みんなのエッチ体験談告白

無料で読めるエッチ体験談まとめ。秘密のエロ体験、スケベなナースとのエロバナ、人妻の不倫エッチ告白、禁断の近親相姦H体験が満載!

学生時代のH/エッチ体験談

【初体験】修学旅行で熱を出して寝ていたら

高校の修学旅行の時の話をします。

情けない話、行った先で熱を出してしまい初日から寝込んでしまっていた。
部屋で一人寝ていると同じクラスの美栄がコッソリやってきた。
美「生きてる?」

俺「お前何しにきたん?」

美「全体の集まりがかったるいからサボリにきた」

ヒマだったし、話相手になるからいいかと思い寝ていた。
【注目度UP!! 話題の記事】
  • 【※朗報※】ミニマムさん、不機嫌顔の148cm炉利少女発掘ww
    【※朗報※】ミニマムさん、不機嫌顔の148cm炉利少女発掘ww
  • 児ポ法に対抗した合法ロ●という力技が完全に逮捕レベルww
    児ポ法に対抗した合法ロ●という力技が完全に逮捕レベルww
  • 成長期の膨らみかけたおっぱいがチラッ!めちゃシコなんだがw
    成長期の膨らみかけたおっぱいがチラッ!めちゃシコなんだがw

  • 【※殿堂入り※】一度見たら忘れられないインパクト最強エロGIF
    【※殿堂入り※】一度見たら忘れられないインパクト最強エロGIF
  • 世界が軽蔑する日本の変態ビデオが全力でアウトォォ
    世界が軽蔑する日本の変態ビデオが全力でアウトォォ
  • ☆おすすめ記事☆

    しばらくするとウトウトしてしまった。
    そうしたら急に美栄が布団に入ってきた。

    俺「ちょっ何!?」

    美「ヤベェ、誰かきたかも」

    俺「マヂで?」

    不自然に膨らんだ布団だとバレるので俺は美栄をグイッと引き寄せ密着した。
    結局、人の気配は思い違いで誰も来なかった。

    美「違ったみたい・・・ちょっと何これ?ちょっと何おっきくなってんの~」

    俺「仕方ないだろ。半寝で急に起こされた弾みだよ。後、お前のいい匂いのせいだ」

    美「ふ~ん(ニヤニヤしながら)、ねえ?ちょっと見せてよ」

    俺「はぁ?なんで」

    美「興味あるし~。見せてよ」

    全く引かない美栄に根負けした俺はチンコを見せる事にした。
    仰向けになりジャージとパンツを下ろした。

    美「うわっホント立ってる。ってか反ってる感じ」

    俺「もういいだろ仕舞うよ」

    美「触ってみていい?」

    突然の発言に何も言えずにいると、「触るよ」と触ってきた。

    美「うわっカッチカチ。凄くあっついよ?熱あるのかな?」

    黙って触られていたら、亀頭を片手で包み、そのまま5本の指先がさわ~っ、さわ~っと亀頭の周りを這う様な触り方をし始めた。
    俺がピクッとなると「何~これ、感じるの~」と繰り返し触ってきた。

    美「うわっ先っぽがパンパンになってきた~」

    美栄がそう言った時には俺はイキそうになっていた。
    人にされる事なんてなかった俺はその美栄の指先を感じながら射精しようと決めた。

    俺「ごめん。もう少し続けて」

    美「いいけど?どうしたの?」

    俺「ごめん。嫌わないでくれる?」

    美「どうしたの急に?調子悪くなった?」

    俺「ホントごめん、ごめん、あああああっ」

    思いっきり美栄の手の中に発射してしまった。

    美「何?何?なんかたくさん出て来た!わっわっ、イッパイ出てくる!」

    テスト中でオナ禁していたため、溜まりに溜まっていた精液がここぞとばかりに出た。

    美「ちょっ、どうすればいい?ねえ?」

    俺「ごめん。トイレに行ってペーパー持って来て」

    飛び出た精子を拭きながら恥ずかしい思いでいっぱいだった。

    美「初めて見た。ホントにドピュッって感じだった」

    笑いながら言う美栄。

    俺「ごめん」

    美「ん?何が?」

    俺「こんな事させちゃってさ」

    美「あ~いいよ、いいよ。私も何かよく知らないしー。気にしないでよ」

    そう言ってくれたが、賢者モードの俺には辛く聞こえた。

    美「修学旅行から帰ったらさ・・・またシテあげるよ。じゃあね」

    美栄はホッペにキスしてくれ部屋を出ていった。

    それから二週間後、俺は美栄と初体験をした。
    旅行から帰ってから美栄との距離は一気に縮まりました。

    そして二週間後、お互い親には友達の家に泊まると言って、夜にラブホへ行きました。
    何もかもが初めてで訳が分からず、後から入ってきたカップルのやり方を見てなんとか部屋まで行けました。

    美「うわ~綺麗な部屋~。もっと変かと思ってた」

    美栄は嬉しそうにあちこちの戸棚を開けたりベッドの上のボタンを押して遊んでいた。
    俺は何故か思い立った様に風呂にお湯を入れていた。

    俺「風呂先に入ったら?」

    美「先にいいよ」

    そう言われ俺は先に風呂に入った。
    風呂に浸かっていてもドキドキは治まらずにいた。

    (セックスって、どうやってヤるんだろ・・・?)

    そんな事を思いながら体を洗っていると、いきなり戸が開き、美栄が入ってきた。
    バスタオルで隠していたが、その姿を見ただけでビンビンになってしまった。

    美「入ってきちゃったー、って何~もうおっきくなったの~」

    俺「うるせえ。・・・ねぇ・・・ちょっとオッパイ見せてよ」

    美「いやだ」

    俺「少しだけ」

    美「い~や」

    俺「なんだよケチ」

    湯船に入ろうとすると美栄は「ここでさー、旅行の時のアレしてあげよっか?」と言ってきた。

    美「ほらここに寝て。ほら早く」

    急かされるまま寝転がった。

    美「こうだったよね」

    手で包み指先を這わせてきた。

    美「なんか濡れてて滑りが悪いね」

    確かにあまり気持ちは良くなかった。

    美「いつも一人でする時どうしてるの?」

    俺「こうしてヤってる」

    ・・・と、シコシコして見せた。
    美栄は「こう?」と手でシコシコしてくれたがやはり気持ち良くない。

    美「これでどう?」

    急にヌルヌルと滑りが良くなり気持ち良くなった。

    美「シャンプーを手に付けてヤってみた」

    (素晴らしい発想だ)

    俺「あああ気持ちいい。もう出そう。出そう」

    そう言いながら美栄の尻に手を伸ばしたが、届かないまま射精した。
    しかしシャンプーのせいかチンコの先がヒリヒリして痛くなった。

    美「痛いの?ごめんシャンプーがいけなかったんだね。ごめんね」

    少し涙目の美栄を見て、俺は「大丈夫だから先に出るわ」と出て一人ベッドに座っていた。

    ヒリヒリを忘れようとテレビをつけるとAVが流れた。
    しばらく見入っていると美栄が出てきた。
    急いで切ろうとしたら横に座ってきて、「まだ痛い?ごめんね」と言う顔を見ていたら、またビンビンになってしまった。

    俺「まだ少し痛いなー。シャンプーが残ってんのかもね」

    美「どうしたら取れるんかな~」

    すると美栄はチラッとテレビのAVを観た。
    そして何も言わずフェラチオしてきた。
    一生懸命テレビのAVを見ながら舐めてくる美栄の姿に俺のチンコはパンパンになった。

    歯が当たる度に「痛い」と言うと、美栄は「まだ残ってるのかな?」とチューチューとチンコを吸い始めた。

    俺「あああ、ごめんごめん」

    予期せぬチューチュー攻撃に俺は、美栄の口の中に発射してしまった。
    早々と二回目を出してしまった俺。
    すると美栄が口に精液を溜めたままでいたので、ティッシュを取り「出せ出せ」と出させた。
    うがいをしに行ったので、「怒ったかな」と別の意味でドキドキだった。

    戻ってきた美栄は横に座るとキスしてきた。
    そのままベッドに押し倒しキスしまくった。
    よく分からなかったが舌をベロベロと絡ますと気持ち良く思えたし、美栄がトロンとした表情をしたのでベロベロしまくった。

    いよいよおあずけにされていた美栄のオッパイを見ようとしたが、なかなかタオルを放そうとしないのでベロベロキスしながらはぎ取った。
    ドーム型のオッパイの上にピンクの小さな乳首。
    隠す腕を今度は力ずくで開き、舌先で乳首を舐めた。

    「ああん」という美栄の声に俺の中の何かが弾けた。

    俺は美栄の両胸を鷲掴みムニュムニュと揉みながら乳首を舐めた。

    「ああん、だめ、うんん」

    喘ぐ美栄に興奮した俺はそのまま下に移動した。
    やはり下も貝の様に脚を閉じていたので無理矢理こじ開けた。

    初めて見るマンコ。
    やはり構造が分からないのでとりあえず舐めた。
    あちこち舐めていると小さな豆を発見した。
    それを舐めると美栄が「んんん~」と身を捩らすので、(ここが急所か)と吸い付いた。

    「あんんんん」と悶えると言うより暴れる美栄。

    咄嗟に手で弄ろうとしたとき・・・。

    (あれ?ここ指が入るぞ!)

    偶然にも穴を見つけた。
    そっと人差し指を入れると美栄が「入ってる。入ってるよ」と感じながら言ってきた。
    人差し指をマンコに出し入れするタイミングと同じ様に、「はっ、はっ」と息つく美栄を見ていたら・・・。

    (ココにチンコ入れたらどうなるんだろうか?)という衝動に駆られた。

    ゴムも説明書きを見ながら装着。
    そしていよいよ初体験へ。

    俺「入れていい?」

    美「そっと入れてね」

    他人の話で痛いと聞いていたので、慎重に入れてみようとしたが上手く入らない。
    数回失敗し、やっと(ここか?)ってとこに辿りつき挿し込んだ。

    美「いったーい。痛い痛い」

    腰を動かすと上に逃げようとする美栄を見て・・・。

    俺「やめようか?」

    美「痛いけど、我慢するからキスして」

    キスをしながら腰を動かした。
    美栄は俺にしがみつき「んんんん」と食いしばっていた。
    風呂の中とフェラチオで既に二回出したせいでなかなかイケず、美栄にはかなりの拷問だったと思う。

    ようやくイッた俺は気持ち良さより美栄が心配で抱き寄せた。

    すると「大丈夫、大好きだよ」と耳元で言ってくれたので凄くホッとした。

    一度、山を越えると、それから卒業まで毎日猿みたいにヤリまくった。
    どちらかの家族が出掛けて家にいない方の部屋でヤり、夜中抜け出して裏手にある公園のトイレでヤり、市民プールやグランドに忍び込みプールサイドや観客席でヤりまくりました。
    美栄も痛みから少しずつ気持ち良くなっていったのか、最初は鼻で「んふっ、んふっ、はっ」としか言わなかったのが段々声を出す様になり「あんあん気持ちいいの。もっと、もっと」と言うまでになった。



    厳選記事

    大学の友人が野外でSEXし始めた姿にアテられ後輩女と青姦

    大学2年の頃 サークルでぷち旅行に行った時に仲間で青姦や乱交ぽいことした。

    二泊三日のぷち旅行の一日目の夜に飲み会があって、場所は宿泊した旅館の大部屋を半日貸し切った。だから時間や場所に縛られることはなかく、いつも以上に皆飲みまくり、飲まされまくりの激しい飲み会だった。

    飲み会が始まり、数時間が経って深夜1時頃になったら、さすがに泥酔者も多くなったので解散する事になった。そんで、俺含めて仲良かった男4女4のグループはまだ元気があったから、旅館の外へ出て海岸沿いに歩いて浜辺で話すことになった。

    皆酒が入ってるのでテンションがかなりハイで、バカ話、シモネタとかもバリバリOKな雰囲気だった。そして、時間が経つにつれ、最初は輪になって皆で話してたいたはずが、男女1対1のペアに別れて話しをする形になっていった。


    【個人撮影】 話題騒然!!生意気な中×生くらいの少女にキレて泣かせたまま犯す問題映像のあれ!!!
    【ジュニアアイドル】jcまんこ見えそうな過激水着エロ画像
    長澤まさみ(28)全裸緊縛剃毛パイ●ン写真流出再燃…iCloud覗き見事件でネットに拡散か…
    【jcエロ画像】このジュニアアイドル過激すぎだろ…
    画像☆松井玲奈がミニスカスーツ姿でシーソーにおま●こ当ててて激シコタ
    【検証】女子アナが爆乳(Kカップ)すぎるとニュースに集中できない件・・・(※GIFあり)
    【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました
    【PR】ブログもSNSもある恋愛応援コミュニティ
    【熊本応援LINEスタンプ】熊本弁のかわいい?ばあちゃん


    それも段々とエスカレートし始めて、自分の横で話していたペアの男が、ついに女にボディタッチをしだした。女も満更でもない感じで、拒む様子もなかったようだった。そして男は、女が体を許したものだと思い、ついに女の体をまさぐり始めた。

    男の興奮が絶頂に達した頃に、強引に女の体を自分に引き寄せ、ついに唇を交わらせた。そして男は獣化した様にもの凄い勢いで女の体をまさぐり押し倒した。

    そして、自分のズボンを下ろし、女のスカートに手を入れて、パンツを下ろして二人は激しく交わり始めたのだった。自分以外も二人の動きに気づき動揺し慌て始めた。

    一人の男が「おい?! 何やってんだよ、お前達それはヤバいだろ~!」と声を挙げたが、スイッチの入った二人は止まらない。止められない。二人はどんどんエスカレートしていった。そしてバックで交尾をし始めた!

    男の興奮した激しい息遣い、女の我慢仕切れず発せられる「あんあんあん」と言う高い喘ぎ声。 男は女のブラを無理矢理外し、女の胸をまさぐりながら、ガンガンと激しさを増していった。

    我々は完全に固まり、二人を見つめるしかなかった。自分のすぐ目の前で身近の仲の良い男女二人が、交尾している姿。それは、まるで自分は夢を見ている様な感覚に陥った。俺は二人を見て完全に固まった。

    しかし、身近な男女がリアルでやっている「現実」を目の当たりにして自分の体は正直だった。俺の息子は、これまでもないくらい破裂するくらい興奮して勃起していたのだ。

    もちろん、目の前でこんな光景を目の当たりにしたら、男の性は興奮するのは当然だった。一緒に話していたマリエ似の後輩の女の子が「あぁ~先輩もスゴク大きくなってるぅ」と俺の勃起した息子に気づいた。

    俺の履いていたズボンは、寝巻きで着ている薄めのジャージだったので、勃起している息子はこれでもかってくらいそそり立って目立っていた。俺は「お、ぉいっ、 見るなよ!」と声にならない声で慌てて隠した。

    そうしたらマリエ似の子が近寄ってきて「わー、チョー、固くなってるねぇ~」と笑ってふざけて俺のそそり立った息子をジャージの上から触れてきた。そして上下にシコシコと動かしてきたのだ。

    マリエ似の後輩の子に上下にシコシコされた俺は一気にスイッチが入った!獣の様にマリエに襲いかかり、体を押しつけ、自分の欲望に身をまかせて腰に手を回して、そしてショートパンツの上からお尻に触れた。

    蜜の様にやわらかかった!何回触ったか覚えてないくらい尻をまさぐった。マリエも便乗してくれ、体をゆだね、左手は俺の背中で右手は俺の息子をそのまま上下に動かし刺激した。俺の興奮は更に最高潮になった。

    唇を重ね、体をまさぐり、そしてジャージとパンツを下ろして、マリエ似の後輩にフェラさせ、ショートパンツを下ろしてビンビンに固くなった息子を、ぐちょぐちょに愛液で溢れるマンコに挿入。

    仲のいい可愛い後輩を自分の物にした興奮は物凄い物だった。気がつけば周りのペアーも便乗してやっていた。あっという間に立ちバックペアーが完成(笑) 

    その晩は順番にバックでまわして、猿のやって、疲れ果てるまでやった。精子を浜辺に撒き散らしたw だから次の日は体がボロボロで、そしてこのグループがボロボロになったのは言うまでもない。完全に俺達はアホでしたw

    以上、 長文でスマン。

    この経験で人間はやっぱり猿なんだなって思ったよ。気になってたマリエ似の後輩や、仲のいい女とできたのはいいけど、その後サークル内で気まずくなったのはつらかった。

    身近の男の見ちゃいけない部分も見てしまった気がして若干トラウマになったし、でも野外でやるのはヤバいくらい気持ちいいなんもいえねーで良かったです。


    単位欲しさに講師と関係を持ってしまいました

    私は大学に通っているのですが、親の仕送りが少ないので、アルバイトを掛け持ちして学費や生活費を稼いでいるのです。

    その所為で勉強をする時間があまり取れず、単位を取得する事がなかなかできませんでした。

    こんな事が重なり、いよいよ単位を取らないとまずい状況になってしまったのです。



    【個人撮影】 話題騒然!!生意気な中×生くらいの少女にキレて泣かせたまま犯す問題映像のあれ!!!
    【ジュニアアイドル】jcまんこ見えそうな過激水着エロ画像
    長澤まさみ(28)全裸緊縛剃毛パイ●ン写真流出再燃…iCloud覗き見事件でネットに拡散か…
    【jcエロ画像】このジュニアアイドル過激すぎだろ…
    画像☆松井玲奈がミニスカスーツ姿でシーソーにおま●こ当ててて激シコタ
    【検証】女子アナが爆乳(Kカップ)すぎるとニュースに集中できない件・・・(※GIFあり)
    【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました
    【PR】ブログもSNSもある恋愛応援コミュニティ
    【熊本応援LINEスタンプ】熊本弁のかわいい?ばあちゃん

    そこで私は何とからなないかと思い、講師に相談してみました。

    そしたら、思いもよらないことを言われたのです。

    「私の力で単位を何とかしてあげられるけど、その代わり条件があるんだ」と言われました。

    「条件とは何ですか?」と私が聞くと、講師は「私と寝てくれたら単位を上げるよ」と言って来たのです。

    私は切羽詰っていたので、講師の言う通りにする事にしました。

    そこで私は講師に連れられ、ホテルへと赴きました。

    ホテルの部屋の入ると講師が「先にシャワーを浴びて」と言ってきたので、私は服を脱いでシャワールームに入ったのです。

    そしてシャワーを浴びていると、急に講師が入って来て、私にキスをして来たのです。

    私は嫌で嫌で仕方がありませんでしたが、講師に逆らう事は出来ないので、何も抵抗しませんでした。

    それから講師は、私の胸を両手で揉み始めました。

    その手つきはとても嫌らしく、全然気持ち良くなどなく、必死で我慢したのです。

    講師はその後私のアソコに手を伸ばし、撫でまわしてきました。

    そして割れ目に指を入れて来て、中を触りだしました。

    私はそれで感じてしまい、「うんっ~」と声を出してしまったのです。

    それで講師は調子付き、指の動きが激しくなりました。

    私はそれでますます感じてしまい、「は~くぅいっ~」と声を挙げ続けてしまいました。

    それで講師は興奮がピークに達したようで、私を後ろに向かせ、後ろからモノを私の割れ目に入れてきたのです。

    私はそれで「あぁあぁぁ」と声を上げてしまいました。

    すると講師は私の腰を両手でつかみ、腰を前後に動かしてきたのです。

    私のひだひだと講師のモノがこすれ合い、得も言われぬ快感が私を襲いました。

    初めは嫌で嫌で仕方なかったのですが、この頃から気持ち良さに酔うようになり、私は講師とのセックスを楽しむようになっていたのです。

    そして私にピークが訪れイッテしまい、講師も後を追うように私の中でイキました。

    私はこの後も講師と何度も関係を持ち続け、単位をもらい続けました。

    そのおかげで何とか大学を無事卒業できたのですが、人に言えないような事をして単位をもらって卒業をしたので、素直に喜べずにいるのです。

    アクセスランキング