みんなのエッチ体験談告白

無料で読めるエッチ体験談まとめ。秘密のエロ体験、スケベなナースとのエロバナ、人妻の不倫エッチ告白、禁断の近親相姦H体験が満載!

俺は30歳、会社員

俺の会社は電気部品の工場で、俺は製品管理をしている。

そんな時、友人から噂話を聞いた。

事務員の女と検査の男が浮気をしているとの事。
しかも、書類室で密会をしていて、中では何をしているのか?

その女は俺の2歳年上で、かなりの美形(スタイル抜群)。
俺は入社当時から憧れの女性だった。
しかし、結婚していたので俺は諦めていたのだ。

しかも、相手の男性も結婚していて、まさにW不倫だった。
まぁ噂なので、嘘だと思っていた。

ある日、俺は書類を捜しに、例の部屋に入って探し物をしていた。
その時、誰かが中に入ってきた。
その後を追う様にもう一人が入ってきて会話が始まった。
俺は、黙って影で様子を伺ってい

続きを読む

私には1つ違いの弟がいます。

私と弟は昔から仲がよかったんですが、弟が高1になっても仲良しのままだったので、夜とかは毎日のようにお喋りしたりしていました。

弟と恋愛話とかすこしエッチな話もしていたら、唐突に弟に「俺は姉ちゃんのことが好きだ。」と告白されてしまいました。

本気にしていなかったので、「私もあなたのこと好きよ。」とか、言っていたら弟に急に抱きしめられて、キスしようとしてきました。

びっくりしたのでちょっと抵抗したら、すぐに離してくれて、弟に「ごめんね。」と謝られて、その日はちょっと微妙な空気を残したまま分かれて眠りました。

次の日から、弟の態度がいつもとは違って、露骨に私のことを避けようとしてる感じがしてすごく嫌でした。

話をしようと思って、弟の部屋に行くと弟はベッドの上で寝っころがっていたので、私もベッドの上に座りました。
何で避けるのか聞いてみたら、「別に避けてない。」とか言って、話になりませんでした。

弟の頭とか撫でたりしようとすると、「やめろよ。」とか言って抵抗していましたが、「私のこと本当に好きなの?」と訊くと「うん。好きだよ。」と頷きました。

そのとき、私も弟のことがなんとなく可愛いというか愛おしい気持ちになって
「本当に好きなら、キスしてもいいよ。」 と言うと、迷いもなく弟にキスされてしまいました。

私も弟もそれまでつきあった人とかいなかったので、二人とも初めてのキスでした。

続きを読む

不倫と言う事ではありませんが、私の体験をお話します。
当時私は24才で結婚して半年の人妻です。

家計の足しと思い派遣会社に勤務してその紹介で某商社に勤務する事になりました。

ところがその会社の課長さんは歳は50才でかなりの女好きなのです。

仕事中にも私の胸の谷間を見たり足をみているのですが、最近になって良く食事に誘ってくるのですが、私は
「主人が早く帰るので」って言って断ってました。

が、とうとう課長が
「断ったら、派遣会社に勤務態度悪いと報告すると」言われ仕方なく行くことになりました。

適当に飲んで課長の車で帰る途中に無理にホテルに連れられ、そして課長は
「逃げたら解雇だ。やらしてくれたら正社員にしてやる」と言われ私はその言葉で力が抜けてしまいました。

続きを読む

1つ下の妹は発育がよくて、6年のときにもうCカップくらいあった。

妹も自慢したいみたいで、一度おれの部屋にきてキャミからおっぱいを出して「ほらけっこう大きい?」とか見せるので、「もんだらもっと大きくなるらしいで」というと「ほんま?」と言ってそれから、自分でもんだり、学校でも男子にもませたりしてたらしい。

そのせいか、今高2で余裕でEかFらしい。


続きを読む

今では実家を出て1人暮らしをしているオレの姉ちゃん、これはその姉ちゃんの話。

自分で言うのもなんだがオレの家は貧乏だ、子供の頃から夏休みに家族で旅行したことなんてほとんどない。

オレが姉ちゃんをエロの対象として意識し始めたのはそんな数少ない家族旅行での出来事が発端だった。


続きを読む

姉と弟の恋愛。

まじに問題だとは思っているけど、もうお互いに離れられないって。
姉の処女を俺が奪い取って4年。

姉が19歳の時のことだった。
当時短大に行ってた頃のこと。
俺は16歳。
高校1年だった。

土曜日で俺が部活終わって3時ころに帰宅した。
両親共働きでこの日も家にいなかった。
帰ってくるのいっつも夜遅いし。
2Fの自分の部屋に入って鞄とか置いて着替えようと制服脱いでTシャツ、トランクスになって・・・したら隣の姉の部屋からかすかだが物音と声が聞こえた。

誰か来てるんか?と思ったけど、よーく耳を澄ましたら「あん・・・ああ・・・あん」とかすかに声が聞こえてきた。
もしかしてぇ~?これってオナニー中?それとも男とエッチ中?

俺はドキドキしながら自分の部屋をこっそり出て、隣の姉の部屋のドアをこっそ~り開いて覗いた。
ゲゲゲッ!やってるよ!マジにオナ中。
おっぱい丸出し。
パンティの中に手突っ込んでしきりにマンマンいじりまくり!

大好きな姉ちゃんがベッドで悶えているの見てたら我慢できなくなった。 


続きを読む

たしか、俺が大学2年生だったと思う。夏休みに帰省しないで、食品工場でアルバイトしたんだけど、その会社の事務のおねーさん。当時、32・3歳ぐらいだった。 

9月上旬でアルバイトやめたんだけど、最後の頃の土曜日、仕事終わったあとおねーさんのアパートへ。以前から、ごはんいっしょに食べようって誘ってくれてた。 

おねーさん、身長は160センチぐらいでそんなに高くはないんだけど、ムッチリグラマーで、おっぱいとお尻がとても大きかった。今でいう、巨乳。 

Tシャツ着てたときなんか、どこみて話せばいいかと思ったくらい。目のやりばに困ったよ。 

工場のあるところから、電車に乗って。それから、夕飯の食材(すきやき)をいっしょに買って、おねーさんのアパートへ。 女性の住まいにお邪魔するの初めて。小奇麗に片付いてた。 


当時は、土曜日も工場17時終了で多分19時近くになってたとおもう。休んでてって言われて、休んでた。残暑厳しい日だった。休んでる間に、おねーさんは干し物を片したり、着替えをしたり。 

おねーさんは、Tシャツ、ジーパンに着替えてて、白いTシャツの胸元がはちきれんばかり突き出てた。うっすらとブラジャーが透けてたね。俺のズボンの中は、もうかちかち。 

おねーさんは、すきやきの準備に取り掛かりました。麦茶をいただき、テレビを見て待ってます。

続きを読む

はじめまして。自分は都内妻子アリの恭平と言います。十数年前になりますが、当時のセフレとの話しを書きます。長くなるので何回かに分けますが、今回は事始め編(笑)です。

彼女(シノブ:仮名)は、見た目可愛くもなく、かといってブサイクでもない僕の2つ年下の女の子です。

事の始まりは彼女が酔って、僕が噛んでいたクロレッツを口移しで食べちゃったことにあります。今思えばどういう状況?とか思いますが当時は若気の至りと言うか、ホントにノリでした。

しかし彼女は酔うと恥ずかしげ無くそんなことをするのに、普段は身持ちが堅く、当時付き合っていた彼氏を大事にする女の子でした(笑)

んで僕らは同じ職場だったのですが、当時の同期の奴(♂)が結婚するっつーので披露宴に同期連中で出席。しかしながら式場が遠いので、シノブが普段停めている駐車場に自家用車を停めさせてもらい参列しました。

ちなみに僕の自宅は世田谷区でシノブは千葉県、式場も千葉県柏市だったので停めさせてもらった次第です。

また僕は完璧な下戸なので披露宴だろうとどこだろうと呑まないので車の方が楽でした。しかし半分地元のシノブは呑みます。呑めばエロくなる彼女ですから、よく考えればそうなることは想定出来たかも?しれませんね。


披露宴、二次会と終わり帰路に着くと、当然ながら帰り道は途中までシノブと一緒。相変わらずのエロさでしたが、ヘベレケと言う風でもなくしっかりしていましたが、シノブの駐車場に着いて、軽く『んじゃ!』と車に乗ろうとすると助手席に乗ってきます。 続きを読む

↑このページのトップヘ