちいいんでしょ?我慢して排泄するのって・・・」

    そう言ってアナルの栓を抜きました。

    「あぁ~出るぅ~見ないで~!」

    ドバドバと水とうんこを一緒に出すと、「あぁ、まだうんこが出てるね。もう一回綺麗にするよ」と、また注射器で浣腸されました。

    三回目の排泄が終わるとアナルにローションを塗り、ローターを入れました。

    男「今、ローター入ってるのわかる?」

    私「は・・・はい」

    男「何個入るかな?」

    私「え?」

    男は持ってきた3個のローターを全部アナルに入れました。

    「全部入ったよ。コレ一度に動かしたら気持ちいいよ」

    そう言ってスイッチを入れました。

    「ひっ!やぁぁぁ・・・あはぁ~」

    ブーン・・・カチカチカチ・・・。

    お尻の中で3個のローターが暴れます。

    「気持ちいいでしょ?」

    男が私の顔を見て言います。

    「はいぃぃぃ~気持ちいいですぅぅ~!あぁ~イ・・・イクぅ~~!」

    私はアナルの刺激だけでイッてしまいました。

    私がイクと・・・。

    「アナルだけでイッちゃたね?こっちも欲しいでしょ?ドロドロだもんね」と、おまんこにもバイブを突っ込みました。

    「あがぁ!はっ・・・いぃ・・・くぅぅ~」

    アナルのローターは動きっぱなし。
    男にバイブを出し入れされ、アナルローターとバイブが肉壁を擦る快感に、私はおしっこを漏らしながらイッてしまいました。

    「おしっこ漏らすくらい気持ち良かった?じゃあ、今度はローターを、うんこするみたいに出してみて」

    男にそう言われて、腹部に力を入れてローターを出しました。

    「あっ!」と声を出すと「出す時、気持ちいいでしょ?今度は『うんこ出る!気持ちいい』って言いながら出して」と言われました。

    「う・・・うんこ出ちゃう!あ~出るぅ~気持ちいい~」

    私は我を忘れるくらい感じて、涎を垂らしながらローターを排泄しました。

    「いいね!奥さんはアナルで感じる変態なんだ。いっぱい感じさせてあげるからね」

    男はそう言い、私をベッドに連れて行くと、クリにローター、おまんこにバイブを入れ、アナルにちんぽを挿入しました。

    「はぁぁ!い・・・痛い・・・」

    アナルはローターを入れてただけなので、まだ男のちんぽを受け入れるほど拡がってませんでした。

    「大丈夫・・・すぐに気持ちよくなるよ」

    おまんこバイブを出し入れされて、「あぁ~気持ちいい~」と感じた隙に根本まで入れられました。

    「あ~奥さんのアナル気持ちいいよ~!まんこのバイブがちんぽと擦れて最高に気持ちいいだろ?」

    男はそんな感じの事を言ってましたが、気持ち良過ぎて余り覚えてません。

    私「あがぁぁ~、いい~」

    男「『うんこの出る穴気持ちいい』って言ってみな!」

    私「うんこの出る穴気持ちいい~!あ~イクぅ~全部気持ちいい~!」

    私がイクと男もアナルに中出ししてイキました。

    ホテルを出たのは入ってから五時間後でした。

    帰りに約束の金額を貰うと、「いつもこんなには出せないけど、また会いたいから連絡して」と携帯番号を書いたメモを渡されました。

    私は「ありがとうございました」とだけ言って、フラフラになりながらも支払いを済ませて帰宅しました。

    しばらくは体調が戻らなくて困りました。
    また会うつもりはなかったから、電番のメモは捨て、アドも変えてしまいましたが、時々思い出してオナニーしてしまいます。

    結局、アナルの快感が忘れられず、旦那はアナルに興味がないので・・・。
    また出会い系で知り合ったアナル好きの人と会う約束をしてしまいました・・・。

    どうなってしまうか、今からドキドキしています。



    厳選記事

    お仕置き好きなドMの彼氏

    私の彼氏の斗真くんは1つ年上でめっちゃクールでかっこいい。
    でも斗真くんには私しか知らない秘密があるんだ。

    「ん~・・・ハァ、ハッ・・・ンッ・・・もっと・・・」

    そう、ドMなんだ・・・斗真くんはね。
    してる時、全く別人みたいになっちゃうんだ。
    だから、いっつも攻めてばっかり。
    私だって攻められたいのに。

    斗真くんは言葉責めにすごく感じる。



    【個人撮影】 話題騒然!!生意気な中×生くらいの少女にキレて泣かせたまま犯す問題映像のあれ!!!
    【ジュニアアイドル】jcまんこ見えそうな過激水着エロ画像
    長澤まさみ(28)全裸緊縛剃毛パイ●ン写真流出再燃…iCloud覗き見事件でネットに拡散か…
    【jcエロ画像】このジュニアアイドル過激すぎだろ…
    画像☆松井玲奈がミニスカスーツ姿でシーソーにおま●こ当ててて激シコタ
    【検証】女子アナが爆乳(Kカップ)すぎるとニュースに集中できない件・・・(※GIFあり)
    【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました
    【PR】ブログもSNSもある恋愛応援コミュニティ
    【熊本応援LINEスタンプ】熊本弁のかわいい?ばあちゃん

    「斗真くんのオチンチン、もうこんなにおっきくなってるぅ~」

    「やぁ~、言わないで」

    「何もしてないのに・・・お仕置きだね♪♪」

    あ、あとお仕置きも好きみたい。
    お仕置きって言ってもね、軽いんだよ。
    いつも通りにフェラしてあげて斗真くんがイキそうになる寸前でやめる。
    ただ、これだけ。
    これをね、何回か繰り返してたら斗真くんからおねだりしてくるんだ♪

    「アッ・・・イッ、イカせて下ださい・・・」

    それまでイカせてあげないんだ。
    ほら、今日も来た。

    「早紀~Hしよぉ~」

    「嫌だ」

    「ふんっ!!もういいもん」

    相当、たまってるみたい。
    じゃあ確かめてみようか・・・♪♪

    「そんなにしたい??」
    「・・・コクン」

    「じゃあ、そこで一人エッチして」
    「えっ・・・やっ無理」

    「無理なんだ・・・じゃあ、いいよ」って言って、また携帯弄ってたら・・・。

    カチャッってベルト外す音が・・・。
    まさかね・・・と思って見てみたら・・・。

    「見ててね・・・///」

    そう言って壁にもたれてマジでやり始めた。
    斗真くんのアレはね、めっちゃ大きくてすごい。

    「アッ・・・ヤッ・・・ハァハァ・・・早紀っ」
    「ん?何?」

    「お願いっ・・・俺の舐めて」
    「了解しました。お客様」

    手で握っただけで斗真くんのモノはさっきより大きくなった。
    斗真くんの方を見ると切な顔でおねだりしてきた。
    あの顔に弱いんだな、私・・・と思いつつ、もうすっかり大きくなったモノを咥えた。

    「ンアッ・・・早紀ッ・・・ハァ・・・もっと・・・」

    「お加減いかがですか。お客様」

    「ッッ!!・・・出るっ・・・イクゥゥゥ~~!!」

    斗真くんのモノがビクンってなったから口を離した。
    だって、まだおねだりしてもらってないから♪♪

    「フエッ・・・何でェェ~」

    斗真くんはイケなかったせいか泣きそうな顔して耐えてる。

    「イキたい?じゃあ、ちゃんと言・・・」

    「イカせて下ださいィィ~」

    私が言い終わる前におねだりしてきた。
    もう斗真くんのモノはこれでもかと言わんばかりにそそり立っていた。

    「じゃあご褒美あげないとね」

    そう言って斗真くんを立たせて壁に手をつかせて待っておくように指示した。
    私は斗真くんの大好きなアナルバイブを持ってきて斗真くんも目の前で揺らした。
    斗真くんはこれからする事に気が付いたのか何かを訴えるような目で見つめてきた。

    「どうしたの?」

    「く・・・早く・・・」
    「早く何?」

    「っ・・・それ・・・欲しいです」
    「よく言えました」

    私は斗真くんの穴を探しあて一気に突っ込んだ。
    斗真くんは身体を仰け反らして悲鳴に近い喘ぎ声をあげた。

    「ンッ・・・もっと刺激・・・欲しっ」
    「どうして欲しい??」

    「強で・・・強で動かして下ださい」
    「かしこまりました」

    スイッチON♪♪
    何とも言えない機械音と共に斗真くんの喘ぎ声が一層大きくなった。

    「アッ・・・ンンッ・・・アアアンッ・・・クッ」

    まるで女の子のように喘ぐ斗真くん。
    血管が浮き上がり、ヒクヒクと興奮に揺れる斗真くんのモノ。
    先端から溢れている先走り液。

    「今の斗真くん、めっちゃエロい!!」
    「言わないで・・・ヒャン・・・ンンッ」

    「写真撮ってあげようか」
    「いいですゥゥ~・・・あ、あの・・・」

    「ん?」

    「イっても・・・ンッ・・・いいですか??・・・クッ」
    「だぁ~めっ♪♪」

    本当にイキそうだった斗真くんを見て慌てて抜いた。
    斗真くんはイケなかったのに対し、一筋の涙を流して訴えていた。

    「お願いしますゥゥ~」

    「分かってる」

    私は再び斗真くんのモノを口に含んであげる。
    斗真くんもそれに答えて私の後頭部に手を添えて必死で耐えてる。
    斗真くんのモノは本当に大きいからむせそうになるけど、斗真くんをイカせてあげたい一心でフェラしてあげる。

    「ンンッ・・・アッ・・・全部飲んでね」

    「ングッ」

    「フアァァ~ッ!!出るッッ!!」

    ビュク・・・ビュウゥゥッ・・・ドクン!

    相当溜ってたんだろうな。
    口の中いっぱいに吐き出された。
    斗真くんはその場に崩れ落ち、私は一生懸命飲み込んだ。

    ゴクンッ!

    「入れてもいい?・・・ハァ・・・」

    「うん」

    感じてる斗真くん見てるだけで濡れちゃった(笑)

    ベッドルームまで二人で行き、結局斗真くんが下。
    私だってたまには攻められたい。
    もう斗真くんのモノは元気元気で脈打ってる。

    「入れるね」

    うわぁ~・・・おっきいなぁ・・・長い・・・すごぉい・・・。

    「ンアッ・・・アアアッ・・・アッ」
    「ンッ・・・斗真くんの大きい・・・」

    「ハァッ・・・もっと・・・」
    「ヤァッ・・・気持ちいいよぉ~」

    「俺もぉ~・・・クッ・・・限界っ」
    「私もっ・・・イクッッ・・・」

    同時に達したみたい。

    ドMな斗真くんだけど行為後、ギュ~って抱きしめてくれるのが大好き。
    ギャップがある斗真くんが大好き。

    ギュ~って抱きしめてくれてる時、「愛してる」って言われたのは聞こえなかった事にしよっと♪♪

    アクセスランキング