みんなのエッチ体験談告白

無料で読めるエッチ体験談まとめ。秘密のエロ体験、スケベなナースとのエロバナ、人妻の不倫エッチ告白、禁断の近親相姦H体験が満載!

レイプ体験談

狙ってた会社の後輩を酔わせて睡姦した最悪な俺

こっちへ来てお酌しろよ。
おれおれ、お前ももっと飲めよ。
(前から狙っていたゆぅを酔わせ、社内旅行で犯ってしまうつもりだ)

は、はい…

☆おすすめ記事☆


(お酒に弱いゆぅだが、先輩に言われると断れず)
(加減も無しに飲んでしまう)

せんぱ、い…もう、むりですよぉ…
もう無理か。
部屋まで連れて行ってやるよ。
俺の部屋だ。どうしてやるかな。
(騙して自分の部屋に連れていく)

すみ、ません…
(先輩に連れられて自分の部屋に戻っていく)

せん、ぱい…私ここ…ですよ?
折角二人きりなんだし、これから楽しい事するぞ。 
俺はもう我慢できないから…
(浴衣ごしに勃起した硬いものを、お尻に押し付けて)

ん…ぅ…はぁ…っ
(そして舌を首筋にゆっくりと這っていく)

楽しい…こと…?
ひゃ…ん…せんぱ、い…
(酔っぱらっていて、頭がまわらず)

せん、ぱい…いや、です…
(口では抵抗するも、体は抵抗を見せない)  

……いやなの?でも…身体はいやって言ってないぞ。
乳首だってピクピクしてきてるしね…
(強引に後ろから胸を鷲掴みにして)

いやです…よ…
それは、お酒の、せい…
(お酒のせいで赤くなった肌がさらに赤くなる)

ん…ちくび…やぁ、だ…
(そう言いながらもされるがままに)

その感じている顔と身体をよくみせろよ。
(一旦体を離すと押し倒したような体勢になり、表情や体を見れるようにした)

ちくび…やぁ、だ… って言いながら乳首立っているじゃねえか。
(そのまま両手で胸を揉んでいく…形が変わるくらい激しく揉みながら、乳首の感触が…そこは既に感じているのか勃起していて)

ほら……こんなに気持ち良くなってるじゃないか…そんなにエロい声だしてさ…
(その乳首を指で摘まんでコリコリしながら、首筋に吸い付いてキスマークをつけていく)

きゃ、見ないで、ください…
(赤くなった顔は求めているようにも見えて)

あっ…先輩、だめ…
(やはり、手で抵抗することはなく)

それ、だめ…です…っ
(胸だけで既に濡れていて、無意識に先輩に気づいてもらおうと押し付ける)

ダメです?
(乳首にむしゃぶりついて舐め回し、反対の乳首を摘みながら)
(もう一方の手を股間へやると、割れ目をくちゅくちゅとこすって)

いやらしい蜜でぐちゃぐちゃなのにか?
(咥えている乳首を甘噛みしつつ)
(割れ目と一緒にクリも擦り立てて)

(その後、ゆぅをいきなりベッドに押し倒し、弾みでぷるんと大胆に揺れる乳房を鷲掴みにし)

敏感なんだ?乳首、もう膨れてきてるよ?
(乳房をきゅうっと掴み、先端を強調させ乳首にフゥっと息を吹きかける)

んっ…今日はどうやっておっぱい虐めて欲しいの?
(ふんわりとした柔肌に軽くキスを落とし、赤い舌先を出すと先端に触れるか触れないかの位置でチロチロと動かす)

え、いきなり やぁん…
…いっぱい触って、私を壊して?
(両手で頬を挟んで軽くキスをする)

今日はゆぅを滅茶苦茶に虐めてやる
んぅ…ぢゅる、ぢゅううっ…ぷはぁ…
(窄めた唇で激しくゆぅを吸い上げる)

はぁはぁ
(ゆぅの呼吸と共に揺れ動く乳房に甘えるように顔を埋める)
(両方の乳房を掴み、ぐにゅぐにゅと揉み回しながら谷間や肌にねっとりと舌と唇を這わせ、白い肌に強く吸い付くと赤い痕をくっきりと残す)

んっ…ゆぅのおっぱい、美味しい…ぢゅぶ、ぶちゅ…
(乳房を寄せ上げ、ぷっくりと膨らんだ両方の乳首を口に含み)
(わざと音を立たせながらしゃぶり、舌先でぐちゅぐちゅとたっぷり舐り上げる)

やだ、音…立てちゃ
(音に反応し、身体を震わせる)

んっ…舌が、気持ちいい…
(首に腕を回し、もっとと言わんばかりに少し引き寄せる)

んぅ、ちゅる…れろっ…
(熱く滑った舌をしっとりと汗ばんだ乳房に幾重にも這わせ)
(豊かな感触を顔を押し付け味わいながら唾液にまみれた頂を鼻先で刺激し)

んっ…はむっ…ぢゅる、ぢゅるる…
(ゆぅの表情を上目で窺いながら乳首を唇で包み込み乳輪に添い舌先をくるくると動かす)

下も責めてやるよ
(下着越しの割れ目をなぞるように這っていく)

ほら…ここも……俺にして欲しいって…もう濡れてきてるんじゃない?
(そこは既に少しだけ湿り気を帯びているように感じられた)

あっ…やっ…気持ちい…い
(背中へと手を回し、キュッと抱きつく)

そこは、やだぁ…恥ずかし…いよぅ
(涙目で見つめる)

あたしばっか、こんな格好だし…
(竜二の服に手をかける)

俺も脱ぐから、ゆぅのアソコも直接触ってやるか。ほら…もうとろとろになってる……
(そして下着をずらして、遂に秘部に直接指が這っていった…)

いやらしい蜜でぐちゃぐちゃだ
(咥えている乳首を甘噛みしつつ)
(割れ目と一緒にクリも擦り立てて)

敏感だね。…
(胸元や鎖骨にキスをしていき)

そろそろ入れてやるか
(手の中でペニスを破裂しそうなほどに勃起させ、血管を浮き立たせながら)

待っ…て
あたしばっか…気持ちいいの、やだぁ
しちゃイヤ?
(硬くそそり立つペニスをそっと触る)

竜二さんのおっきぃの、全部でいっぱい感じたいの。
お願い?
(ゆるゆると扱きながら、先端を指で刺激する)

しょうがねえなぁ。ドクンッドクンッと濃厚なザーメンを大量に放ってやるからな。
もっと激ししゃぶれ!
もっとだ、もっと!
んっ…じゅる…
おっきくて、長くて、全部入らないね。
美味しい…
じゅぶっ ちゅっ
(扱きながら、先端に舌を少し入れる)

こんな硬くて大きいの、入れたら痛いかもね?
(喉の奥まで入れ、伝ってきた唾液を伸ばしながら、入りきれていない部分を扱く)

あ…
(ドロリと蜜が垂れたのを感じ、思わず声を出す)

全部しゃぶれよ。しゃぶり終えて復活したら、入れてやるからな。
さ、入れるぞ。
(ゆっくりと焦らすように、膣肉を掻き分けるように)
(ガチガチのペニスを挿入していく)

熱くてぬるぬるでいっぱい絡み付いてくる。
気持ちいいぞ、動くぞ。
(後ろから胸を撫で回し、両方の乳首を転がしながら)
(腰を激しく前後に動かし始め、固いペニスを出し入れしていく)

奥、突いてるぞ
気持ちいいか?
(パンッパンッといやらしい音を響かせて、子宮口を突きまくりながら)
(片手の指でクリを捏ね回して)

あんっ…ぁっ…やっ…だめぇ…いっちゃうぅ…
硬くておっきぃの気持ちい…いよぉ
奥、いい…
(キュウキュウと締め付ける)

〔ホントに後ろからとか、同時に攻められるとダメなんです。勝手に腰が動いちゃう〕

そんないやらしく腰振って……エッチなんだな。お望み通り、もっとしてやるよ!
(相手の腰の動きに合わせて、腰をピストンさせ)
(子宮口を抉るようにペニスを奥までねじ込み、膣内を掻き回す)

そろそろ出ちゃいそうだ。
どこに出そうか?
(どんどんピストンを大きく激しくしていき)
(後ろから耳や首筋にキスをしながら、囁いて)

このまま…イッちゃうぞ!
(射精に向かって、一心不乱にガクガクと腰を振っていき)

ほら、出そぞ……うううっ…!!
(乳首をつねり、クリも押し潰してしまいながら)
(ドクンッドクンッと濃厚なザーメンを子宮口へと大量に放っていく)

はぁはぁはぁはぁはぁ…
(精液を一滴残らず搾り出す)

はぁ…はぁ……
すごいぞ、中がまだうねって……うぅ…っ…
(膣肉に大量のザーメンを注ぎ込んで)

…ふぅ…… … よかったぜ。
(汗だくの身体で後ろから抱きしめ、唇を重ねて)

大学の友人達とスキー旅行に行ったら輪姦された

私は大学2年で、12月にクラスの友達と2泊3日でスキーに行ったんですね。


メンバーは男子5人と女子3人。


普段から仲が良いというほどでもなかったメンバーだったけど、参加した理由は私の好きな男のコ(K君)がいたから。


1日目は普通に楽しくスキーして、夜は皆でお酒を飲んだりして、狙っていたK君とちょっといい感じでゲーセンで遊んだりしてました。


ところが2日目の午後になって、女の子2人がゲレンデで高校時代の友達に会ったとかで、


「悪い、あたし達帰るわ」


と、急にその友達の車で帰る事に。

【注目度UP!! 話題の記事】
  • 【※朗報※】ミニマムさん、不機嫌顔の148cm炉利少女発掘ww
    【※朗報※】ミニマムさん、不機嫌顔の148cm炉利少女発掘ww
  • 児ポ法に対抗した合法ロ●という力技が完全に逮捕レベルww
    児ポ法に対抗した合法ロ●という力技が完全に逮捕レベルww
  • 成長期の膨らみかけたおっぱいがチラッ!めちゃシコなんだがw
    成長期の膨らみかけたおっぱいがチラッ!めちゃシコなんだがw

  • 【※殿堂入り※】一度見たら忘れられないインパクト最強エロGIF
    【※殿堂入り※】一度見たら忘れられないインパクト最強エロGIF
  • 世界が軽蔑する日本の変態ビデオが全力でアウトォォ
    世界が軽蔑する日本の変態ビデオが全力でアウトォォ
  • ☆おすすめ記事☆


    え〜、そんなー…と思ったけど、1人で帰るのも心細いんで、私は男の子達と翌日に帰る事にしたんです。


    予感がなかった訳ではないのですが…その夜、食事して部屋に戻ってからの飲み会は、やっぱり王様ゲーム。


    最初は軽いゲームだったし、、K君といられるのが嬉しくて、つい油断しちゃったんです。


    そしたらお決まりのように、キス、おっぱいタッチ、チンチン掴み。


    その時はまだ服の上からだったけど、、王様ゲームの命令で5人抜き野球拳させられる事になって…1人には勝ったんだけど、2人目はその続きから始めるんです。


    酔って判断力がなかったのは確かですが……判断力があっても結果は同じだったかも。


    やっぱり全裸になっちゃって……バスタオル巻いてよかったんですが、それでもゲームは終われなくて、バスタオル以外裸のまま、おっぱい揉み、チンチン当て…男子は皆……K君までチンチン出しちゃって。


    バスタオル越しパイズリ、乳首だけ出して、乳首舐め。


    K君を見上げて、心の中で


    「助けて!」


    って叫びながら……バスタオルの中に皆で手を突っ込まれ、必死で押えてたけど結局全裸……。


    皆にオ○ンコ見られて、順番に指入れたり、クンニされたり……。


    「ねえ、これ以上無理。あとで気まずいからやめよう?」


    いくら頼んだって、男の子達が止まるわけありませんでした。


    私はただもう早く終わってほしいだけ。


    でもクンニ、4人目がK君だったんです。


    K君は私が好意を抱いてるのが解ってたと思います。


    皆に手足を押さえつけられて大の字の私に、オ○ンコじゃなくて口にキスしてくれて。


    ああ、口にしてくれたって涙出そうになっちゃって。


    「いいよな」


    K君は皆の手を放させ、私を膝に抱き上げて、ギュッて抱き締めてくれました。


    だけど嬉しい以上に物凄くドキドキしてて恥ずかしくなった……だってK君にくっついている体の前以外、全部見られてるんです。


    皆におっぱい覗かれたり、ツンツン触られたり……その度にビクン、ビクン、ってなっちゃって……K君に抱きついている体をくねらせていたら、いつの間にかお尻の方から男の子達が覗いてて……。


    「ケツの穴、丸出しだぞ」


    そう言われた途端、ゾワゾワっと、恥ずかしさのあまり震えが止まらなくなっちゃってました。


    でもK君の膝にまたがったままなので逃げ出す事もできなくて、お尻の穴とオマ○コ、皆にクチュクチュいじられて


    「なんだよ、もうグチョグチョに濡れてんじゃん」


    って順番に指入れられました。


    指をズボズボ動かされて、ビクって締めると


    「凄い締めてるよ。気持ちいいんだろ」


    って言われて……恥ずかしいから締めるの我慢すると、今度は


    「ユルユルなんじゃねーの」


    って言われて訳わかんなくなってきて……そのうち、2人に指、同時に入れられたり、そのまま穴をメリッて開かれてオ○ンコの中覗かれたり、3本とか、4本とか入れられてました。


    そのうちお尻にマヨネーズを当てられて、ニュルニュルって中に入れられて、おつまみのチーカマを出し入れされました。


    嫌で必死に締めているのを無理矢理ズボズボされてたら、チーカマが切れちゃって半分くらいお尻の中に入ったままになったんです。


    そしてら男の子達にウケちゃって、


    「もっと入るんじゃない」


    って残りの半分も突っ込まれちゃった。


    それからチーカマ2本同時にズボズボされて、苦しくて入らないのに無理矢理突っ込まれて……


    「自分で出せ」


    ってK君にしがみつくのを引き剥がされて、板の間で皆に見られながらチーカマを出させられました。


    それでもう恥ずかしさの限界を超えちゃったと思います。


    皆が押えてないのに、私股広げっぱなしで……呆然となってました。


    皆のをフェラさせられて、出たのを全部飲まされ、K君も興奮して私の頭を掴んで喉の方まで押し込んできちゃって、ドクドク熱いのを注ぎ込まれました。


    それからはもう輪姦大会でした。


    初めのうちこそ他の人は大人しく見てたんだけど、皆お酒入ってるし、順番待ちきれずにヤラれてる私にフェラさせてきたり、手が空いてるからってチ○チン握らせてシゴかされたり……。


    K君がヤル順番になってももう何も感じなくなってて、そんな状態になっても少しショックでした。


    5人といっても、5回で終わるわけないからコンドームもすぐなくなり、


    「もう薄いのしか出ないからいいよな」


    って途中から中出しです。


    「いやぁ、中はやだ!」


    逃げようとしたけど、手にも足にも力入らないの。


    ドクドク中に出されて……その頃は皆Hモード最高潮で、前に出した人の精子、


    「汚ったねーな」


    とか指でかき出しては入れてきちゃって。


    「もう痛いからダメ」


    って言うと、またマヨネーズお尻に入れられてお尻も使われた。


    痛くて暴れたけど、そのうち前も後ろも鈍い感覚しかなくなってきて、延々とヤラれた。


    朝になって少しは寝たと思う。


    でも寝たままでもヤラれて……もう床はティッシュだらけ。


    仕舞いにはゲレンデに連れて行かれました。


    ウェアの下は全裸のままです。


    リフトで上に上がると、そのまま人の来ない林の中に連れ込まれて……林といっても滑ってる人達が普通に見えるとこで、お尻出してガンガンハメられました。


    帰りの車では、パーキングに入ると、K君のLサイズのダウンジャケット以外は全裸で連れ出され、男子トイレにある凍るような水道でアソコ洗われ、車が走り出すとまた輪姦。


    車2台だったの、途中で乗り換えさせられて、そっちにいくとまたヤラれました。


    後で分かったのですが、帰った2人が友達に会ったというのはウソで、ヤバそうだから逃げたんだそうです。


    他サイト超厳選PICKUP!

    一点の陰りも見せない彼女の笑顔

    大学3年の夏、バイト先にキラ星のように輝く美人がいた。

    体育系の大学で新体操をしていたが、親の都合で中退、主に高校生や中学生の大会のエキジビジョンや、ダンス教室のコーチなんかをしながら生活してるセミプロだってことだった。
    背は160cmくらい、いつもポニーテールでニコニコと元気パッチリでそれでいて切れ長の目、やや濃い目で真っすぐな眉薄めで形のいい唇、当時彼女がいなかった俺には眩しすぎる人だった。

    長い夏休みも終わりの頃、世間話くらいは照れずに出来るようになってた俺のところに彼女が来て・・・。



    【個人撮影】 話題騒然!!生意気な中×生くらいの少女にキレて泣かせたまま犯す問題映像のあれ!!!
    【ジュニアアイドル】jcまんこ見えそうな過激水着エロ画像
    長澤まさみ(28)全裸緊縛剃毛パイ●ン写真流出再燃…iCloud覗き見事件でネットに拡散か…
    【jcエロ画像】このジュニアアイドル過激すぎだろ…
    画像☆松井玲奈がミニスカスーツ姿でシーソーにおま●こ当ててて激シコタ
    【検証】女子アナが爆乳(Kカップ)すぎるとニュースに集中できない件・・・(※GIFあり)
    【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました
    【PR】ブログもSNSもある恋愛応援コミュニティ
    【熊本応援LINEスタンプ】熊本弁のかわいい?ばあちゃん

    「今日終わったら相談したいことがあるんだけど、都合どう?」と。

    それまでの数週間の断片的なおしゃべりから、彼女が付き合ってる男のことだと察して内心穏やかではなかったけど、反面彼女と二人きりになれると思って嬉しかったのは確かかな。

    で、バイト後待ち合わせて彼女の指定の店に行って最初は楽しく飲んでたんだけど、だんだん酔いが回っていよいよ本題へ。
    なんの事はない、彼氏に振られたこと、未だにすごく好きであること、この店はその彼といつも来てた思い出いっぱいの店であること。
    まぁよくあるパターンで(・・と言えるのは今だからかな、当時は必死だったんだと思う)、相槌マシーンと化して話を聞いてあげるのに全力投球、反面切なさ山盛りの俺だったわけです。

    店を出る頃にはこれもお約束の“彼女泥酔”財布の中身を気にしつつ、彼女のアパートまでタクシーで送って着いたのはいいけど今度は起きてくれない。
    やっとの思いでタクシーから降し、そこでまた途方に暮れた。

    (どうすりゃいいんだ!このまま置いて行けないし、かと言って俺が彼女の部屋に上がるのか?絶対普通じゃいられなくなるぞ??)

    散々悩んだけどこのままこうしてても仕方がないので、彼女の耳元に大声で・・・。
    (・・・て言っても近所に迷惑にならない程度にだけど)

    「悪いけどカバン開けてカギ探すよ!おーい!ちゃんと断ったよー」

    そう言って、ドキドキしながら憧れの人のカバンを物色。
    見つけた鍵をポケットに入れ彼女をおんぶしてアパートの階段を上がり、やっとの思いで彼女を部屋に入れた。

    この間、彼女のオッパイが背中にムギュ~してるし、ドアを開けたらなんか凄いいい匂いがするしで、もう頭の中は真っピンク。
    すんでのところで狼に変身しそうになったけど・・・。
    (実際『こうなったら普通はやるよな』と自分に言い聞かせてもいた)

    だけど、ここで寝てる彼女に手を出したら、今日の俺の“いい人っぷり”が台無しになる。

    (あーあ、俺ってすげーお人良し、殆んどバカだ)

    溜息まじりに自分を抑えこんで、彼女のジーパンのベルトを緩め(このときお腹の素肌に触ってまた決意が揺らぎかける)、毛布をかけ、目覚ましを探して明日のバイトに遅れない時間にセット再び耳元に「鍵は外からドアのポストに入れるよ~」と怒鳴って(それでも全然起きない)・・・。
    もう後ろ髪引かれまくりで靴を履き始めたその時、空耳かと思えるほどの声で・・・。

    「帰らないで・・・」

    キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!!

    急いで靴を脱いで彼女の元へ・・・。
    寝てる・・・。

    (でも、でも、俺は確かに聞いたんだ!帰らないでって聞いたんだ!)と無理やり納得。

    そーっと彼女の美しい寝顔にキスをしたのです。
    高鳴る鼓動、それだけでカチコチの股間。
    最初は頬に、やや於いて唇に。
    驚いたことに寝ていた筈の彼女がほんの少し目を開けその表情は弱々しかったけど、俺の首に手を回してゆっくりと自分からキスを返してくれたのです。
    もう止まりません、激しくキスしながらブラウスのボタンを外し、ブラの下に手を入れ、ジーパンの中にも進入ジーパンのファスナーを降ろすときなんか興奮ではち切れそう。
    薄いピンクのレースのパンツの中は何とパイパン。

    憧れの人あの人が、俺に身体を委ねて吐息を漏らしている。
    こんな幸せがあっていいのだろうか。
    俺はクーラーを点けるのも忘れて夢中で舐め、吸い、転がし彼女を愛した。
    彼女が俺に身体を開いてくれたことが、信頼してくれたことがたまらなく嬉しかった。

    (もう我慢できない!入れたい!)

    そう思って身体を起こすと、彼女がやけに大人しい。
    確かにさっきまで苦しげな声を漏らして筈なのに???

    寝てました。
    すやすやと幸せそうに・・・。

    (俺がヘタだから・・・)

    一気に下がるテンション・・・。

    ひょっとして俺と振られた彼氏を勘違いしてるのか??
    だとしたら俺は身を引くべきじゃないのか?

    交錯する思考、ジキルとハイドのせめぎ合い。

    でも目の前の彼女の美しい体にはやはり抗いようもなく、21歳のやり盛りの俺は一度はオーケーされたんだと、憧れの彼女の中にペニスを挿入したのです。
    罪悪感と戦いながら(実は反応しない彼女に悲しくなって一回は萎えた)、腰を振り、胸を掴み唇を吸い、『あの女とやってるんだ』と自分を奮い立たせ、なんとかお腹に射精。
    正直あまり達成感はなく、射精の快感も鋭くはなく、むしろ罪悪感のほう強かった。

    しばし茫然としたあと、彼女のお腹の精子を綺麗にして、パンツと椅子にかけてあった短パンを穿かせ、起きない彼女にTシャツを着せて、そっと彼女の部屋を出たのでした。

    外は薄っすらと明るく、電車も走ってる時間だった。
    憧れの女性を抱いたという高揚感は微塵もなく、フワフワとおぼつかない足取りで帰宅。

    (俺は他の男に惚れてる女を、しかも酔って寝てる間に抱いたんだ

    そんな後ろめたさと、さっきまでの淫靡な光景とがフラッシュバックして、ちょっと複雑でイヤ~な気分だった。

    その日のバイトは正直行きたくなかったけど、逃げたら駄目だと思い直して出勤。
    彼女どう出るかとビビってたら(ほぼ100%軽蔑されてると思ってた)、コンビニの袋にジュースを2~3本入れて彼女が歩いてくる。

    まごつく俺に躊躇なく近づいてきて・・・。

    「昨日はありがとう!目覚ましまでかけてくれたんだね、二日酔いじゃないかと思って、これ、飲んでね!」

    昨日の泥酔がウソのように破顔一笑。
    ピッと右手をあげ、ポニーテールを揺らしてくるりと背中を向けて離れていく。

    俺のこと怒ってないのかな?
    昨日のことは覚えて無いの?
    俺のこと、ちょっとは好きなんでしょ?

    聞きたいことが頭を駆け回って戸惑う俺。

    来たときと変わらずしっかりとした足取りで歩いていく彼女。
    俺を気遣ってくれて嬉しい反面、一点の陰りも見せない彼女の笑顔が「昨日のことは忘れてね」との明確なメッセージなんだって気づいてしまい・・・。
    たぶん半泣きの顔で彼女を見ていた俺。

    あんなに美しい女性とはその後も出会うことなく、10年後に結婚子供二人にも恵まれ、美人ではないけど明るく家庭を守ってくれてる素敵なかみさんと4人、ささやかな幸せを感じてる今の俺です。

    AV顔負けのハードなセックスの話じゃなくて拍子抜けだった人はごめん。
    彼女とはそれっきり話すこともなく夏は終わり、バイトは解散(プールの監視員だったのです、彼女は受付けのお姉さん)。
    あの夜のことをどう思ってたのか知るチャンスは失われてしまいました。

    叶うならもう一度会いたいと思うこともあるけど、かみさんに悪いし、このまま思い出の淵に静かに留めるのが、やはり一番なんだと思う次第です。
    読み返すとなんて事ない話だと愕然としてしまいました。
    ホント申し訳ない。

    部長にレイプされたら見られて感じるM女になっちゃった

    私が大学を卒業し、ある会社の人事部に配属されて2年目に入ってすぐの話です。

    私は自分の1年後輩の新人研修のお手伝いの仕事をしました。
    指導するというより、相談に乗ったり緊張をほぐしてあげたりするのが役目でした。

    メンバーは私の他には男性社員が2人。
    同期入社の小倉君と、入社4年目の渡辺先輩でした。
    小倉君は普段から仕事の相談をしたり愚痴を聞いてもらったりする仲でしたが、渡辺先輩とはそれまで話をしたことは無かったと思います。
    でも場の雰囲気を盛り上げるのが上手で、よく気がつく面倒見の良い人で新人さんにも人気がありました。



    【個人撮影】 話題騒然!!生意気な中×生くらいの少女にキレて泣かせたまま犯す問題映像のあれ!!!
    【ジュニアアイドル】jcまんこ見えそうな過激水着エロ画像
    長澤まさみ(28)全裸緊縛剃毛パイ●ン写真流出再燃…iCloud覗き見事件でネットに拡散か…
    【jcエロ画像】このジュニアアイドル過激すぎだろ…
    画像☆松井玲奈がミニスカスーツ姿でシーソーにおま●こ当ててて激シコタ
    【検証】女子アナが爆乳(Kカップ)すぎるとニュースに集中できない件・・・(※GIFあり)
    【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました
    【PR】ブログもSNSもある恋愛応援コミュニティ
    【熊本応援LINEスタンプ】熊本弁のかわいい?ばあちゃん

    研修の最終日には、打ち上げ代わりの新入社員による余興などがあり、人事部長など偉い方もいらっしゃって賑やかに楽しく終了しました。
    新入社員は研修センターに泊まりますが、私達はビジネスホテルに泊まっていました。
    その研修の最終日、「佐々木(私)、小倉、お疲れ。俺たちも打ち上げしようぜ」と世話好きな渡辺先輩に誘われ、先輩の部屋で飲むことになりました。

    ビジネスホテルですので狭いです。
    ソファに私と小倉君、渡辺先輩はベッドに座っていました。
    私はお酒はあまり強くない方ですので、普段はあまりいただきません。
    だけどその日は研修が終わった開放感と、はつらつとした新人さんと過ごした楽しかった時間に心が弾み、つい飲み過ぎてしまいました。
    やばいと気づいた時には頭がクラクラして上半身を支えられなくなっていました。
    私は、「少し休ませてください」と言って、ソファの肘掛に頭を乗せて身体を横たえました。

    「こっちの方が楽になれるよ」という渡辺先輩の声がなんだか遠くに聞こえました。

    「佐々ちゃん大丈夫?」と心配する小倉君に支えられて、私はソファから立たされベッドの上に乗せられました。

    頭がぐるんぐるんって回っていて、目を開けていると気持悪くなりそうだったので、「すみません飲み過ぎたみたいです」と謝りながら目を閉じました。
    そのまましばらく眠ったのかもしれません。

    次に目を開けた時、視界には私のパンツを下ろそうとしている渡辺先輩がいました。
    とっさに、「やだっ」と言って起き上がろうとしたのですが起きれません。
    知らないうちに既に上半身は裸にされ、手首を後ろに回されて浴衣の紐で縛られていたのです。
    それでなくても酔いで体のバランスが保てず起きれなかったと思います。

    そうやってジタバタしている間にパンツは脱がされてしまいました。
    私は全裸にされた恥ずかしさで、「人事部長に言いますよ」って小さな声で抗議するのが精一杯でした。
    その時、「俺ならここにいるよ」と聞き覚えのある声がしました。
    驚いて声のした方に顔を向けると、さっき私が座っていたソファに人事部長の姿がありました。
    ああ、もうダメなんだと思いました。
    なぜなら人事部長はセクハラ相談の責任者だったからです。

    私は渡辺先輩にふらつく身体を起こされ、後ろから抱きかかえられるように先輩の足の間に座らされました。
    私の前には部長と小倉君がいます。
    2人は剥き出しにされた私の胸を見ていました。
    渡辺先輩は2人に見せつけるように私の胸を揉んだり、乳首を摘んだりしました。
    身をよじって先輩の手を逃れようと藻掻くと、後ろで縛られた私の手に先輩の硬くなったモノが当たります。
    それはこれから起こることを想像させ、それが自分でも信じられなかったのですが、先輩の愛撫に感じ始めるきっかけになりました。

    渡辺先輩はしばらく胸を弄った後、「部長いいっすか」と言って後ろから自分の足を私の足に絡ませ、左右に大きく広げました。
    イヤだけど足を閉じる力は酔った私にはありませんでした。
    目の前にいる部長と小倉君の視線を感じて死にそうに恥ずかしいのに。
    渡辺先輩は部長に私のあそこが良く見えるように、私を抱えたままお尻をずらし、向きを変えたりしていました。
    そして部長の正面に向かうと、先輩の指が私の足の間に下りてきました。

    「部長、佐々木すげえ濡れてますw」って渡辺先輩の声が聞こえました。

    お酒で高揚した気持ち、上司と同僚に裸を見られている羞恥、先輩の愛撫。
    ありえない状況に私はすごく興奮してしまったのです。

    先輩は私の溢れた愛液を指で掬うと、それを塗り込むようにクリの上で指を動かしました。
    私は堪えられず、「あっあっあっ・・・」と声を漏らしてしまいました。
    先輩の指の動きに合わせて何回も何回も・・・。
    そしてその度に新しい愛液が溢れ、静かな部屋には私の喘ぎ声とクチュックチュッという音、そして男の人たちの興奮した息遣いだけが続きました。

    「佐々木君がこんなに感じやすい子だとは嬉しい誤算だな」

    部長はそう言いながらベッドに仰向けになり、浴衣の前を肌蹴ました。
    私は興奮してさらに酔いがまわったみたいで立つこともできません。
    渡辺先輩と小倉君に両脇を支えられて、私は部長の下半身を跨ぐように座らされました。
    部長は確かめるように私の中に2~3回指を埋めると、自分のモノを宛てがい、私に腰を下ろさせました。
    あそこが大きく押し広げられる感触と、胃のあたりまで来る圧迫感にきっと大きな声をあげてしまったと思います。
    部長は上でふらつく私の胸を触りながら、少しずつクリを弄り始めました。
    それがとても気持ちよくて、私は部長の指を追うようにクリを押し付け腰を振ってしまいました。
    動いたらまた深くお酒がまわったのか、気づいたら部長の胸の上に倒れ込んでいました。
    すると部長は自分に覆いかぶさっている私の背中を撫でながら渡辺先輩に、「それ見せて」と言ったのです。

    え?なんだろうと思ってそちらに顔を向けると、先輩の手にはビデオカメラが握られていました。
    そして見せられた小さな液晶画面には、いつの間にか手首の拘束を解かれ、部長に胸を揉まれながら腰を振る私が映っていました。
    そして画面の中の私はしばらくすると胸を突き出すように仰け反り、ビクビクッと大きく痙攣して部長の上に倒れ込んだのです。

    「これ誰が見ても合意のセックスだよね」

    部長の言葉の意味はすぐにわかりました。
    私は自分がセックスしているところも、ましてやイクところも見たことありません。
    この時、「いやっ」と言って顔を背けましたが、本当はもう一度見たいくらい自分のいやらしい姿に興奮しました。
    たぶんこの時、部長には私のそういう気持ちがわかったのではないかと思います。

    部長は私をベッドに仰向けに寝かせ、膝を広げると上からのしかかってきました。
    酔いも醒め始めた私は部長が奥深く入ってくるたびに押し寄せる快感を隠そうと、部長にしがみついて感じてる顔を隠そうとしました。
    そんな私に部長が、「見てごらん」と私の顔を横に向けさせました。
    そこには股間で手を動かしながら部長の下で揺れる私を凝視する渡辺先輩と小倉君がいました。
    それを見た時、すごく恥ずかしいという気持ちと、今までで一番大きな快感が押し寄せ、私は中に入ってる部長のモノを何度も締め付けながらイッてしまいました。
    たぶん部長も一緒に終わったのでしょう。

    ぐったりした私から部長が離れると、急いで渡辺先輩がベッドに上がってきました。
    先輩はすぐに私の中に入り動き始めました。
    部長と違って自分勝手な感じです。
    だんだんと冷静さを取り戻していた私は早く終わって欲しくて、先輩がイキやすいように素直にいいなりになりました。
    先輩の次は小倉君。

    「佐々ちゃんごめんねごめんね」

    そう言いながら入ってきて、なぜか2~3回動いたら終わってしまったようでした。
    あまりの早さに気まずそうな顔をしていました。

    全部終わった後で、私は部長に部屋まで送ってもらいました。
    そして、今日のことは4人の秘密にすることや、会社では今まで通りにすること、見返りに私の待遇に配慮してくれることなど説明されました。

    その後は、渡辺先輩は会社でもまったく以前の通り、あんな事など無かったかのように接してきました。
    小倉君は何度も食事に誘ってきて、しつこいので渋々行くと、「好きだ」と告られました。
    もちろんお断りしました。

    部長は、他人に見られると燃えてしまう私に、その後も刺激的な経験をさせてくれました。
    私は人見知りなんですが、そういう子に多い性癖だそうです。
    本当なのでしょうか?

    先輩にレイプされてくぱぁ写真をばら撒かれた

    去年の10月に学校の先輩に犯されました。
    学校が終わって帰ろうとしてたところに3年の先輩が声を掛けてきたんです。
    私はしゃべったこともなくて何だろって感じでした。

    「話があるからちょっと来て欲しい」

    マジメな顔してそう言われたから断れずに先輩について行きました。
    図々しいけど、告白かなぁなんて思っちゃったんです・・・。

    そして視聴覚室に入ろうとしたらすでに教室の中に2人の先輩達がいました。
    え?って思った時には私を連れて来た先輩が取り押さえてきて、教室の中に引きずり込まれました。
    他の先輩がドアのカギを締めてカーテンをしてました。
    必死に抵抗しても敵いません・・・。



    【個人撮影】 話題騒然!!生意気な中×生くらいの少女にキレて泣かせたまま犯す問題映像のあれ!!!
    【ジュニアアイドル】jcまんこ見えそうな過激水着エロ画像
    長澤まさみ(28)全裸緊縛剃毛パイ●ン写真流出再燃…iCloud覗き見事件でネットに拡散か…
    【jcエロ画像】このジュニアアイドル過激すぎだろ…
    画像☆松井玲奈がミニスカスーツ姿でシーソーにおま●こ当ててて激シコタ
    【検証】女子アナが爆乳(Kカップ)すぎるとニュースに集中できない件・・・(※GIFあり)
    【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました
    【PR】ブログもSNSもある恋愛応援コミュニティ
    【熊本応援LINEスタンプ】熊本弁のかわいい?ばあちゃん

    「急に呼んでごめんね。今からエッチするからな!」

    私はもう訳がわからなくてただ藻掻くだけでした。
    でも先輩3人の前では何も出来ずに上を脱がされて胸を丸出しにされました。
    そのまま好きなように揉まれて舐められて・・・。
    私は取り押さえられて何も出来ません。

    「じゃあ下いってみようか!お前脱がす?」

    先輩が笑いながら私のスカートの中に手を入れてきました。
    私は足をバタバタ動かして抵抗したんですけど、そのままパンツを脱がされました。
    足からパンツを剥ぎ取ると先輩達がまわしっこしてました・・・。
    私は恥ずかしくてその場に座って俯いてしまいました。

    先輩が私の後ろに回ってきたと思ったら私の足を掴んできました。
    これは広げられる!と思って足に力入れて閉じました!

    「なに力入れてんだよ!ほら開くぞ!」

    先輩は私の膝裏を抱えると力いっぱいに足を広げられました。
    先輩達は嬉しそうに騒いでました。
    スカートも捲られてもう丸出しです・・・。

    恥ずかしくて泣いてると、先輩が私のアソコを開いてきました。
    そしてもう一人の先輩が持ってたデジカメでカシャカシャと!
    もう泣きじゃくりました・・・。
    そんな私に撮った写真を見せてきました。
    顔まで写されてもう最悪です!

    写真を見せ終わるとそのまま押し倒されました。
    一人の先輩が私の両手を押さえて、もう一人の先輩は足を広げて押さえてきました!
    そしてもう一人の先輩が・・・。
    私は彼氏もいるし初めてじゃありませんでしたけど、好きでもない男の人のが入ってるのが悔しくてずっと泣いてました。
    それに急に入れられたから痛くて・・・。

    ここは視聴覚室だし、いくら声を出しても外には聞こえないんです。
    先輩が私のアソコから抜くとお腹にかけてきました!
    そして休む間もなく次の先輩のモノが!
    私は手も足も押さえられて、ただ泣いてるだけでした。

    「あぁ!たまんねぇ!」

    先輩がアソコから抜いて今度は胸の辺りにかけてきました。
    私はもうぐったりでした・・・。

    「たまんねぇなぁコイツ!メチャクチャ気持ちいいよぉ!」

    頭がボ~っとしてると、こんな声が薄っすらと聞こえてきました。

    そしてそのまま3人目の先輩のモノが・・・。
    この先輩が最悪で、笑いながらわざと痛いように動かしてきたんです!
    自分でもその痛さから変な声を出してるのが分かりました。

    「痛いのぉ?どこ痛いのぉ?」

    バカにするような言い方で言ってきました。
    私は我慢できずに震えた声で、「最低!」って言ってやりました。

    「最低で結構だよぉ!ほれ!ほれ!」

    こんな先輩の言葉を書いてるとあの時を思い出します・・・。
    先輩は腰を押し付けてくるとさらに乱暴な動きをしてきました。
    今までに体験したことのない、体が壊れるような痛さでした。

    そのあまりの痛さにだんだん気が遠くなってきてる時でした。
    先輩の腰が止まると、その直後に私の中で暖かいものが広がるのが分かりました。

    (出されてる!)

    気が遠くなり始めてる私にもハッキリ分かりました。
    泣きながら必死に声を上げて抵抗しました。
    でも両手両足は押さえられてるし、中で出してる先輩は私に覆い被さってて何も出来ません。

    「出しちゃった!妊娠したらごめんな!」

    先輩3人は笑ってました。
    信じられません・・・。
    私のアソコから抜くと、また写真を撮られました!
    悔しくて涙が止まらなくて、隠すのも忘れて大泣きしてました。

    「誰かに言ったらこの写真どうなるか分かるよな?」

    抵抗したら何をされるか分からないから約束をしました。
    先輩達は私のパンツを持って帰っていきました・・・。

    次の日の朝、私の教室の連絡ボードに昨日の写真をプリントしたものが何枚も貼られてました。
    私の顔が写ってるものは貼られてなかったのですが、それ以外が全部写ったものは何枚も・・・。
    しかも『このクラスの誰かさん』なんて一言も入れてありました。
    私はすぐにでも剥がしたかったんですが、皆がいる前でそんなこと出来るわけありません。

    その写真はあちこちに回りました・・・。
    私ってバレてはいませんが、本当に最悪な出来事でした。

    アクセスランキング