俺:25歳、フツメンです。
女:26歳、相武紗季に似てる。

俺は急性胃腸炎で病院に運ばれて点滴打たれて眠ってた。
夜中に腕が痛くなり、ナースコールをしたら、看護婦が来て「あー点滴漏れちゃってますね」と言って打ち直してくれた。
その時は気持ちは悪いし吐き気はするしで、顔はあんまり分からなかった。

2日後くらいにようやく体調が戻ってきて歩けるくらいになった。
個室で暇だし、タバコでも吸おうと思ってナースステーションの前を歩いていたら、凄く可愛い子がいた。
あの子可愛いなぁ~と思って歩いてたら、目が合って俺の方に近寄って来た。
【注目度UP!! 話題の記事】
  • 【※朗報※】ミニマムさん、不機嫌顔の148cm炉利少女発掘ww
    【※朗報※】ミニマムさん、不機嫌顔の148cm炉利少女発掘ww
  • 児ポ法に対抗した合法ロ●という力技が完全に逮捕レベルww
    児ポ法に対抗した合法ロ●という力技が完全に逮捕レベルww
  • 成長期の膨らみかけたおっぱいがチラッ!めちゃシコなんだがw
    成長期の膨らみかけたおっぱいがチラッ!めちゃシコなんだがw

  • 【※殿堂入り※】一度見たら忘れられないインパクト最強エロGIF
    【※殿堂入り※】一度見たら忘れられないインパクト最強エロGIF
  • 世界が軽蔑する日本の変態ビデオが全力でアウトォォ
    世界が軽蔑する日本の変態ビデオが全力でアウトォォ
  • ☆おすすめ記事☆


    「もう、点滴漏れてませんか?」

    そう聞かれ、あの日打ち直してくれたのこの子だったんだと分かり、「ありがとうございました」ってお礼を言った。

    名前は、相武紗季に似てるから『紗季』で。

    紗季「大丈夫なら良かった。何かあったら呼んでください」

    俺「はい、お願いします」

    その時はそれで終わり、タバコを吸いに行った。
    その夜、俺の寝相が悪いのか、また点滴が漏れてナースコールをした。

    看護婦A「どうしましたー?」

    俺「点滴が漏れてるみたいで」

    看護婦A「あら~ごめんね、打ち直しますね~」

    (なんだ~あの子じゃないのかぁ)

    看護婦A「はい!もう大丈夫!!まったく誰がこんな打ち方したの?痛かったでしょ?」

    俺「大丈夫ですよ(ちょっと痛いけど・・・)」

    次の日の夜は紗季が来た。

    紗季「また漏れちゃったんですか?ごめんなさい」

    俺「大丈夫ですよ~、もう慣れましたから(笑)」

    後から聞いたらあまり点滴が得意ではなかったらしい・・・。

    紗季「本当にごめんなさい・・・」

    俺「別に大丈夫だよ~」

    ちょっと可哀想になって来て、気を和ませるために少し話をしていた。
    そしたら紗季は彼氏と喧嘩中ってことで愚痴を聞くはめに・・・。

    紗季「彼氏、浮気してるんですよ」

    俺「何でそんな事分かるの?」

    紗季「私、夜勤が多いから、浮気してるんじゃないかなぁと思って、1度確かめた事があるんです」

    俺「どんな風に確かめたの?」

    紗季「夜勤の日って嘘ついて、夜中に帰ったら、女の人の靴が玄関にあったの」

    俺「えっ!それどうしたの?」

    紗季「頭真っ白なになって出てきちゃった。次の日にちゃんと言わなきゃって思って彼氏に問い詰めたんです。そしたら、『あれは妹のだよ』とか言ってたから、『なら妹さんに電話する』って言ったら浮気を認めたの」

    俺「そんな男、別れちゃえばいいじゃん」

    紗季「別れる事は出来ないの・・・」

    何か訳ありなんだなと思い、聞くのをやめた。
    変な雰囲気になって・・・。

    俺「俺でよかったら話聞くよ」

    紗季「ありがとう」

    そう言ってその日は仕事に戻っていった。

    それからは、紗季は夜勤の日には部屋に来て彼氏の愚痴を言うようになった。
    退院前日も来て、いつもみたいに愚痴や他愛のない話をしていた。

    紗季「明日、退院だね」

    俺「うん」

    紗季「夜、話す人がいなくなると寂しいなぁ」

    この頃にはもう好きになっていたので、ダメ元で告白してみようと思っていた。

    俺「仕事しろよ~(笑)」

    紗季「仕事してるよ~、患者さんとのコミュニケーションも仕事でしょ~」

    俺「俺も会えなくなるの寂しいな、もう少し入院してようかな」

    紗季「何言ってんの(笑)」

    俺「本当だよ」

    俺は素直に自分の気持ちを話した。

    紗季「・・・ありがとう。でもごめんなさい、俺さんとは付き合えないの」

    紗季が彼氏と言っていたのは、本当は旦那だった・・・。

    俺「・・・そっ、そうなんだ・・・」

    紗季「うん、ごめんなさい。でも私も俺さんの事好きかも」

    俺「かもっ・・・って、そんな事言われたら・・・」

    紗季「・・・」

    俺「抱き締めてもいい?」

    紗季「・・・うん」

    ギュッと抱き締めた・・・。

    俺「キスしていい?」

    紗季「いいよ・・・」

    キスしながら胸を触ると、紗季の息遣いが少し荒くなった。
    ブラを外さずに乳首を触ると、徐々に息が荒くなるのが分かった。
    ブラを外しておっぱいを舐めながら、スカートの下からパンツを脱がそうとすると・・・。

    紗季「ごめんね、仕事中だから・・・」

    俺「あっごめん・・・」

    シュンとして謝ると・・・。

    紗季「しょうがないな~」

    そう言って下半身を触ってきた。

    紗季「明日、退院だからいいか。絶対、誰にも言わないでね」

    俺「言わないよ」

    紗季はパンツの上から触りながら舐めてきた。

    紗季「生で舐めて欲しい?」

    こいつSだなと思った。

    俺「うん」

    めちゃくちゃ気持ちよかった。

    紗季「俺さん気持ちよかった?」

    俺「うん」

    紗季「じゃあ、退院したら私にもして欲しいな」

    俺「こちらこそお願いします」

    そんな感じでセフレになった。



    厳選記事