みんなのエッチ体験談告白

無料で読めるエッチ体験談まとめ。秘密のエロ体験、スケベなナースとのエロバナ、人妻の不倫エッチ告白、禁断の近親相姦H体験が満載!

2016年10月

競泳水着で掃除をしていたら

私は結婚後もプールで働いているのですが、このあいだ入ってきた新人の男の子に、不覚にも抱かれてしまいました。

旦那は疲れて帰ってくるのでエッチはあまりしません。
子供が欲しかったのですが、それも叶わず、2年近く経ってしまいました。

そんなある日、新人の男の子と一緒に遅番をすることになり、仕事を教えながら片付けをしていました。
競泳水着でシャワー室の前を掃除していたら、男の子が後からじっと私のお尻を見ていました。
視線を感じたので振り向くと、向こうを向いてしまいましたが、明らかに見られていました。



【個人撮影】 話題騒然!!生意気な中×生くらいの少女にキレて泣かせたまま犯す問題映像のあれ!!!
【ジュニアアイドル】jcまんこ見えそうな過激水着エロ画像
長澤まさみ(28)全裸緊縛剃毛パイ●ン写真流出再燃…iCloud覗き見事件でネットに拡散か…
【jcエロ画像】このジュニアアイドル過激すぎだろ…
画像☆松井玲奈がミニスカスーツ姿でシーソーにおま●こ当ててて激シコタ
【検証】女子アナが爆乳(Kカップ)すぎるとニュースに集中できない件・・・(※GIFあり)
【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました
【PR】ブログもSNSもある恋愛応援コミュニティ
【熊本応援LINEスタンプ】熊本弁のかわいい?ばあちゃん

でも、次の瞬間にいきなり後から抱きつかれて、水着の上から揉んできました。
ハアハア言いながら・・・。
真面目な子だと思っていたのでびっくりしました。

そのままブースの中まで押されて、カーテンを閉められました。

「結婚しているからやめて・・・」

そう言ったのですが、やめてくれませんでした。

そのままあそこに手をまわされ、競泳水着の上からさすってきて・・・。
久しぶりだったので、気持ちよくなってきました。
抵抗していた手も弱まると、彼の手の動きが激しくなり、自分からお尻を突き出すような仕草をしてしまいました。

声を出すわけにもいかないと必死でこらえてましたが、耐えきれません。
すぐに快感に支配され、腰をビクビクさせてイきました。
その時、すぐに後から包み込んでくれて、優しかったです。
そのためキスも許してしまいました。

その後、彼は私の競泳水着を脱がしにかかり、ビキニのような状態まで脱がされた後に、一気に下まで脱がされ、恥ずかしかったです。
慌てて隠してしまいました。

「こっちを向いて」って言われたので振り向くと、彼はブーメランパンツをもっこりさせていて、脱がされた競泳水着を片手に持ってました。

そして、「思ったより小さいんだね。これで隠せる?」って聞いてきました。

見ると水着のあそこの部分が濡れてました。
彼のあそこも少し濡れてました。

それを見て、私は体が火照ってしまい、この人には敵わないと・・・抱かれるしかないと思ってしまいました。

彼は競泳パンツを自分で脱ぎ捨て、再びバックの姿勢から私を抱いてくれました。
旦那よりも優しくて、それから30分くらい思いっきり抱いてくれて、更衣室に戻ってからも、二人とも裸で69とかしました。
彼も2回くらいイキ、私もそれ以上にイッてしまいました。

もしかしたら、できたかもしれません。
でも彼の子なら・・・欲しい。

おまえ初めてなんて嘘だろ~!

ずっと仲良くしていた男友達(A君)に誘われていつものごとく夕飯を一緒に食べにいきました。

A君との付き合いはすでに5年以上になっていてお互い男女を意識せずに買い物に行ったり、飲みに行ったりしていました。
その日はご飯を食べた後、いつものように「どこ行く~?」と聞かれ、お腹もいっぱいだし、夜だしカラオケもなんだし~ということで、近くの海岸までドライブに行きました。
半袖が少し肌寒いくらいで、最初開けていた窓も閉め、寒くなってきたね~なんて会話して・・・。



【個人撮影】 話題騒然!!生意気な中×生くらいの少女にキレて泣かせたまま犯す問題映像のあれ!!!
【ジュニアアイドル】jcまんこ見えそうな過激水着エロ画像
長澤まさみ(28)全裸緊縛剃毛パイ●ン写真流出再燃…iCloud覗き見事件でネットに拡散か…
【jcエロ画像】このジュニアアイドル過激すぎだろ…
画像☆松井玲奈がミニスカスーツ姿でシーソーにおま●こ当ててて激シコタ
【検証】女子アナが爆乳(Kカップ)すぎるとニュースに集中できない件・・・(※GIFあり)
【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました
【PR】ブログもSNSもある恋愛応援コミュニティ
【熊本応援LINEスタンプ】熊本弁のかわいい?ばあちゃん

海岸について車をとめ、波音を聞きながらぼーっとしているとお腹もいっぱいなのでついうとうととしてしまいました。
目が覚めると彼が運転席から手を伸ばして太もものあたりを撫でていました。

(え?!)と思うと、だんだん顔が近づいてきて・・・。

「だめかな・・・?」

もう驚いたのと動揺しているのとで返事なんかできません。
そうこうしているうちにもうキスされていました。

そのあとはなし崩し的に愛撫され・・・初めてなのに気持ちよくてなされるがままになっていました。
そしていざ挿入!という時になって私はやはり怖くなってしまったんです・・・。
処女だったせいでしょうね。
彼も無理強いすることはなかったんですが、そしたら「舐めてくれる?」と。

処女ですし、そんなこともしたことありません。
ただエッチな本だけは読んでいたので知識はありました・・・。
挿入させてあげられなかったのも申し訳なくて、彼のびんびんになったペニスを握って初フェラ。
最初は先っぽを舌先でちろちろ・・・。

(あ、ちょっとしょっぱいっ)

先っぽだけを口の中へおさめ・・・。

あむ・・れろぉ・・。

「う・・・いいよぉ・・・すげぇ上手い・・・」

彼の気持ち良さそうな声にわたしも興奮してどんどん舌の動きをエスカレートしていきます。

るろっ・・レロレロ・・・ちゅっちゅぱっ・・んっ・・・。

息継ぎの合間に私もはぁはぁ言いながら舐めねぶりました。

「お前・・・これ、何回、目・・?!うあっ」

喉の奥までいっぱいに飲み込んで舌で裏側を刺激します。
本でみた裏筋ってここかな・・・と、妙に冷静になりながら丹念に唾液を塗りこめて・・・。

ちゅるっちゅっちゅエロォレォロちゅぱちゅぱちゅぱんっんっんっ・・・。

「は、じめて・・・だってばぁ・・(んっ・・ちゅぅぅ)」

彼のが口の中でどんどん大きくなっていきます。
それが嬉しくていっぱい顔を上下に動かして、じゅるっじゅるっとピストン運動しました。
もう彼のは私の唾液でねとねとです・・・。

いっぱいに頬張って喉の奥に当たった先っぽを吸い込むようにすると、彼が「うぅっ」と、うめきます。

「はぁ・・・ほんと・・気持ちぃぃ・・・上手すぎるよ」

時折おちんちんがびくんびくんと不規則な動きをするので、わたしは口元から離れないように根本を少し押さえることにしました。
このほうがしっかり咥えられます。
この頃には私も太ももをきつく閉じ合わせながら、体の奥の熱さを感じていました。

ちゅっ・・ちゅぱ・・くちゅくちゅくちゅ・・レロッ・・・レロォ・・・。

出っ張りの境目も忘れずに舐めました。
(ここはカリって言うんだっけ・・・)

ペロ・・ぺろぺろぺろっちゅっちゅぅ・・・。

「うぅぅ・・いぃ・・あぁぁ・・・ハァ・・ハァ」

彼の腹筋もびくんびくんと波打ちます。

(気持ちよさそう~)

最初は気になったしょっぱさも今は感じません。
彼が気持ちよくなってくれているのがなんだかとても誇らしくて、もっともっとしてあげたい・・・と一生懸命にしゃぶりました。

「ちょっ・・っちょ・・待って・・・だめ・・このままだといっちゃうよ・・・」

彼が情けない声で言います。

んっ・・じゅるっ・・ちゅぱっちゅ・・・んぐんぐ・・・。

わたしはさらに攻め立てました。
一層おちんちんが口の中で暴れます・・・でも、いったん口を離してみることにしました。

「はあっ・・気持ち・・いいんだ?」

意地悪するように聞いてしまいました。

「いいよっ・・お前初めてなんて嘘だろ~!いままでの彼女よか、めちゃめちゃ上手いよ!」

助手席の足元に跪いたわたしを熱っぽく見つめています。

「ほんとだよ!!おちんちん見るのだってこれが初めてだし・・・」

嘘と言われてなんだか腹が立った私は、また彼を攻めようとまだびんびんのおちんちんを咥えました。

はむ・・あむ・・・。

唾液が乾いたようで、さっきまでよりすべりが悪くなっていました。
唾液をまた絡ませるために全部をすっぽりと咥えて上下します・・・。
あごが疲れていたいけど、でも・・・いかせてやるんだからっと妙な使命感にかられてかまわずに。

じゅぷじゅぷ・・・んぱっ・・レロレロ・・・う・・ちゅぅ・・・。

何度かえずきそうになりながらも、さっき彼が反応していたように喉の奥まで加えて吸い込むようにして裏側に舌を絡めました。

レエェロォ・・・ンッンッ・・んんん・・・。

「あぁ・・・も、だめ!出る・・出るぅ!!」

その声を聞いて吸い込みを激しく、舌の動きも早くしました。

「うぅぅぅ!!!」

わたしの口の上下運動の、上の状態で彼はいきました。
口の中にびゅる!びゅっ!!と流れこんできます。
最初に気になったあの塩っぽさと生臭さが鼻につきました。

(うぇぇぇ・・)と思っていると、彼がティッシュを差し出し、「これに出していいよ」と言いました。

わたしは口の中のものを全て吐き出し、ほっとしました。
見るとまだおちんちんが大きかったので、まだするのかな?と咥えてみたら・・・。

「いま、さわったらだめだよ!敏感すぎて痛い!」だって。

足元にいた私を引っ張りあげて、彼はぎゅっと抱き締めてくれました。
このとき以来、妙にフェラ好きになってしまったわたしですww

ちなみにこの後、A君とは何度か会い、せがまれてフェラだけしていました。
1年ぐらいかな?

その後出来た彼氏も私のフェラが大好きですよww
いった後にさらに攻めて違うものが出たこともありますww

あれっておしっこかなぁ・・・出たことある方いますか??

お仕置き好きなドMの彼氏

私の彼氏の斗真くんは1つ年上でめっちゃクールでかっこいい。
でも斗真くんには私しか知らない秘密があるんだ。

「ん~・・・ハァ、ハッ・・・ンッ・・・もっと・・・」

そう、ドMなんだ・・・斗真くんはね。
してる時、全く別人みたいになっちゃうんだ。
だから、いっつも攻めてばっかり。
私だって攻められたいのに。

斗真くんは言葉責めにすごく感じる。



【個人撮影】 話題騒然!!生意気な中×生くらいの少女にキレて泣かせたまま犯す問題映像のあれ!!!
【ジュニアアイドル】jcまんこ見えそうな過激水着エロ画像
長澤まさみ(28)全裸緊縛剃毛パイ●ン写真流出再燃…iCloud覗き見事件でネットに拡散か…
【jcエロ画像】このジュニアアイドル過激すぎだろ…
画像☆松井玲奈がミニスカスーツ姿でシーソーにおま●こ当ててて激シコタ
【検証】女子アナが爆乳(Kカップ)すぎるとニュースに集中できない件・・・(※GIFあり)
【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました
【PR】ブログもSNSもある恋愛応援コミュニティ
【熊本応援LINEスタンプ】熊本弁のかわいい?ばあちゃん

「斗真くんのオチンチン、もうこんなにおっきくなってるぅ~」

「やぁ~、言わないで」

「何もしてないのに・・・お仕置きだね♪♪」

あ、あとお仕置きも好きみたい。
お仕置きって言ってもね、軽いんだよ。
いつも通りにフェラしてあげて斗真くんがイキそうになる寸前でやめる。
ただ、これだけ。
これをね、何回か繰り返してたら斗真くんからおねだりしてくるんだ♪

「アッ・・・イッ、イカせて下ださい・・・」

それまでイカせてあげないんだ。
ほら、今日も来た。

「早紀~Hしよぉ~」

「嫌だ」

「ふんっ!!もういいもん」

相当、たまってるみたい。
じゃあ確かめてみようか・・・♪♪

「そんなにしたい??」
「・・・コクン」

「じゃあ、そこで一人エッチして」
「えっ・・・やっ無理」

「無理なんだ・・・じゃあ、いいよ」って言って、また携帯弄ってたら・・・。

カチャッってベルト外す音が・・・。
まさかね・・・と思って見てみたら・・・。

「見ててね・・・///」

そう言って壁にもたれてマジでやり始めた。
斗真くんのアレはね、めっちゃ大きくてすごい。

「アッ・・・ヤッ・・・ハァハァ・・・早紀っ」
「ん?何?」

「お願いっ・・・俺の舐めて」
「了解しました。お客様」

手で握っただけで斗真くんのモノはさっきより大きくなった。
斗真くんの方を見ると切な顔でおねだりしてきた。
あの顔に弱いんだな、私・・・と思いつつ、もうすっかり大きくなったモノを咥えた。

「ンアッ・・・早紀ッ・・・ハァ・・・もっと・・・」

「お加減いかがですか。お客様」

「ッッ!!・・・出るっ・・・イクゥゥゥ~~!!」

斗真くんのモノがビクンってなったから口を離した。
だって、まだおねだりしてもらってないから♪♪

「フエッ・・・何でェェ~」

斗真くんはイケなかったせいか泣きそうな顔して耐えてる。

「イキたい?じゃあ、ちゃんと言・・・」

「イカせて下ださいィィ~」

私が言い終わる前におねだりしてきた。
もう斗真くんのモノはこれでもかと言わんばかりにそそり立っていた。

「じゃあご褒美あげないとね」

そう言って斗真くんを立たせて壁に手をつかせて待っておくように指示した。
私は斗真くんの大好きなアナルバイブを持ってきて斗真くんも目の前で揺らした。
斗真くんはこれからする事に気が付いたのか何かを訴えるような目で見つめてきた。

「どうしたの?」

「く・・・早く・・・」
「早く何?」

「っ・・・それ・・・欲しいです」
「よく言えました」

私は斗真くんの穴を探しあて一気に突っ込んだ。
斗真くんは身体を仰け反らして悲鳴に近い喘ぎ声をあげた。

「ンッ・・・もっと刺激・・・欲しっ」
「どうして欲しい??」

「強で・・・強で動かして下ださい」
「かしこまりました」

スイッチON♪♪
何とも言えない機械音と共に斗真くんの喘ぎ声が一層大きくなった。

「アッ・・・ンンッ・・・アアアンッ・・・クッ」

まるで女の子のように喘ぐ斗真くん。
血管が浮き上がり、ヒクヒクと興奮に揺れる斗真くんのモノ。
先端から溢れている先走り液。

「今の斗真くん、めっちゃエロい!!」
「言わないで・・・ヒャン・・・ンンッ」

「写真撮ってあげようか」
「いいですゥゥ~・・・あ、あの・・・」

「ん?」

「イっても・・・ンッ・・・いいですか??・・・クッ」
「だぁ~めっ♪♪」

本当にイキそうだった斗真くんを見て慌てて抜いた。
斗真くんはイケなかったのに対し、一筋の涙を流して訴えていた。

「お願いしますゥゥ~」

「分かってる」

私は再び斗真くんのモノを口に含んであげる。
斗真くんもそれに答えて私の後頭部に手を添えて必死で耐えてる。
斗真くんのモノは本当に大きいからむせそうになるけど、斗真くんをイカせてあげたい一心でフェラしてあげる。

「ンンッ・・・アッ・・・全部飲んでね」

「ングッ」

「フアァァ~ッ!!出るッッ!!」

ビュク・・・ビュウゥゥッ・・・ドクン!

相当溜ってたんだろうな。
口の中いっぱいに吐き出された。
斗真くんはその場に崩れ落ち、私は一生懸命飲み込んだ。

ゴクンッ!

「入れてもいい?・・・ハァ・・・」

「うん」

感じてる斗真くん見てるだけで濡れちゃった(笑)

ベッドルームまで二人で行き、結局斗真くんが下。
私だってたまには攻められたい。
もう斗真くんのモノは元気元気で脈打ってる。

「入れるね」

うわぁ~・・・おっきいなぁ・・・長い・・・すごぉい・・・。

「ンアッ・・・アアアッ・・・アッ」
「ンッ・・・斗真くんの大きい・・・」

「ハァッ・・・もっと・・・」
「ヤァッ・・・気持ちいいよぉ~」

「俺もぉ~・・・クッ・・・限界っ」
「私もっ・・・イクッッ・・・」

同時に達したみたい。

ドMな斗真くんだけど行為後、ギュ~って抱きしめてくれるのが大好き。
ギャップがある斗真くんが大好き。

ギュ~って抱きしめてくれてる時、「愛してる」って言われたのは聞こえなかった事にしよっと♪♪

メガネっ子の加奈の素顔

大学1年の時、糞サークルの飲みでシカト状態になっているメガネ女を見つけた。

トイレの隙に席を取られ焦ってる姿がさすがに可哀想になり、自分の隣に誘った。
メガネ女の名前は加奈と言い、話してみるとすごく感じのいい子だった。
しかも偶然お互いの下宿先が同じ駅だとわかった。

俺は、サークルは辞めるつもりでいて、この飲み会も帰りたくてしょうがなかった。
そんな時、別の友達から飲みの誘いメールがあり、俺はそっちへ行く事にした。
誘ってきた友達・男3人も同じ町内で1人暮らしをしていて、すごくいい奴らだった。
俺は加奈もサークルの方はもういいだろうと思い、一緒に来ないかと誘った。
遠慮は全く要らない飲みだと言うと、彼女はそれじゃあと承諾した。



【個人撮影】 話題騒然!!生意気な中×生くらいの少女にキレて泣かせたまま犯す問題映像のあれ!!!
【ジュニアアイドル】jcまんこ見えそうな過激水着エロ画像
長澤まさみ(28)全裸緊縛剃毛パイ●ン写真流出再燃…iCloud覗き見事件でネットに拡散か…
【jcエロ画像】このジュニアアイドル過激すぎだろ…
画像☆松井玲奈がミニスカスーツ姿でシーソーにおま●こ当ててて激シコタ
【検証】女子アナが爆乳(Kカップ)すぎるとニュースに集中できない件・・・(※GIFあり)
【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました
【PR】ブログもSNSもある恋愛応援コミュニティ
【熊本応援LINEスタンプ】熊本弁のかわいい?ばあちゃん

友達3人が待つ行きつけの洋風居酒屋に入り、加奈を紹介するとすぐに打ち解けた。
その店はマスターも気さくで、来店記念で加奈にはかなりサービスしてくれた。
サークルとは打って変わって、加奈は楽しそうに俺らと騒ぎ、酒も結構飲んだ。
てっきり暗いタイプかと思いきや、中高はバスケ部レギュラーで、足も速いらしい。
お笑いや下ネタも明るくいけるし、予想以上に明るい女の子だった。

俺「それにしちゃー、さっきは寂しそうにしてたじゃん。友達いねーのかと思ったよ」

そう言うと、加奈は苦笑いしながら急に元気が無くなってしまった。

俺「おい?もしかしてw・・・マジにw・・友達が」

友達「ちょっとアキ(俺の名前)、やめろ・・・」

見ると、加奈は笑顔ながらも眉間に少しシワを寄せて、押し黙っている。
お節介にも、マスターまで心配して近づいてきた。

マスター「どうした?おめぇが泣かしたのか、コノヤロw」

加奈「あーw大丈夫!違うの。アキ悪くない。ちょっと友達っていうか、その・・・」

俺らは全員黙った。
加奈の目から、もう涙がこぼれていた。
メガネにも涙がついた。
加奈はまたなんか言おうとしたが、嗚咽になってしまい、しばらく泣き続けた。
酔ったせいもあって、我慢していた辛い気持ちが全部出てしまったようだった。

加奈「・・・ぐぉめんね、あー、急に涙が出てきちゃって・・・」

俺は無意識にスカートをぎゅっと握り締めている加奈の右手に自分の手を置いていた。

俺「なんか、つい手を握っちまったよwまあ、俺らがいるし?まだ1年生だし?」

友達「こんな時までセクハラかw加奈ちゃんのお酒作らせて頂きます!」

マスター「かなちゃん、できたてのポテトをサービスしちゃうよ!あと、おしぼり」

場の空気が緩やかに戻り、加奈はマスターにお礼を言いながら、おしぼりを受け取った。
そして、涙を拭こうとメガネを取った。
その顔を、俺は思わずじっと見た。
加奈の素顔が、こんなに可愛いと思わなかった。
瞳は決して大きくはなかったが、二重で実に愛らしいという顔をしていた。
今頃になって、俺は一目惚れをした。

テーブルに置かれた加奈のメガネを見ると、涙や埃で結構汚れていた。
書く云う俺もメガネで、メガネ拭き結構こだわるタイプで、勝手にレンズを拭いた。

加奈「グスッ、あ、ありがとう・・・、あ、キレイ」

俺「すげんべ、これで拭いたら超キレイになんだよ。今度やるよ」

友達「そんなことより、初対面で泣くって粗相じゃね?みんなどう思う?」

だよなと言い合い、加奈に一気命令が下った。
加奈は笑いながら、わかりましたと言った。
それをきっかけに、途中でマスターも一気したりと馬鹿騒ぎになった。

そして閉店。

加奈がかなり酔ったので俺が送っていく事にしたのだが、部屋に近づくにつれ、加奈は吐き気を催し、途中の道で一発目が出てしまった。
俺は上がらせてもらった。

俺「ほれ水。大丈夫?」

加奈「大丈夫wう゛っ!」

トイレに間に合わず、加奈の服にゲロが思いっきり掛かってしまった。
そのまま寝かせようかしばらく迷ったが、思い切って俺は服を脱がした。
加奈はワンピースだったので、下着姿になってしまった。

加奈「あーん、寒いー。寒いー」

俺「はい、ベッドに入りましょうね。メガネも取って。はい、加奈ちゃんおやすみ」

ゲロの服を適当にそうじして洗濯機に置き、俺は帰る事にした。

加奈「アキ、どこ行くの?」

俺「帰る。お疲れー」

そう言うと、加奈は「待って」と追いかけてきた。
俺はささっとドアを開けて外へ出た。
ドアが閉まる瞬間、加奈が下着姿のまま飛び出し、「待って待って」と叫んだ。

俺「ちょ!加奈w静かに静かに、変態だそれじゃw」

加奈「待って、ねえ待って」

俺はまた部屋に戻り、加奈をベッドに寝かせた。

加奈「ねえ、寂しいから一緒に寝よう」

俺の下心にスイッチが入った。
勝手にパンツ一枚で、ベッドに潜り込んだ。
キスしようと顔を近づけたのだが、息がゲロとか色々臭くて、さすがに萎えた。
俺は、加奈を抱き枕のように抱き締め、髪を撫でるだけにした。

加奈「アキ、今日楽しかったね。あたし、泣いちゃったw」

俺「寂しい時は、俺が一緒にいてやるよ。あと、コンタクトにしたら?」

加奈「メガネおかしい?」

俺「いや、素顔がすごい可愛い。メガネ掛けると勿体ない」

加奈は「嬉しいー」と言いながら、俺の首に腕を回し、軽くチュッとして、はにかんだ。

正直、息が臭くいので逆効果だが、抱き締めてるのは気もちいいから我慢した。
背中を擦って入る内に、加奈はすっかり寝てしまっていた。
俺も目を瞑った。
しかし、ブラがごわごわして、俺の肌が痛い。
でも抱き締めていたい。
俺は起き上がって勝手に加奈のブラを外し、ついでにパンツも靴下も脱がした。
さらに、自分も全裸になって、また抱き締めた。
あ、胸はバッチリ見た、起きないから。

加奈の足を少し持ち上げて、俺の脚と絡むようにした。
完全に密着した。
柔らかかった。
おそらく加奈の腹を凹ませる位に、俺は勃起していた。
あまりに気持ちよかった。

しかし、加奈の小さないびきや「ん」という寝言を聞いてたら、エロイ気分が消えた。
無邪気に寝ている加奈を抱き締めてるだけで、心が満たされやがて眠りに落ちてしまった。

そして朝になり、俺が少し早く目を覚ました。
顔を眺めてたら加奈も目を覚ました。
しばらくすると、やりたい気持ちが抑えきれなくなって、息など気にせずキスしまくった。

加奈も積極的に抱き締めてきて、生のまま入れた。
あそこは十分濡れていた。
吐息が漏れる以外、話もせず、ひたすら腰を振った。
途中で自ら騎乗位になった。
バスケで鍛えただけあって、加奈の腹筋は意外と締まっていた。
そして、腰が強かった。
上下に動いたり、グラインドしたり、どうやら騎乗位経験が意外とありそうだった。

俺「やばい、出る」

加奈は咄嗟に俺のアソコを抜き、俺の腹の上に傾け右手で絞りだした。
手馴れていた。
俺の腹に溜まった大量の液をティッシュで拭くと、加奈は笑顔でキスしてきた。
二人でシャワーを浴び、ファミレスで飯を食った後、俺は家に帰った。

それから1年近く付き合った。

加奈はメガネからコンタクトレンズに替えた。
別れてからは交流はなくなってしまったが、たまにキャンパスで見かけると、いつも3~4人の女の子達と笑いあっていた。
本来、そういう子だったんだと思う。

右腕を骨折した俺を看病してくれた姉さん

俺も一度だけ姉さんとニアミスしたことあるよ。
さすがに一線は越えられなかったけど。

俺が高1で姉が高3だった時。
16歳になってバイクの免許を取ったばかりの俺は、楽しくて父親のお古の125ccのバイクを乗り回していた。

ある日、駅前から姉ちゃんから電話があった。
暗いから迎えに来てくれないかとのこと。
今だったらめんどくさいって言うかもしれないが、その頃はバイクに乗ること自体が楽しかったから、快く引き受けた。
しかし、行く途中で自損事故を起こし、俺は足をひねり、右腕を骨折してしまった。
完全に俺の操作ミスでの事故だったんだけど、迎えをお願いした姉ちゃんは責任を感じてしまったらしい。
ご飯を部屋に運んでくれたり、まだうまく歩けなかった俺の世話をよくしてくれた。



【個人撮影】 話題騒然!!生意気な中×生くらいの少女にキレて泣かせたまま犯す問題映像のあれ!!!
【ジュニアアイドル】jcまんこ見えそうな過激水着エロ画像
長澤まさみ(28)全裸緊縛剃毛パイ●ン写真流出再燃…iCloud覗き見事件でネットに拡散か…
【jcエロ画像】このジュニアアイドル過激すぎだろ…
画像☆松井玲奈がミニスカスーツ姿でシーソーにおま●こ当ててて激シコタ
【検証】女子アナが爆乳(Kカップ)すぎるとニュースに集中できない件・・・(※GIFあり)
【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました
【PR】ブログもSNSもある恋愛応援コミュニティ
【熊本応援LINEスタンプ】熊本弁のかわいい?ばあちゃん

ある日、俺がオナニーしようと、部屋でエロ本を見ていた。
右腕が骨折しているから、左腕でチンコをしごいていたが、慣れてないからなかなかやりにくい。

そこに、いきなり姉さんが部屋に入ってきた。

「ねえ、たっちゃん、ご飯持ってきたよ~」

とっさにパンツをあげて、エロ本を布団の下に隠した。
姉ちゃんの態度に変化がなかったから、オナニーしていたのはバレなかったみたいだ。

姉ちゃんは布団の横に座って・・・。

「ごめんね、私のせいで骨折なんかさせちゃって」

「いいよ、俺がミスったんだし」

「でも、私が電話しなかったら、事故らなかったわけだし」

姉ちゃんはやっぱり責任を感じているみたいだった。

「ご飯食べさせてあげるね」

姉はご飯をスプーンですくって、俺に食べさせようとした。

「うん、ありがと」

俺はパクンとそれを食べる。

「おいしい?」
「うん、うまいよ」

「そう?今日のは私が作ったの」
「そうなの?姉ちゃんって結構料理うまいんだね」

「えへへ、まあ、本読みながら作ったら、誰でもうまく作れるわよ」

姉さんは照れて笑った。
ご飯を食べさせ終わった後、姉ちゃんは俺の布団の下のエロ本に気づいた。

「布団の下に本があるよ」

姉ちゃんはエロ本を引っ張り出そうとした。

「・・・!」

俺の表情が凍りつく。
エロ本を半分くらい引っ張り出すと、鈍い姉ちゃんもそれがエロ本であると気づいたみたいだった。
二人が気まずい雰囲気になる。

「って、エッチな本だったね」

姉ちゃんは照れ笑いして、また布団の下にエロ本を押し込んだ。
二人はしばらく黙ってしまう。

「ねえ、たっちゃん、腕骨折してるから、そういうことしにくいよね」

「そ、そういうこと?」

「そ、そういうことって、エッチな本読んだりして・・・」

姉ちゃんはごにゃごにゃ語尾を濁す。

「あのさ、看病の一環として、私がしてあげようか?」

「だ、だから、なにを?」

俺が言うと、姉ちゃんは俺の股間に手を添えた。
俺はびっくりした。

「い、いやだったら、言っていいよ」

俺は黙った後、顔を赤くしながら・・・。

「いやじゃないよ」

姉ちゃんは俺の意思を確認したら、ジャージの上から手を動かし始めた。
さっきオナニー中だった俺のチンポはすぐ硬くなってしまった。

「ズボン下ろすね」

姉ちゃんがそう言って、俺のジャージを握った。

俺は腰を浮かして、それを手伝う。
ジャージとトランクスをずらされて、俺の勃起したチンポが露出した。
姉ちゃんは結構真剣な顔で、俺のチンポを握った。
それからゆっくりしごき始める。
初めての手コキだったので俺は結構感動した。
しかし、姉ちゃんが慎重になりすぎているせいか、握力が弱くてイキにくかった。
俺は普段もっとぎゅっと握ってオナニーしてたから。
それで行きやすいように俺は姉ちゃんにお願いした。

「姉ちゃん、胸見せて」
「胸?」

「うん、そしたらもっとイキやすくなるから」
「う、うん」

姉ちゃんはおずおずとブラを外し、上着をズリあげて、胸を俺に見せた。
形もよくて、結構きれいな胸だった。

「へぇ」

俺は感嘆の声を出してしまった。

「へぇ、じゃないでしょ」

姉ちゃんは顔を赤くして言う。

「きれいな胸だよ」

「恥ずかしいよ・・・」

姉ちゃんは俺におっぱいを見せながら腕を動かし始めた。
今考えたら結構過酷なお願いを姉ちゃんにしていたと思う。
俺が食い入るような目で姉ちゃんの胸を見ていたら、姉ちゃんはだんだん前屈みになってきた。
せっかくの胸が見えなくなる。
そして、しごく手の動きも止まった。

「ね、姉ちゃん、どうしたの?具合悪いの?」

俺は心配になって声をかけた。

「そんなに見ないで。恥ずかしいよ」

姉ちゃんは上着をズリ下げて、胸を隠した。
どうやら恥ずかしすぎて、前屈みになったらしい。

「ごめん、ごめん、悪かったよ。もう胸は見せなくてもいいから」

「ごめんね」

姉ちゃんも謝った。
それからまた手を動かし始める。

「そ、それじゃ、もっと強く握って」

「うん」

姉ちゃんは手に力を入れた。
強い圧力で、やがて射精が近くなってきた。

「姉ちゃん、で、でるよ!」

「で、でるって、どうしたらいいの?」

「ティッシュで・・・」

姉ちゃんに指示すると、姉ちゃんはティッシュを3枚ほど取ると、俺の亀頭にかぶせた。
俺はそれを確認すると、射精する。

姉ちゃんは丁寧に精子を拭き取って後始末してくれた。

「ありがと、姉ちゃん。気持ちよかった」
「そう?それはよかった」

「あの・・・」
「なあに?」

「また、明日もしてくれる?」
「う、うん、いいよ」

それから俺は骨折が治るまで、何度も姉ちゃんに手コキしてもらった。
責任を感じていたせいもあっただろうが、姉ちゃんは嫌な顔せずに、俺の要求に応えてくれた。

一ヶ月もしたら、骨折のギブスも外れた。
ギブスが外れたら、わざわざ姉ちゃんに手コキしてもらう理由はなくなる。
でも、腕が動くようになった俺は、姉ちゃんに思い切ってアプローチしてみた。
甘えるように姉ちゃんの背中に抱きついた。

でも、「はいはい、今忙しいからね」と、軽くいなされた。

姉ちゃんもこれ以上はまずいと思って予防線を張ったんだろう。
結局それ以上進展することはなかった。
でも、貴重な体験をさせてもらえたから、まさにケガの功名だったと思う。

今考えたら、ガチで近親相姦になったらやばかったので、姉ちゃんの判断は的確だったと思う。

アクセスランキング