みんなのエッチ体験談告白

無料で読めるエッチ体験談まとめ。秘密のエロ体験、スケベなナースとのエロバナ、人妻の不倫エッチ告白、禁断の近親相姦H体験が満載!

2017年02月

セックスレスの夫婦が欲求不満を募らせすぎてついに我慢の限界を迎え一線を越えてしまったエロ話

私は39歳の主婦です。
夫と子供2人は既に別室で寝付いたようで、一人ぼっちで寂しくインターネットでたどり着きました。
酔ったついでに告白します。

 

普段は家庭思いな妻として母として凛と振る舞う私、薬指のリングも虚しく、女としての私を隅々まで愛してくれるのは年下の交際相手だけです。
短大を卒業して数年後に職場で知り合った10歳年上の主人と出会い、1人目の子供を2年後に、2人目を4年後に出産した私にとって、以前は不倫なんて異次元の出来事に思ってました。
子供が大きくなり、家庭という枠以外の世界に憧れ自分の幅を広げるために、ヘルパーの資格を取り昨年冬から介護施設に週3回勤務しています。








☆おすすめ記事☆

家庭への不満などはなかったのですが、はやり母や妻としてでなく女としての自分の立ち位置を社会で求めておりました。
不倫相手は、同じ施設で働く28歳の方で、私より一回り年は下ですが、勤務先では4年先輩にあたります。
彼は、私の仕事や人間関係の悩みを熱心に聞いてくれ、またトラブルの相談にも丹念に乗ってくれました。

 

独身で真面目、スポーツマンタイプで肌は浅黒く、胸板が厚くて大きくがっしりした人です。
奥手で小柄で貧弱な体型の私とは正反対です。
私は今年の2月に施設に就職し、彼は私の教育係として手取り足とり指導を行い、内気な私も彼との会話や相談が楽しみになるようになりました。

 

性格が優柔不断で人見知りする私にとって、彼の存在は非常に有難かったです。
仕事場で何時も彼と顔を合わせ話すようになり親しくなり、彼の方からお食事の誘いを幾度か受けるようになりました。
私のような年齢的に陰りが出てきたオバサンに冗談を誘う彼が信じられないと思ったけど、彼の行為はかなり嬉しかったです。

 

主人以外の男性との2人での食事。
結婚後主人以外の男性を久しぶりに意識してしまい、私にとっては不安と期待、また妙な罪悪感を感じ、自分には家族があるので、、とお断りしました。
一方で、今まで家庭を自分なりに支え、男性は主人一筋で生きてきた私に取って転機のような気がしたのも事実です。

 

女としての感覚が呼び起こされたような気がして、彼のお誘いを断った夜は不眠になりました。
たび重なる彼からの誘いに対して、ついに根負けして、彼とは食事をして、その後も仕事が早く終わる時は2人で飲みに行くようになりました。
2回目には飲み屋のビルの隙間でキスを許し、3回目にはホテルに誘われたけど、罪悪感で彼を振り切ったけど、4回目のデートで身体を許してしまい男女の深い関係になりました。

 

今では、彼無しに考えられません。
週2回会えるだけで身体が痙攣というか動揺して、時折来る衝動と母そして妻としての罪悪感を感じ、喉がからからになってしまいます。
私は小柄で痩せているので若く見えるとは言われますが、やはり39歳にもなると下腹部の妊娠線、皺が入った胸、シミの増えが気になりますが、彼は私を優しく、情熱的に逞しく愛してくれます。

 

今のさゆりがいいんだと抱き締められキスされ、薬指のリングを抜き取り、私は彼の全て受け入れ彼の思いを私の奥深い所で受け入れております。
結婚後20年経ちますが初めての不倫、主人とは2人目の子供を出産した後は夜の行為も少なくなり、ここ5年はセックスレスの状態でお互いに空気のような存在になってきています。
家族には嘘をついて仕事の出勤日にしておき、お互いに休みを示し合せ、二人で朝から逢うこともあります。

 

彼の車で知り合いには合うことのない城下町へ行き、人影に隠れ接吻を繰り返し舌を沢山からめ、ムードが盛り上がり彼のマンションへ。
2部屋の小さなマンションで彼のホルモンや汗の匂いで身体が熱くなり、口移しでビールやジュースを飲みあい、彼に力強く抱き寄せられ、ベットで彼の全てを受け入れ、私の全てを彼にさらけ出しました。
彼の部屋で、家族に対する罪悪感に苛まされながらいけないとは思いつつ、彼に溺れています。

 

時々、私のようなオバサンから卒業して彼女を作って結婚をすすめるのですが、そんな話をすると、より一層、強く、激しく求められ、そのような時は感情の高まりでオシッコを漏らしてしまうこともありますが、そんな私を彼は可愛いと言ってくれます。
彼と関係を持ってからは、夫とはもう夜の行為は全くありません。
夫も私を女として見てくれていないと思います。

 

そんなこともあり、彼の好む髪型や服装に変えたり、以前は安いスーパーのオバサン下着しか履いていませんでしたが、今では彼好みの黒いTバックやGストリングを通販で購入しています。
39にもなって、恥ずかしいのですが。
彼との関係が始まるようになって、白いヨーグルト状のオリモノが大量に増え、また時折不安から来る乳汁が出るようになりました(病院で相談したら、一過性とのことですが。彼は「すごいエロい」と喜んでくれました)。

 

こうして確実に心身共いろいろな変化が私の中で起こっていますが、こんな私の身体を彼は強く深く愛してくれます。
アンダーヘアも長年処理しておりませんでしたが、彼は征服欲が強く、私も彼の好みを受け入れるため全て剃り上げております。
太ももや下腹部には彼のキスマークがたくさんついています。

 

今度、お臍にピアスをしようと、、彼に言われています。
彼とのデートが終わり、髪を直しフラフラになり、家族や周囲からは仕事大変だね…と言われ、夫が帰宅する前に身体を洗い、女から主婦に戻ります。
彼と肌を重ねるたびに、自分の下半身が彼の下半身に馴染み膣の形が変わり彼のものになって行くような気がします。


憧れの先輩と再会したら人妻になっていて当時の思いがよみがえってきて中出しセックス

とあるSNSを眺めていると、中学時代憧れの「I子先輩」がいました。
写真を見ても30過ぎとは思えないほど超美人になっていました。
プロフを見ると同じ市内にいることもあって早速連絡してみました。

 

するとすぐ返事がきて、それから昔話やお互い既婚者ってな話をしながら数日後ドライブをすることに。
いざ本人に会ってみると「〇君って変わんないね♪話してる感じ昔のまんま♪」それから先輩が自分の事を好きだったことなど話してくれて、お互いに中学時代に戻った感じの雰囲気になっていました。
ドライブも終盤で隣町に差し掛かったところで「そろそろ戻りますか~」と声をかけてUターンしよーとすると「いやだ・・・帰りたくない!」と急に雰囲気が変わりました。

 








☆おすすめ記事☆

「〇君・・・今だけ恋人になれないかな?なんか昔話してるうちに〇君への気持ち思いだいちゃって」自分も全く同じ状況だったので、迷うことなく「僕も同じです!いーですよ!」と即答しました。
それから帰り道の途中人けのない脇道に車を止めて、キスをしました。
先輩の口は柔らかく、下も絡めてきてとてもエロチックでした。

 

それから先輩の胸へ手を伸ばしBカップくらいの微乳をもみました。
「小さくてごめんね・・・ハァハァハァ」
「知ってますよ(笑)」軽く叩かれた後は先輩のモデル並みのボディラインをなぞりました。
ワンピースだったのでそのままアンダーへ「アン・・・だめ・・・こんな・・・アン」下着の上から分かる位アソコはもう洪水状態。

 

服を脱がすと黒と赤の下着で大事な所以外はスケスケの過激なものでした。
それからシートを倒して、足を開きました。
「イヤ・・こんな明るいとこで恥ずかしい・・・」と手で隠すものの、おかまいなしに隠れてないところをパンツの上から舐めまわしました。

 

「アアアだめアンン・・・逝く・・・」先輩の感度は半端なく、ただ下着の上から舐めてるだけで2回もいきました。
それから下着を取って、クリ舐め、指入れで2回昇天。
「もうだめ・・・死んじゃう・・・入れて・・・」そのまま生でイン。

 

もう中はトロトロ。
「ンン・・・だめ・・・大きい・・・当たる逝くっ」昇天してのもお構いなしに突きまくって「アンアンだめ・・・そんあ・・いっちゃう・・・」そんなやらしい声に我慢できずに、密かに中で射精しちゃいました。
でもばれないように続けて突きまくって、また射精♪中に入れたままキスして小休止・・・と誤魔化しながら「アン・・・中はダメだよ・・・もっと突いん・・・だめ逝っ」もう何回目?ってところで「先輩・・・口に出すよ」最後は口に出しました。

 

フィニッシュ後、先輩は体がビクビクと痙攣して放心状態。
「大丈夫ですか?」
「いやだ~はずかしい・・・〇君の〇ン〇気持ち良すぎ♪またしてね♪」
「生OKなんですか?」
「体質的にでき辛いけど、外に出すならOKだよ」それから、また他愛もない話をしながら、家まで送りました。
「〇君また内緒のデートしよ~ね♪」と先輩と別れました。

 

の後は週1で先輩と内緒の中出しセックスをしてます♪


思い切ってスーパーで働き出した美人奥さん!あまりに綺麗だったので声をかけてみたところ……

仕事の帰りよく行くスーパーでレジ打ちや品出しをしてる熟女さん、名札を見ると立川さん僕の好みのタイプなんです。
35歳前後に見えました。
夕方7時を過ぎると食品が2割~5割引きになるんです。

 

立川さん見たさと割り引き弁当を狙って行くんです。
でも時々は何も残ってなく仕方なくコンビニ弁当にすることも度々でした。
ある日、いつもように行くとその立川さんが弁当コーナーで割り引きシールを貼っていました。

 








☆おすすめ記事☆

2割引きでした、僕が5割引きは何時からですか?と聞いたんです、すると僕の事を知ってたらしく君、いつも来てくれるからいいよどれでも5割引き貼ってあげると言ってくれたんです。
ええ~いいんですか?と言ってボリュームのあるハンバーグ弁当に割り引きシールを貼って貰ったんです。
僕が、いつも立川さんの事見てましたと思い切って告白したんです。

 

立川さん少し驚いた様子で、ええ~あたしを?こんなおばさん見てもしょうが無いでしょうと謙遜なんです。
いいえ僕の好みなんですと正直に言うと、立川さん、周りを見回しながら、携帯番号を教えてと言うんです。
急いでメモり立川さんに渡したんです。

 

お店9時までだからそのあと掛けるねと言ってその場を離れたんです。
よ~し、やった~の気持ちでした。
アパートに帰り連絡を待ちました。

 

9時20分ごろでした、携帯が鳴ったんです、初めて見る番号でした、出ると、あの立川さんでした。
さっきは突然好みのタイプなんて言われて嬉しくて舞い上がちゃったもし本当なら一度お休みに会える、と向うから言って来たんです。
偶然にも三日後が休みが合うんです。

 

僕がドライブでもと言うと嬉しいわ~こんなおばさん誘ってくれてと喜んでくれたんです。
友人を拝み倒して車を借り、待ち合わせ場所に行くと待ってるんです立川さん。
僕に合わせてくれたのかラフな格好で来てくれてました。

 

さあいいわよ君の行きたい所へと言うんです。
冗談気味に、エッ何処でも良いんですか?と聞くと、少し照れ笑いを浮かべながら、小さく頷くんです。
ドキドキしながら慣れない運転しながら、何処にあったかなとホテルを思い浮かべるんですが、思いつかないんです。

 

すると立川さん、コンビニ寄って買い出ししましょう。
中は高いからと言うんです。
もう、ビックリでした会って15分もしない内に立川さんとホテルだなんて夢にも思いませんでした。

 

コンビニでお酒やら食べ物を買うと、さあ行きましょうなんです。
そこから右よ、次の信号を左ねと道案内するんです立川さんが、段々と山の麓に行くと、ありましたラブホが数軒立ち並んでるんです。
みな青ランプで空室ありなんです。

 

その中の一つに入りました。
部屋は奇麗でゲームなど出来るんです。
立川さん幻滅しないでねと言いながら脱ぐんです。

 

セーターをまくりながら脱ぐと水色のブラが、白く盛り上がったオッパイが、そのままスカートも脱ぐとブラと同じ色の下着でした。
薄っすらと黒い物が見えていました。
見てる僕に、君も脱いでと言うので、我を忘れ脱いで大きくしたチンポを立川さんに突き出したんです。

 

それを見た立川さん若い人のは勢いがあるよね~と言いながら、膝を付きフェラチオするんです。
何とも言えない気持ち良さに、思わず腰を前後させてしまいました。
ブラのホックを外そうとしたんです。

 

中々外せなく、立川さんが自分で外したんです。
ショックでした。
凄い垂れ乳なんです。

 

フェラりながら、垂れ乳ブラブラなんです。
これも取るね、と言いながら立川さんパンティも脱ぐんです。
ベッドに仰向けに倒れ込むと、ねえ~見て、と言ってオマンチョを指で開くんです。

 

美熟女のオマンチョはグロマンでした。
ビラも長く黒くよじれてるんです。
幻滅しないでねの意味が分かりました。

 

早く~ナメナメして~と甘い声で囁くので、ナメようと股間に顔を近ずけると、何とも言えない匂いなんです。
ゲロしそうでした。
でも我慢したんです。

 

息を止めナメてしまいました。
立川さん僕の頭を押え付け、腰をグラインドさせるんです。
死ぬかと思いました。

 

経験の浅い僕ですがこんなクサマンは初めてでした。
美熟女だと思ってた立川さん淫乱熟女だったんです。
歳も42歳でした。

 

毒喰わば皿までと思い、突きまくってやりました。
突くと卑猥語連発で、オマンコ突いて奥まで入れて、もっとかき回してなんです。
後で聞いたんですが、よく誘われるそうなんです。

 

スーパーで。
僕で3人目だそうです。
その後そのスーパーには行ってません。


人妻由紀子を徹底的に肉奴隷調教して完全に自分の性処理ダッチワイフに仕上げた男の告白

45才脂ものった妖艶な肉奴隷妻由紀子の記録です。
由紀子を初めて見たのは、我が社に高卒で入社してきた時です。
多くいる新入牝社員の中でも一際目立っていました。

 

顔立ちは地味で特には美人ではありませんが、制服のブラウスの胸元に大きく張り出した乳房が目にとまりました。
ベストの上からでもわかる括れとタイトミニが包む、量感のあるヒップを見た瞬間から勃起したのです。
今まで多くの牝社員を餌食にし、パートや短期学生アルバイトも含む牝を貪りました。

 








☆おすすめ記事☆

一回で飽きた牝も多かったですが、肉調教して仲間達の玩具として貸し出しもしてきました。
今でも気に入り肉奴隷として愛用している牝肉もいます。
その中でも中々身体の関係にまでは直ぐになりましたが、専用になるのを拒んだのは由紀子だけでした。

 

入社後初めての慰安旅行で、酔わせて中出しセックスをし、朝まで突きまくり携帯も無い時代ですが、フィルムカメラとビデオカメラで散々嬲りあられもない姿を記録にのこしました。
ここまでしたらどんな女も大概は、牝になる事を承諾するのだが、それ一回きりでその後の性交渉は10年間無かったのです。
画像に残したことは告げずに付き合いを迫ったのですが、初めて処女を捧げた男の元に嫁いで行きました。

 

この時必ず由紀子をものにして、肉調教して性欲処理専用奴隷にしてやると、誓いました。
この間は会社の女には手を出さないで、社外の女やマンションのオーナー夫人など数人を調教し、欲求を満たして来ました。
転機が訪れました。

 

由紀子に似た女を手に入れ、性調教し仲間と輪姦プレイや4Pプレイなど愉しむ牝肉に仕上げました。
由紀子の代用品牝の実家に両親が不在の時に押し掛け、やった後物色していると一冊のアルバムが目にとまりました。
代用牝の母親も美味そうな身体なんです。

 

代用牝がその時28才独身だった時、牝母は50才と若く十分調教して楽しめて、さらには妊ますことも可能だと密かに思いました。
もう1ページめくるとそこには、由紀子が写っていました。
姉妹だったのです。

 

その数週間後代用牝を使って、罠を仕掛けました。
牝母に温泉旅行が当たったと嘘を言わせて、混浴が出来る某温泉旅館に二泊三日で2人で出かけさせました。
言葉巧みに外湯に誘い出させ、旅館からは少し遠いが山間にある夜天風呂に行かせました。

 

ここには、脱衣所は無く服を掛けるだけの竿しかありません。
まともな女性はあまり来ないが、露出好きのカップルやレイプ願望がある牝が一人で来ます。
そこへこの2人を向かわせ、先回りした仲間にタオル禁止と立て看板を設置させ、隠れて待つこと1時間2人があらわれました。

 

最初は警戒していた牝母も牝娘に促され脱衣して、入湯しました。
旅館には浴衣作法として下着は身に付けずに、着るべしと書いた偽の栞を用意させていた。
この旅館も同好の肉棒紳士が経営していたので、プレイに参加させることを条件に承諾させていた。

 

その他、凌辱倶楽部メンバーも宿泊していました。
ですから、竿には、浴衣と手拭いのみが掛かっていました。
浴衣の1つを隠し、私と仲間5人が彼女達が入浴している狭い風呂に入りました。

 

牝娘は調教済みだったので、特に恥ずかしがってはいなかったのですが、牝母は見ないようにしているのがはっきりわかりました。
出入口は我々が陣取っていたので、帰ることも出来ずにいたところ、私が近付き話しかけ、良い身体してますね、遊びませんかと誘いましたが、あいてにされず強引に牝母の乳房を鷲掴んでやりました。
悲鳴をあげて許しを乞いましたが、聞く耳を持たず2人の間に割り込み2人を抱き寄せました。

 

牝2人の乳房を揉んでやると、娘は助けて下さいと懇願されました。
が娘をバックから挿入してやりガンガンついてやりました。
牝母は取り乱し娘を守るため必死でした。

 

罠とも知らずに。
娘から抜いた肉棒を母親の口に突っ込み、フェラさせました。
娘には先に宿に帰って奉仕しろと命令して返しました。

 

娘からは母親の生理周期を聞いていて、ちょうど危険日に当たるように計算してあり、今回の二泊三日の輪姦プレイで確実に孕ませることが出来ると確信していました。
1人になった母親にフェラの後おまんこに生挿入、数分後降りてきた子宮に大量放出し、続いてフェラさせたら持ってきたローションを肉棒とアヌスに塗り込み挿入しました。
前の穴には仲間が入ってきて、サンドイッチにして周囲が真っ暗になった頃まで輪姦し続けました。

 

解放してやると、泣きながら手拭いだけを持って逃げるように暗い林道を走って逃げていきました。
旅館の近くで追いつき、全裸で困りはてているところを捕まえて、私のヨレヨレのタンクトップを着せると、裾がかろうじて腿の中間まで隠れるが、大きな乳房は乳首以外はみ出しています。
部屋に入るとまた輪姦し続けてやりました。

 

室では宿の主人に娘を貸し出していていました。


スワップ相手のスレンダーで色っぽい奥様へ中出し

自分達夫婦は、人に言えない性癖があるのです。
それは、スワップ夫婦なのです。
いつも、その類の掲示板を閲覧してお相手を捜しておりました。

そこに、少々年上のご夫婦が目に入りました。
メールのやり取りをし、目線入りの顔写真を交換して、一目で気に入り、向こうの夫婦も気に入った様で、いざ温泉宿でお会いする事になりました。


当日、お風呂に入り、食事を済ませて身支度を整えて、妻には上下黒のランジェリーを着けさせ、黒の網タイツの姿。
自分が観ても、下半身が膨らんできたのです。
その上に、浴衣姿でお相手を待ちました。
夫婦、お互いに高揚し、お酒を呑んで待っていたら「コンコン!」っと、ノックの音。

「初めまして!どうぞお入り下さい!」

そこには、一人の普段着のラフなスタイルの男性と、その後ろにスレンダーな奥様がいました。
髪は長めで、年齢は若く見え、ミニスカートの姿。

お二人には、奥のテーブル横のイスに座ってもらい、自分達はベットに腰掛けてお酒を呑み始めました。
TVはアダルトコナーにチャンネルを合わせて話をしてましたが、相手の奥様が足を組みかえる時にスカートの奥のパンティーがチラチラ見えるのです。
ストッキングは光沢のあり、足は綺麗な脚線美だ。








☆おすすめ記事☆



相手の旦那さんが
「妻は・・さんの為にドレスアップして、朝から落着かない様子でしたよ!」
「そうなんですか?」

暫く時間が経過して、旦那さんが
「お前、先に旦那さんとベットに移動していいよ!」
「ハイ!」
「行きましょう!」
っと、手を引かれ奥のベットへ移動したのです。

もう、自分のチンポはそそり立ち、奥さんがスラックスの上から触り
「凄い!もうこんなに!」
「貴方、凄いわ!」
「そうか!可愛がってもらえよ!」

スラックスのファスナーを開けて、チンポを引っ張り出し、口へ。
「気持いい!」

これは凄い、バキュームフェラ「チュパ、チュパ」音をたててのフェラです。
奥さんの股間に手を入れると、もう湿っている!

「・・さん、濡れて凄いの!」
と、奥さんが言う!
横を観ると、妻もッフェラ。

もう、隣の事は頭から飛んだ。
もう自分の世界へ突入へ。

奥さんの、ブラウスを脱がし、スカートを取ると純白の上下のランジェリー。そそる姿だ。
黒とは、また違う興奮。

自分も脱ぎ、奥さんと舐め合う。
下の毛は無い!旦那さんの趣味らしい!
ヤバイ、フェラだけで出そうだ!

枕元のゴムを奥さんに渡すと
「必要ないですよ!ネェ~貴方!」

隣の旦那さんは
「そのまま、出してもOKです!」
「妻は、ゴムが苦手で嫌いなので、中だしでどうぞ!」
「コチラは、ゴムはしますので安心して下さい!」
「奥さん、いいですか?」
「いいから、早く入れて下さい!」の催促。
もう、マンコの周りはべチャ、べチャ状態。

「入れますよ!」
「大きい、凄い大きいの!」

隣の旦那さんが
「旦那さんのチンポ、大きいのか?良かったな!」

自分もビックリ!
入った瞬間、キツイ!凄い締まりだ!

もう、奥さんは腰を振り
「いい!凄いいい!もっと、もっと突いて!」

このままじゃ、時間が持たない!
今度は奥さんを上にしたのだ!
髪を振り乱し、腰をグラインドさせる!
薄暗い部屋で、奥さんの後ろ照明が体を照らしているのだが、奥さんの汗ばんだ体が輝いて見えるのです。

今度は、奥さんが自分に覆いかぶさりながらキスをしてきて、舌を凄い勢いで絡めて来るのです。
口の周りは、二人の唾液でべチャ、べチャ。

再度、自分が上になり、腰を動かすのだが、最近、自分のチンポがこんなに大きくなった事があったでしょうか!
出し入れを観てても、奥さんのヒダがめくれて、奥さんの愛液をチンポがカキ出してくる様が凄い!

そのたびに
「いい、いい、もう駄目!出して、出して~ェ!」
グチャ、グチャと愛液の音と、奥さんの声に感じた自分は我慢出来ずにフィニッシュ。

奥さんも
「イクッ~!」

睾丸から勢い良く出た感じがした。
こんなに、疲れて、大量排出は久々だ!

その時だっだ!隣の旦那さんが
「出してもらったのか?」
「ハイ、凄い量みたいよ!」

隣の妻の方から旦那さんが来て、何をするかと思うと、奥さんのマンコに指を入れて確認しているのです。
もう、ビックリしました。
お相手の、ご夫婦はSとMの趣味もあるようでした。

その後、旦那さんが
「旦那さんのチンポを口で綺麗にしなさい!」
と命令されて、愛液とザーメンでベタベタになったチンポを、奥さんは丁寧に舐めてくれたのです。


さぁ~、お風呂に行こうとしたら
「・・さん、飲ませてくれる!」
「ンッ?」
な、なんと精液を飲ませての要求。
既に、終った妻と旦那さんを見たら、旦那さんはうなずくのです。

「妻は精液が好きなのです!」
と、一言言う!
断る理由も無く、そのままフェラ続行。

2回目でも、気持良いものは、気持ち良い!
凄い勢いでしごき、見る見るうちに快感に達し
「出ます、行きますよ!」

奥さんは吸う、吸う、バキュームで飲み込むのです。
いやぁ、凄かった。
奥さんの目は虚ろな状態。
凄い興奮の1日でした。

アクセスランキング