みんなのエッチ体験談告白

無料で読めるエッチ体験談まとめ。秘密のエロ体験、スケベなナースとのエロバナ、人妻の不倫エッチ告白、禁断の近親相姦H体験が満載!

温泉で妻を寝取られた結果、夫婦仲がよくなりました

私は31歳で会社員、妻は34歳で専業主婦です。
マンネリ化した夫婦生活に刺激をと二人で相談し、長野の混浴温泉に二人で旅行に出かけました。
夜遅くに到着し、妻と二人で温泉に入っていると、50歳くらいの小太りの男性が入浴しに来ました。

☆おすすめ記事☆

妻は最初、恥ずかしがって岩陰にいたのですが、そのうち打ち解けて、男が買ってきたビールを飲みながら3人で世間話に花を咲かせていました。

そのうちに男の股間を隠していたタオルがモコモコと盛り上がってきました。
男はそれを隠そうともせず話を続けていました。
そのペニスの大きさは私のモノをはるかに上回り、くっきりと浮き出た雁首は私の倍近くありそうでした。
妻はチラッチラッと男の股間に目をやりながら話に相槌を打っていました。
酔いが回るにつれて男は妻の体を舐め回すように見ながら・・・。

男「奥さんは本当にグラマーでいい体してるねぇ。いっぺんでいいから奥さんみたいな美人でグラマーな女の裸の上で昇天してみたいなぁー」

妻はさっと乳房を隠し、岩陰に隠れました。

私「そろそろ出ようか?」

妻「うん」

妻を誘い風呂を出ました。
ふと振り返ると、男はニヤニヤしながら妻の裸の尻を眺めていました。
私達は部屋に帰り、ベッドに入りました。

私「お前、あの人のペニス見て興奮してただろう?」

妻「いやぁーん」

私「あんな大きなのでしてみたいだろ?」

妻「いやよ、あんなおじさんと・・・。絶対いやよ、あんな人に身体を舐め回されたら死んじゃうわよ」

妻はきっぱりと言い切っていました。
冷蔵庫のビールがなくなっていたので妻に買いに行かせました。
えらく帰りが遅いなと思っていると、やがて妻が戻ってきました。

妻「ねぇ、あのおじさんが後で部屋に来るって。どうしよう・・・」

私「断らなかったのか?」

妻「だって、図々しいから断れなくて・・・」

男が部屋に来ました。
最初こそ妻は嫌がっていましたが、男は話の面白い人で、いつの間にか3人で笑い転げて打ち解けていました。
やがて酒の弱い私は酔い潰れ、先に隣の部屋の布団に入りました。

(妻はあの男に犯されるのだろうか・・・)

そう思うと股間がムクムクと起き上がってきました。
魔が差したのでしょうか?
妻が他の男のペニスで悶えるところを見てみたくなりました。

男「奥さん、風呂に入った後だからマッサージをしてあげよう」

妻「いえ、結構ですよ」

男「いいからいいから、美容のためにはこれが一番だよ」

妻は男に肩を揉んでもらっているようでした。
元々肩から腰にかけて性感帯の妻は、「はうっ、はうっ」と色っぽい声をあげながら男に身を委ね、「あぁぁー気持ちいいわぁー」と、終いにはそんな声を出していました。
その声を聞きながら私はついウトウトと眠りに就いてしまいました。

20分ほど経った頃でしょうか、私は目が覚めました。

妻「はぁぁーっ、はぁー」

妻の息遣いが聞こえてきました。

男「どうだい?気持ちよくなってきただろう?」

妻「うん」

(なんだ、まだやってるのか・・・?)

男「膝の裏とふくらはぎのココが気持ちいいんだよ」

妻「あぁぁぁーー痛い・・・でも気持ちいい」

襖越しに聞こえてくる妻の声はすっかり打ち解けているようで、まぁーこれくらいの事は刺激になっていいだろうと思いながら、私は再びウトウトと眠りに就き始めていました。

男「さぁ、仰向けになってごん」

妻「いやっ恥ずかしい・・・だめだって・・・いや、いや」

男「うぁー奥さんのヘアーは色っぽいなぁー、肌が真っ白だから余計に色っぽいよ」

私はその言葉を聞いてぎょっとしました。
すかさず起き上がり襖の隙間から隣の部屋を覗きました。
なんと、そこに見えたのは・・・。
座布団を敷き詰めた上には全裸の妻が横たわり、勃起したペニスを握り締めた妻が50過ぎの男の目の前で惜しげも無く裸体を晒しているのです。
男はゆっくりと妻の乳房を撫で回し、時おり乳首を指先でコリコリと愛撫していました。

妻「ねぇーもうだめ・・・して・・・入れて・・・あああ」

私の股間はいつの間にかピンピンに硬くなり、食い入るようにその光景を見つめていました。

(妻が私以外の男を求めている・・・妻と他の男が・・・これから繋がる・・・)

そう考えるとこめかみがキンキンと痛み、頬をツーーッと冷たいものが流れました。
男は肩に掛けていた浴衣を脱いで全裸になると、妻の太ももを押し開きながら、妻の股間に腰を割り入れていきました。

妻「あああ、はうーっ」

一際大きな妻の声が部屋に響きました。
男と妻が結合した瞬間の声です。
妻は男にしがみつきながら、しきりに男の唇を求めていました。
男の腰がクイックイッと妻の股間に食い込むたび、妻はさらに太股を広げ、男を深く深く受け入れようとしていました。

男「ひゃぁー奥さんの中は気持ちいいわい、チンポがヌルヌルして・・・。おおおっ、締まる締まる」

妻「あうっ、あうっ、あああ・・・いいっ・・・ああーん」

妻は本当に感じてくると、乳首がピンと上を向き、首筋に噛み付いてくるのです。
男はそのピンピンに立った乳首を舌で舐め回しながら妻のアヌスに人差し指を差し込みました。

妻「くぅぅぅっ・・・だめっ・・・イクイクイクぅぅぅ」

私は自分のペニスを握り締めました。
その先からは溢れるほどにヌルヌルした液体が滲み出て、雁首を擦る快感を増長させていました。

男「あああっ奥さん・・・出る・・・出る・・・うっ」

妻「いやっ、中はだめよっ・・・あっ、あっ・・・中はやめてぇーっ」

私も同時に大量の精液を浴衣の裾に出しました。

妻「いやぁーん・・・中はだめって言ったのに・・・」

そう言いながらも妻はゆっくりと腰を上下に揺すりながら男のペニスの余韻を味わっていました。
射精を終えた私は我に返り、襖を開け、隣の部屋に入りました。

私「何やってんだよ、お前ら」

二人は結合を解き、離れました。
妻は私に背を向け、そばにあったバスタオルを股間に宛てがいました。
しかし男は裸のまま座っていました。

男「いゃぁー奥さんがしてくれって言うから・・・いい奥さんを持ってご主人も幸せですなぁー、ハハハ」

男のペニスは妻の愛液で真っ白でした。
そしてその先からはタラーッと白い精液がしたたり落ちていました。

男「いやいや、すまんすまん。奥さんがナマでって言うもんだからつい・・・中で出してしまったよ」

妻はしきりに溢れ出てくる男の精液をタオルで拭い取っていました。
つい魔が差した日の出来事でした。

しかし、その日から私と妻はマンネリを超えた愛を分かち合えるようになりました。
その男に感謝すべきなのでしょうか?

夫が寝たきり、パートに出た私がミスをして店長に解雇の代わりに身体を差し出しました

私は、夫が寝たきりになり、生活苦から、スーパーでパートをしている。小柄でふっくらしているから、年のわりには若く見られますが・・42歳のおばさんです。

でも、レジ打ちが遅くて倉庫に配置換えになり、そこでも出庫伝票を間違えるという大失態。その日、お店が終わって店長室に呼ばれ「解雇」を宣告されました。

☆おすすめ記事☆



必死にお願いをしたところ若い店長さんは「方法がないわけではないんですけどねぇ」と私の手を握り、店長の太股に乗せ、肩を抱き寄せ「嫌なら無理にとは言いませんよ」体を投げ出せと。
そして、夫の入院費の為に申し込んだ社内貸し付けにも触れ、個人的と、白い封筒を私の手に握らせ「嫌なら立ち去って貰って結構ですよ」

私は、こんな年寄りでもお金になるのならと、覚悟を決めました。

翌日、店長さんから言われた待ち合わせの場所に行くと、高級車が目の前に止まり、窓が開いて私はビックリしました。そこには、何時も買い物に来る若いお客様が居たのです。

「店長から話は聞いている。乗って」

私は言われるがまま助手席に座ると車は走り出し、お客様の携帯が鳴り私に「代わってくれって」

「もしもし」携帯から店長さんの声が聞こえ、お客様に気に入って貰えれば長時間勤務に組み込むし、昨日のお金はお客様からということを説明され、電話を切ると突然「秋子のこの太股が良いんだょなぁ」私のスカートの中に手を入れ、太股を揉みだし「お前のことは全部聞いているから、安心して俺に任せろ」スカートの奥深くに手を進めてきましたが、私は、人から見られるのではないかとどきどきして「人が見ます」手を払おうとしたら大丈夫だよと触り続け、そのうち一軒のホテルの車は入りました。

腕の良い大工だった夫とは、こういう場所に来たこともなく、恥ずかしさと少しの興味。玄関に入ると強い力で抱きしめられ、キスされました。

8年ぶりに口の中を這い回る舌は、過去経験したことがない動きです。私は、お金のため。感じてはダメ。と自分に言い聞かせていました。彼が座るソファーの前に立たされ「良い体だ」「むちむちした太股が良い」と服の上から体中をまさぐられ続けました。

激しく、優しい愛撫に私は声を殺しながら迫ってくる快感を打ち消すことだけを考えていました。ワイシャツを脱ぎながら「さぁ早く10万の体を見せてくれ」とても恥ずかしいことを言います。

そうよ、溜まっていた入院費のために体を売る淫乱女なんだ。私は最後のプライドを捨て、一つ、一つとブラウスのボタンを外していきました。

「次はスカートだ。いや、パンティからだな」上半身裸の男の目の前でスカートに手を入れ、ショーツを降ろしていく間だ、彼は顔を寄せ近くで見ています。死にたいほど恥ずかしい。

脱いだショーツを丸め、隠そうとしたら無理やり取られ「ブラだ」言われるがままにブラを外し、胸を隠していた手も外すと「小さいから垂れていないな。思った通りだ」裸の彼は乳首をなめ回します。


強く軽く咬まれたり舌でペロペロと転がされ、乳房を揉まれ、ても私は感じないぞ。でも、夫からこんな気持ちよくさせて貰っていなかった私は思わず「うっふっ」と声を漏らしてしまい「感じてきたか。可愛いよ」と辱めを受けます。

取られたショーツを鼻にあて「良い匂いだ。秋子の匂いだね」恥ずかしくて「やめてー」と声を張り上げると口にくわえ、下半身を露わにしました。


こんな大きなモノが私の体に入るか?恐ろしいほど大きなあれを見て口が渇き、恥ずかしさすら忘れてしまい「ごくん」と唾を飲み込む音が聞かれたようで「8年ぶりのちんちんで欲しくなったか」とても恥ずかしいことを言われました。欲しくなったのではない。あまりの大きさに驚いただけ。私は必死に彼の言葉を心の中で打ち消しました。

彼はお風呂の用意をし戻ってきて「スカートはベットの上でな」私はベットの上でスカートのホックに手をかけ、産まれたままの姿を彼の前にさらけ出しました。

お湯が溜まるまで、私のショーツの匂いを嗅ぐ彼の見ている前で、前を向いたり、後ろから見られたり恥ずかしい行為をされつつも何故か、抱かれることを心待ちにしていました。


お湯が溜まり、彼は、あれを握らせ風呂に行くよう促します。私は大きなあれを握り、お風呂場に入りました。お互いの体を洗いっかして、泡だらけの、七色に点滅する浴槽の中で、私の手を彼のあれに添えさせ、私を後ろから抱きしめ、私の乳房や股間を虐めます。「きついな、8年誰とも何もしなかったのか?」指を入れながら耳元で囁きます。

「私は夫だけです」「俺が二人目か?」彼の足の上で向き合う形にされ酷いことを聞いてきます。「はい」「そうか。楽しみだな」彼は縁に足をかけ、こんなに大きくなるモノかと思うほどのあれを私の前に突き出し「尺八ぐらい仕込まれただろ?くわえてくれ」足で私の顔を挟んできました。

私は夫にしたように口に含み頭を動かし始めると「大人しそうな顔して好き者だな」「お客様に喜んで頂くためです」私は反論しました。でも、久しぶりのあれで少しだけ興奮していたのです。

「裏筋を舌で」「金玉のしわを伸ばすように」「手でしごきながらお尻の穴も」気に入って貰えるよう言われるまま従いました。

でも彼は「真剣にしてよ。手抜きだって店長に言っちゃうよ」私を不安にさせます。「はい、お客様」私は必死に舌を動かし、手と頭を動かしました。

「可愛い顔をしても、ちんちんが好きなんだね」私の口から外し、私のを槽の縁に足を大きく開かせ、座らせると股間に舌を這わせ出しました。

早かったり、ゆっくりなぞられたり、とがった舌があそこに進入したり、彼の舌は夫の性器のように太く初めての快感です。思わず腰が動いてしまい彼から「結構、感じやすいんだね」私は手を口に当て、声を押し殺すのが精一杯です。「そこはダメです」彼はお尻の穴に舌を這わせ、ブチューと吸ったりします。

「アナル舐められるの好きみたいだね」「そんな、初めてです、止めて下さい」クリトリスを燻りながら、あそこに指を入れ、お尻の穴を吸われる。恥ずかしい。「マンコの毛も白髪になるのか」お尻から口を離し私をからかいます。彼の肉便器になるという条件で、あそこの毛を剃られてしまいました。


ベットに連れて行かれた私に彼は「俺は亡くなった倅と同じ年だよ」私を奈落の底に落としました。息子と同じ年の子に裸体を晒し、あれを口に含まされ、剃毛され、肉便器として奉仕することになってしまったのです。あまりのおぞましさに泣き、暴れる私の上に反対に跨り「くわえろお母さん」口にあれを押しつけてきます。

そして私の足を開き、あそこやお尻の穴を舐め出しました。私は、彼のあれから口を反らし抵抗し続けます。でも、繊細な彼の舌の動きは私をどんどん女に変えていきます。感じちゃう。気持ちいい。私は思わず彼のあれを握り、口に含んでしまいました。しばらくすると彼は私を上にのせ、奉仕するよう命令しました。

お尻の穴が彼の指で弄ばれ、クリトリスを咬まれながら、必死であれを扱き、口と舌で倅と同じ年の彼に奉仕する私は最低の女に「もう上がったんだろ」生理がないのだろうと女としても使い物にならない事を確認してきます。そして「お母さんに中だし」現実に引き戻し、私を下に降ろし、足の間に入ってきました。

ヌルヌル、先端があそこを前後し、彼は唾を私に塗りつけ一気にキリキリキリ、メリメリメリッ思わず「ギャァー」と声を上げてしまったほど、太くて堅いモノが私を犯します。ベットの軋みが私の頭に響き、彼の「締まる締まるぞ」が悪魔の叫びとなり私はベットの上で彼に犯され続けます。


激しく揺さぶられていた私が止まり、彼は、1.彼のあれを「亡くなった息子の名前である康志」と呼ぶこと。2.私のあそこを「秋子」と呼ぶこと。3.明日から通い妻になることを言い渡され、私は承諾させられました。

そして「康志が秋子に入っています」と言わされ続け、彼は秋子に精子を放出し、流れ出す康志の精子を秋子の口に運ばされ、秋子は口を大きく開け、彼の目の前で口に入った精子を自分の指で捏ね、飲み込まされお店に行く時間まで、何も考えられないわたしは康志を綺麗にさせられました。

倉庫の商品仕分けも時間が終わり、彼の元に行こうとしたら店長が寄ってきて「ちょっと」と私を隅に連れて行き、いきなりスカートを捲り上げ、ストッキングのお腹の処から手を入れ、秋子を触ります。

私は何がなんだか解らず、恐ろしくて声も出せず震えていたら「契約したようだね。早く帰らないとお客様が怒るよ」私のお尻を触りながら、長時間契約の契約書を渡されました。 

職場の熟女に、息子さんのことの相談を受けているうちに

数年前の話だが、俺が就職して2年目27歳、職場唯一の同僚は未亡人44歳、高校生の息子有りの熟女とお互いに快楽を貪るようにエッチした。

話の始まりは俺が仕事で大きなミスをして罰として、ある地方の出張所に飛ばされたことから始まります。当時俺には一つ下の子と大学時代から同棲していたが地方に飛ばされてからギクシャクして別れた。

☆おすすめ記事☆



凄くエロい例で例えるなら小池栄子だな。大学時代はH研究にはまっていた。そんな彼女にふられるわ、知らない土地にとばされるでかなり辛かった。
職場と言えばビルの六階の狭い事務所で前記の未亡人と俺だけで資料整理と言う典型的な懲罰だった。来訪者は宅急便位だった。

その未亡人はその地方生まれで清楚な、まるで小学校の先生みたいなタイプだった。若くして旦那さんを亡くして一人頑張ってた。


立場上何故か俺が上司だったが年齢の件もあり逆転してたかもしれなかった。一日中暇なのでお互い色々と世間話や相談などをする間柄になった。

ほんの軽いHな冗談話も出来る位にはなった。コチラからしか言わないが上品に笑ってくれてた。お互い独り身で妙に気が合った。時たま弁当も作ってくれたが別に恋愛感情はなかった。

ある時神妙な顔で息子について相談があると言って沈黙した。

未亡人(後は未と書く)「変な相談だけど構わない?息子が来年受験なのに夏休みから勉強そっちのけなの」

俺「なんで?あれだけ優秀だったのに」
未「彼女ができたみたい。」
俺「成程わかるな、俺も大学時代それで留年したから」
未「クスッそんな話しだから悪いけど相談に乗って下さいな。」
俺「えっ!まさか息子さんの恋愛って?やってるの?」
赤面した未「どうもそうみたい。噂ではね。」と深いため息。

俺「それは勉強ダメだわ、初めての時は人間誰ものめり込むからね」
未「えー、そっそうなんですか?」
かなり落胆した感じだった。

俺は明るくしようと「だってみんなそうでしょ、溜るものは溜るから」と笑ったがドン引きで

未「溜るって?」
俺「あっそうか!未さん旦那さん早く亡くされてあまり知らないんだ。」

未は少し怒った様子で「馬鹿にしないでくださいね。」とその日はそんな会話だった。

それから数日後、少しエロスイッチが入った俺は事務所で話しを振った。

「息子さんどうですか?あれから?」
未「馬鹿にしないで聞いて下さい。約束して。」

俺は彼女があまり男性経験が無い事を確信したと共に悪戯心が芽生えた。

俺「約束します。私でよかったら相談に乗ります。」

未亡人は宮崎美子みたいなタイプだった。この頃から俺は彼女を女として意識してかなり話しをエロい方に誘導してた。彼女も息子の事も有り、私のエロ話に少し興味を示すようになっていた。

俺「この前言った、溜るって理解できれば、息子さんの気持ちも判るんだけど。経験無いです?」

未は照れながら「それって男性だけの事でしょ。私は真面目に生きて来ましたから。誰かさんと違ってね。」

俺「俺も今は真面目ですよ。彼女に振られてからは。だから溜る溜る。」

ソープに行った次の日の事務所で俺「あまりに溜り過ぎたから昨日初めてソープにいって2リットル程献血しました」と言った。

すると未は興味深々に「初献血の感想は?」と聞くので、俺「さすがプロは違う。フェラとか凄い。未さん得意ですか?バキュームって知ってます?」と言うと赤面してた。

未「私はそんな事は経験無いですよ。バキュームってなんですか?」
と逃げたので詳しく説明した後に俺は罠を仕掛けて「でも一番感動的だったのは最後にあの苦いアレを飲んでくれたんですよ。」と言うと未さんは顔をひきつらせてた。

罠にかかった!俺はすかさず「その表情はアレが不味いって知ってますね。なんでだろーねぇ、フェラは為たこと無いのにねぇ?」彼女は赤面して机に顔を伏せた。

少しからかい過ぎたので反省してると 彼女の方から「昔昔ねぇー、もう忘れた。」と微笑んできました。この頃から仕事サボってHな会話ばかり楽しんでいた。

お互い歳の差が安心感を作ってくれた。お互い酒も飲まないし田舎なので噂になりそうなので事務所の中だけという暗黙のルールが出来てた。次第に会話だけでは物足りなくなった俺は肩を揉みか胸へとかやった。


彼女も段々自分から女性週刊紙の超Hな記事を語る程になっていた。息子さんごめん。

ある日HIVの話しになり男性器の何処までが粘膜かという話しになった時に最初図を書いて示したら。絵の下手さを深く追求されたので、勢いで実物を出してしまった。

一瞬後悔したが 彼女の「息子ので慣れてますよ」に救われた。俺は落ち着いて「息子さん以外の実物は?」と聞いたが。答えずに笑いながらも凝視してた。「久々に触ってみる?」と言うと。急にうつ向いてしまった。

ここまで来たら前進だと決意した俺は彼女の手を取った。数回拒否された後に握ってくれた。「誰か来たら嫌よ」 

この言葉を了解サインとした。速攻で鍵を閉めまた手を取ると今度は拒否しなかった。

近寄ってからは決して視線を向けずに只握っていた。少し緊張した雰囲気が怖かったので俺は「出る~」とか叫んで何とか笑いを取り戻した。

彼女も「それにしても温かいね。忘れてた感触」といつものエロ話の落ち着きに戻った。俺も同年代の女なら一気に最後まで行くのだが、この時だけは何故か躊躇してしまった。粘膜の説明をしてしまい。機会を逸した。セクハラと言う言葉もちらついた。 


次の日らの事務所は暫くエロがエスカレートした。彼女も失われた十数年を取り戻すが如くだった。午前中に急いで仕事をかたずけ、昼休みからは俺のエロ話を合図にスタートした。

体位の話題になるとその真似をしてみたりお互い触り放題だった。職場と歳の差が狂わせた。数日後最後までやる決心をして出勤した。

昼休み弁当を食べている彼女の背後に忍び寄り、肩口に堅くなったアレを差し出して「お口直しにいかがですか?」とやった。一瞬驚いたが彼女は笑った。そして驚いた事に箸で摘んでお口を近付けた。

ヤバイ食べられると錯覚したが次の瞬間天国へ招待された。予想外に巧かった。女性週刊紙で学んだらしい。後日見せてくれた。

暫くお口の遊びを楽しんだ後交代して攻めた。胸は乳輪が大きなタイプで驚くと怒られた。只どうしてもお互い笑ってしまう。マァいいか。

彼女と私は背丈に差が有るので俺の好きな立ちバックのためにコピー機前の段差を利用した。コピー機に手をついた彼女に後ろからゆっくり時間をかけてめり込ませた。

彼女の顔から微笑みが消え苦しそうに「お願い ゆっくりして」囁いた。久しぶりで狭くなってるのか。彼女の中が妙に温い。暫くすると苦しさが快感に変わったらしく音色が変わった。

俺は計画通りに携帯を側に置いていたので撮影したら見事にばれたが大して咎められなかった。元々遅い俺は何度か彼女を満足させたと思う。最後の口内射精は拒否された。

それから数ヵ月は週二位エロい事してた。恋愛感情というか好奇心が二人を支配してた。彼女も初対面の時とは別人みたいに明るくそして悩ましくなった。
アクセスランキング