みんなのエッチ体験談告白

無料で読めるエッチ体験談まとめ。秘密のエロ体験、スケベなナースとのエロバナ、人妻の不倫エッチ告白、禁断の近親相姦H体験が満載!

痙攣アクメしてびくんびくんなっている奥さんに興奮してその状態のまま挿入した結果w

さて夏休みに突入しピアノの営業成績もイマイチなので、お得意さんの幼稚園へ顔出ししボランティアがてらプール当番をお手伝いしてイイ思いをして参りましたので早速、ご報告致します。
ワタクシが担当している幼稚園は市内に5ヶ所なんですがここの幼稚園は一番セレブな親達の園児が通う有名幼稚園です。
なのでプールで園児達と付き添ってくる奥様達は皆ブランド水着を身にまといシャネルのサングラスでキメテやって来ます。

 

駐車場からしてヨーロッパの高級車だらけ。
そんな中、奥さん達の水着姿を楽しみにワタクシ、視線隠しにサングラスをしてプールサイドで優雅に奥様のボディ鑑賞を楽しんでおりました。
子供達が少し邪魔なものの30人以上の若妻さんの水着姿を目の前にする機会は滅多にナイ事です。

 








☆おすすめ記事☆

ワタクシはただ20分に一度、笛を鳴らして休憩タイムを知らせるだけです。
その中で顔見知りの奥さん恵美さん(28歳、杉本彩似のセクシー系)は豹柄のビキニがとてもソソリます。
ワタクシ、炎天下の中でプールサイドに居たものですから多量の汗にまみれてしまい幼稚園の先生の許可を貰い更衣室までシャワーを浴びに行ったのです。

 

心地良い冷たいシャワーを浴びてスッキリしフルチンのままタオルで髪を拭いていた所、突然“ガタッ“と誰かがシャワー室に入ってきてビックリ!パーティーションから覗いて見るとナ、ナントそこには杉本彩似の恵美さんがいました。
奥さん私に気づかず大胆に豹柄の水着を脱ぎシャワーを浴びてウットリしています。
「これはマズイことになったなぁ~」と彼女が出るまでパーティーションのカーテン越しに覗きながらしばしナイスなボディを鑑賞してやり過ごそうと思いました。

 

ところがこの奥さん、いきなりシャワーのノズルをオマンコ周辺に当ててウットリしているのです。
まさかと思いましたが右手にシャワーのノズルを持ち左手でオマンコを集中して触っているようでしたのでこれはオナニーしてるんだなぁと確信しました。
ここで開き直ったワタクシ(笑)フルチンのままシャワー室の入口付近を歩き回り、誰か入室している気配を奥さんに知らせました。

 

そっと入口の鍵を閉めてから「誰かいるんですかぁ~っ?」とワタクシわざとらしく叫んだところ「ハッ、ハイッ、ワタシ○○(子供の名前)の母です」と奥さん慌てて返答してきました。
「あぁ○○さんの奥さんですか、ボクです剛士です」と応対しながら更衣室に置いてある奥さんの水着の股間部分の匂いを楽しみます。
さぞかし奥さん困ったことでしょう。

 

ここですかさず「奥さん、今シャワーを浴びながらイケナイ事をしていましたね」と言いながら奥さんのスペースのカーテンを私がフルチンのままガバッと開けました。
「キャッ!」と言いながらも奥さんワタクシの怒り狂って天高く聳え立つオチンチンを見つめています。
「奥さん、幼稚園のシャワールームでオナニーしていたなんて噂がたったら大変じゃないですか、注意してくださいよここだけの話にしておきますから」と杉本彩似の奥さんを軽く抱きしめました。

 

(これがホントの行為室ナンちゃって笑)そしてソフトに耳を甘く噛むと「ハァ~ッン」と甘い声を出したので「これはイケる!」と確信し立ったまま奥さんの白くて大きなお尻を抱えながら後ろから「ズブリッ!」と挿入!やっぱり奥さんシャワーでオナニーをしていたんですネもう濡れ濡れでした。
興奮したワタクシ、思い切りオチンチンを突き上げ高速ピストンをしたら奥さん、場所もわきまえず「ハァァッ、アァァァッすっ、スンゴイィィィッ!」と腰を振り乱します。
「奥さん誰にも言わないですから心配しないで感じて下さい」
と言うと「すっ、凄いッ、大きい、大きいのぉッ」とのた打ち回りワタクシの首に手を廻して唇に舌をねじ込んできます。

 

普段からスケベな顔だなぁと感じていたワタクシの予感が当たりました。
セレブな奥様タダの雌豚じゃぁナイですか!しかもこの奥さんのご主人、××競馬の馬主さんって言う話も耳にしました。
奥さんより歳は25歳も上だそうです。

 

(唖然)「アァッ、イッいいわぁ~最高感じるぅ久しぶりだわぁ、あぁイイッ」と腰をグリグリ押し付けてきます。
ワタクシ思わず射精感が込み上げてきたので奥さんのクリトリス目がけてぬるま湯シャワーを全開にして前からビューッと当てました。
やがて奥さん歯を喰いしばり体全体を痙攣させて「グァッァァァッ、イッ、イクゥゥゥゥッ」と叫び、果てました。

 

タイルの床にそのまま崩れ落ちビクンッ、ビクン体を震わせています。
ここいらでワタクシもイカせてもらう事としそのまま痙攣中の奥さんに挿入、両足を肩に乗せ奥の奥にドビュピュピュッと大放出。
その後シャワーを浴びてからトットと帰宅しました。

 

本当にラッキーな一発でした。
その後、一応ピアノ関係の顧客でもあるのでナニか問題にならなければイイなぁと思っていたのですが、それも杞憂に終わりました。
ワタクシの自宅にあの奥さんから商品券10万円分が送られてきたからです。

 

てとマタ新しい人妻調教ドラマの始まりです。


飲み会でダウン、目を覚ますと先輩の彼女が

可愛がってもらってたサークルの4年生の先輩の部屋で飲んでいた時。

先輩の彼女も一緒。
大学は違うけど同じサークルの3年生。
清楚な感じのスレンダーな本仮屋ユイカ似のお姉さんだった。

他にも男が2~3人いたが、途中で帰る。
俺は、大分飲んでもいたので泊まってくことに。

先輩と彼女はベッドで。俺はその下の床で。

どのくらい寝たか憶えてないが、朝方、股間がムズムズするので目を覚ますと、先輩の彼女が俺のチ◯コをシャブっていた。

一瞬、訳がわからずパニクったが、
『あの清純そうな人が!』と驚きとともに気持ちよさに心臓がバクバクしていた。

俺は童貞だった。
フェラは風俗で経験済だったけども・・・。

俺が目を覚ましたのを感じて俺の顔を見て、ニヤっとするユイカさん。








☆おすすめ記事☆

手コキに切り替えて、顔を俺の顔に近づけてきて、
『起こしちゃったぁ!?苦しそうだったから』と訳のわからん事を。

どうやらトイレに起きてまた寝ようとしたら、俺の朝起ちのチンコを見つけてつい・・・らしい。

『どうするぅ?やめる?続けて欲しい?』
と手コキしながら悪戯っぽく言うユイカさんに、
『お、お願いします』と。

そうすると再びパクリと咥えて熱心にフェラするユイカさん。

清楚なユイカさんがと思うとあっという間に口の中に発射!
もっとも、先輩とは半同棲でヤリ捲っているみたいだけど。

口で受け止めて、お掃除よろしくキレイにしてくれたユイカさん。
そのままトイレへ行くユイカさん。

先輩のイビキが響く中、俺は、気持ちよさに腰が抜けたようになり、頭の中も真っ白でした。

 

その後、サークルで顔を合わしてもなんでもなかったようにいつもの様に振る舞うユイカさん。

俺は、フェラしている清楚なユイカさんの顔が頭から離れず、チ◯コに残ったユイカさんの口内の感触を思い出しては抜いてました。

また、ユイカさんの裸を想像しては抜いていた。
抜いても抜いてもユイカさんへの思いが募るばかりで悶々とした日々を過ごした。

そんなある日、二人っきりになる機会があった時に我慢できずに告り、お願いすると童貞を卒業させてくれました!

気持ち良かった!それも安全日だったらしく、ナマで中出しで!

ユイカさんは先輩の趣味でパイパンだった!
恥ずかしがるユイカさんに萌えた!

その後、先輩に隠れてセックスするようになった。
不思議と世話になっている先輩への罪悪感は沸かなかった。

 

後で分かったことだけど、先輩とユイカさんはうまくいってなかったらしい。
俺には弟の様な好感を持ってくれてたらしい。

先輩に仕込まれたユイカさんはセックスも上手だった。
そんなユイカさんに童貞だった俺は溺れた。
アナルセックスもさせてくれました。

先輩に迫られて何回か経験があるけど、ユイカさんは痛くて嫌らしい。
でも俺が望むならと痛みに涙を流しながらさせてくれた。

泣き顔に興奮し、思わず激しくアナルを犯してしまった。
ユイカさんの泣き顔に征服感を満たされるのかその後何回か、アナルを犯した。

その後に、泣きじゃくったユイカさんを抱きしめてのセックスがラブラブな感じで最高に気持ち良かった。

 

先輩が卒業し、ユイカさんと完全に切れたらしかったが、ユイカさんも4年生となり、何かと忙しく合う機会も減り・・自然消滅してしまった。

色々な経験をさせてくれたユイカさんには感謝している。

今でもあのパイパン姿に恥じらうユイカさんを思い出すと股間が熱くなる。


セックスレスの夫婦が欲求不満を募らせすぎてついに我慢の限界を迎え一線を越えてしまったエロ話

私は39歳の主婦です。
夫と子供2人は既に別室で寝付いたようで、一人ぼっちで寂しくインターネットでたどり着きました。
酔ったついでに告白します。

 

普段は家庭思いな妻として母として凛と振る舞う私、薬指のリングも虚しく、女としての私を隅々まで愛してくれるのは年下の交際相手だけです。
短大を卒業して数年後に職場で知り合った10歳年上の主人と出会い、1人目の子供を2年後に、2人目を4年後に出産した私にとって、以前は不倫なんて異次元の出来事に思ってました。
子供が大きくなり、家庭という枠以外の世界に憧れ自分の幅を広げるために、ヘルパーの資格を取り昨年冬から介護施設に週3回勤務しています。








☆おすすめ記事☆

家庭への不満などはなかったのですが、はやり母や妻としてでなく女としての自分の立ち位置を社会で求めておりました。
不倫相手は、同じ施設で働く28歳の方で、私より一回り年は下ですが、勤務先では4年先輩にあたります。
彼は、私の仕事や人間関係の悩みを熱心に聞いてくれ、またトラブルの相談にも丹念に乗ってくれました。

 

独身で真面目、スポーツマンタイプで肌は浅黒く、胸板が厚くて大きくがっしりした人です。
奥手で小柄で貧弱な体型の私とは正反対です。
私は今年の2月に施設に就職し、彼は私の教育係として手取り足とり指導を行い、内気な私も彼との会話や相談が楽しみになるようになりました。

 

性格が優柔不断で人見知りする私にとって、彼の存在は非常に有難かったです。
仕事場で何時も彼と顔を合わせ話すようになり親しくなり、彼の方からお食事の誘いを幾度か受けるようになりました。
私のような年齢的に陰りが出てきたオバサンに冗談を誘う彼が信じられないと思ったけど、彼の行為はかなり嬉しかったです。

 

主人以外の男性との2人での食事。
結婚後主人以外の男性を久しぶりに意識してしまい、私にとっては不安と期待、また妙な罪悪感を感じ、自分には家族があるので、、とお断りしました。
一方で、今まで家庭を自分なりに支え、男性は主人一筋で生きてきた私に取って転機のような気がしたのも事実です。

 

女としての感覚が呼び起こされたような気がして、彼のお誘いを断った夜は不眠になりました。
たび重なる彼からの誘いに対して、ついに根負けして、彼とは食事をして、その後も仕事が早く終わる時は2人で飲みに行くようになりました。
2回目には飲み屋のビルの隙間でキスを許し、3回目にはホテルに誘われたけど、罪悪感で彼を振り切ったけど、4回目のデートで身体を許してしまい男女の深い関係になりました。

 

今では、彼無しに考えられません。
週2回会えるだけで身体が痙攣というか動揺して、時折来る衝動と母そして妻としての罪悪感を感じ、喉がからからになってしまいます。
私は小柄で痩せているので若く見えるとは言われますが、やはり39歳にもなると下腹部の妊娠線、皺が入った胸、シミの増えが気になりますが、彼は私を優しく、情熱的に逞しく愛してくれます。

 

今のさゆりがいいんだと抱き締められキスされ、薬指のリングを抜き取り、私は彼の全て受け入れ彼の思いを私の奥深い所で受け入れております。
結婚後20年経ちますが初めての不倫、主人とは2人目の子供を出産した後は夜の行為も少なくなり、ここ5年はセックスレスの状態でお互いに空気のような存在になってきています。
家族には嘘をついて仕事の出勤日にしておき、お互いに休みを示し合せ、二人で朝から逢うこともあります。

 

彼の車で知り合いには合うことのない城下町へ行き、人影に隠れ接吻を繰り返し舌を沢山からめ、ムードが盛り上がり彼のマンションへ。
2部屋の小さなマンションで彼のホルモンや汗の匂いで身体が熱くなり、口移しでビールやジュースを飲みあい、彼に力強く抱き寄せられ、ベットで彼の全てを受け入れ、私の全てを彼にさらけ出しました。
彼の部屋で、家族に対する罪悪感に苛まされながらいけないとは思いつつ、彼に溺れています。

 

時々、私のようなオバサンから卒業して彼女を作って結婚をすすめるのですが、そんな話をすると、より一層、強く、激しく求められ、そのような時は感情の高まりでオシッコを漏らしてしまうこともありますが、そんな私を彼は可愛いと言ってくれます。
彼と関係を持ってからは、夫とはもう夜の行為は全くありません。
夫も私を女として見てくれていないと思います。

 

そんなこともあり、彼の好む髪型や服装に変えたり、以前は安いスーパーのオバサン下着しか履いていませんでしたが、今では彼好みの黒いTバックやGストリングを通販で購入しています。
39にもなって、恥ずかしいのですが。
彼との関係が始まるようになって、白いヨーグルト状のオリモノが大量に増え、また時折不安から来る乳汁が出るようになりました(病院で相談したら、一過性とのことですが。彼は「すごいエロい」と喜んでくれました)。

 

こうして確実に心身共いろいろな変化が私の中で起こっていますが、こんな私の身体を彼は強く深く愛してくれます。
アンダーヘアも長年処理しておりませんでしたが、彼は征服欲が強く、私も彼の好みを受け入れるため全て剃り上げております。
太ももや下腹部には彼のキスマークがたくさんついています。

 

今度、お臍にピアスをしようと、、彼に言われています。
彼とのデートが終わり、髪を直しフラフラになり、家族や周囲からは仕事大変だね…と言われ、夫が帰宅する前に身体を洗い、女から主婦に戻ります。
彼と肌を重ねるたびに、自分の下半身が彼の下半身に馴染み膣の形が変わり彼のものになって行くような気がします。


アクセスランキング