みんなのエッチ体験談告白

無料で読めるエッチ体験談まとめ。秘密のエロ体験、スケベなナースとのエロバナ、人妻の不倫エッチ告白、禁断の近親相姦H体験が満載!

指がクリトリスに触れた途端、声を上げて仰け反った

私は夫も居て、子供もいる28歳の主婦です。
特に夫婦生活に不満があるわけでもない私が、近頃遭遇したあるきっかけを境に気持ちの中に大きな変化が起こり始めました・・・。

先月のことです。
お友達同士で集まってテニスをした日のこと。
数年前から慢性的に腰が痛くなり、普段はシップなどで処理するのですが、その時は酷く痛みました。
日頃運動不足の私は全身が筋肉痛になり、何をするのも辛くて思い立って鍼灸マッサージ院へ行く決心をしました。
お友達が「マッサージの上手な所を紹介する」と言って電話で予約を取ってくれました。

当日の午後8時30分でしたので帰って着替える時間もありません。
その日はアンダースコートの下に黒の小さなTバックのパンティを着けていたので着替えたかったのですが、下着まで見られないだろうと高を括っていました。

行った先の先生は初老の方で、目が不自由でしたけれど、全盲ではなくて遠くが見えない程度でした。
簡単な問診の後、下着姿になるように言われ、戸惑いながらも従いました。
Tバックに近い下着でアソコが隠れるか心配で、無駄毛の処理をした日がいつだったかを思い出していました。

マッサージはとても気持ちの良いものでした。
治療ベッドに横向きに寝てくださいと言われ、腕から肩、首、背中、腰へとマッサージが続きました。
腰の痛みの症状などを聞かれて説明をしていたら、「後で針を打ちましょう」と言われて、「お願いします」と言ってしまいました。

「電気を流しますので金属類は困ります。ブラジャーを外しますので背中を上げてください」と言われました。

今さら抵抗も出来ないので、恥ずかしいけれど留め金を外されブラを脱がされて、先生の前に胸を晒させられました。

そしたら上を向いて寝る様に言われました。
私の胸は友達も羨むEカップなんです。
すでに乳首は何かを期待しているかのように尖っていました。
私はそんな乳首を見て、恥ずかしくて目を閉じて先生の顔を見ないようにしていました・・・。

牽引するために手首と腰に皮のベルトがつけられ、両手は伸ばしたまま頭の上で固定され、腰のベルトから繋がる紐に重りが取り付けられると体が上下に引かれる感じになりました。
上下に牽引されているので、身動きが取れません。

「消毒しますので」と先生にいきなりショーツを下げられてしまい、恥ずかしい毛が露わになりました・・・。

脱脂綿に消毒液を付けると、お腹から下腹部、そして恥ずかしい毛の辺りまで丁寧に拭かれた後、「やはり邪魔になりますのでこれも」って、ショーツを一気に足から抜き取られてしまい全裸にさせられました。
足の重りが付いている二本の紐を私の足と足の間から通すために、左右に足を開かされて、恥ずかしいところまでも露出させられてしまったのです。

全裸のまま・・・、お腹から下腹部、毛のところまでマッサージされて、足を開かされたまま両足の付け根辺りを強く指圧されてしまうと、恥ずかしいところが左右に引っ張られて開かされてしまい、顔から火が出るほど恥ずかしい思いでした。
なぜか乳房の脇にも針を打たれました。
乳首には触れませんが乳房を揉まれました。

それからが大変なことになってしまいました。
お腹から下腹部、毛の周囲に鍼をされ、そして足の付け根にまでも鍼をされる時、先生の顔がぱっくり開いた私のオマンコの近くまで寄って来て・・・。

(あっ、そんなに近くで、お願い!見ないで!)

私は祈る思いでした。
実はその頃には私、少し感じていた様で、濡れてきたのが自分でもわかるくらいでした。
その後、うつ伏せにされて同じように腰から足の付け根付近にも針を打たれたのですが、身体が勝手にビクッ、ビクッと反応して思わず声が出ます。

そして陰毛のまわりから両足の付け根に刺された鍼に電気をされた時です。
オマンコの中がピクピクして・・・。
そして敏感なところまでも痙攣を始めて、私の意思とはまったく関係なく痺れるような快感が私を襲い始めたのです!
リズミカルに奥の方からも、とても敏感なところも・・・、まるでオマンコのすべてを一緒に触られているみたいに・・・。

(あぁ・・・だめ・・・これ以上はだめ!)

必死に心の中で抵抗してもだめでした。
しばらくすると鋭い快感が私の身体を駆け抜け始めて・・・。
そして小さな波が少しずつ大きくなって・・・。
口を手で覆い必死に声をこらえました。
でも息は弾むばかり・・・。
オマンコも、中も・・・、身体中が熱くなっていくのがはっきりわかりました。

その間もずっとマッサージされ続けて、その勢いで私の両足はベッドから外へと投げ出される格好になり、腿の上を通る重り用の紐が邪魔になって足を元の位置に戻せなくなってしまったのです。
体の幅よりも少し幅の広いベッドの上で精一杯股を広げさせられて、今度は足の付け根ではなくてオマンコのすぐ脇を、先生の両方の親指で思いっきり開かれて、私の恥ずかしい全てを曝け出させられました・・・。
そして電気の摘みが少しまわされると、気が狂いそうなほど激しい快感が私の中から全身に広がるんです。
先生の指が後ろから谷間に沿って下りてきてクリトリスに触れた途端、私は声を上げて仰け反りました。
指が中へ入ってきて動きます。

「やだっ!それいいっ!すごいっ!!ああっ、あ、ああっ!イッちゃう、いっぱいイッちゃうっ!」

もう私は何度も何度も昇り詰めてしまいました。
心の歯止めを失ってしまった私は何もかもが我慢できなくなり、訳のわからない言葉を発してしまったり、はしたない声までもあげてしまったのです。

「いやぁっ!そこ、いいっ!すごいっ!!ああっ、あ、ああっ!だめぇ、おかしくなっちゃうっ!!ひゃぅぅ・・・っ・・・んふぅっ・・・気持ち・・・あぁぁ・・・そこぉ・・・もっと・・・んはぁぁんっ・・・」

苦しいほど感じている私の様子も、痙攣しているオマンコの様子も、止め処なく溢れてくるお汁までも・・・。
女の恥ずかしい全てを見られました。
激しい快感に全身を包まれて、耐えられないほどの大きな波に何度もさらわれそうになって・・・。

「だめぇーーーーっ・・・おまんこイクっ・・・はぅぅううっいくっいくっいくっ・・・あぅうんっ・・・!!!」

そして背中がベッドから離れてしまうくらいの物凄く大きな波に私は襲われ、こらえきれずに一気に昇り詰めて・・・達してしまいました。
それでも電気は続けられて、イッてしまった後、痺れる余韻を感じている間もなく、強制的に激しい快感の渦に飲み込まれてしまい、一度達して敏感になってしまった私の身体は、何度も激しい波を受け止めさせられました。

「んん・・・っ、やぁ・・・ああっ、まだ、だめっ・・・イイっ・・・、あぁ・・・っ、あっ、熱いっ!熱いいぃーっ!きひぃっ!あぁっ!ダメッ!またイッちゃう!あっ!あっ!イクッ!イッちゃうっ!!っくぅっっ!!!」

何回も絶頂を迎えさせられました。
休むことなく続けられた私への激しい快感の嵐・・・。
恥じらいも忘れて、ベッドまでもオマンコ汁でべちょべちょに濡らして・・・。
淫らな私・・・。
そんな私の一部始終を見ていた先生・・・。
もしあの状態で先生に犯されてしまったら、私はなんの抵抗もなく受け入れてしまったと思います・・・。
なぜそうならなかったか不思議ですか?
それは・・・、私の膣とそのまわりに通された何本もの鍼のせいだったのです。

気が付くと、ベッドの上で口とオマンコからだらだらとヨダレを垂らして失神していた私がいました。
先生は体中の汗とオマンコから溢れた液体を丁寧に優しく拭き取ってくれました。

それからというもの私は、熟れた身体を持て余すたびに先生に施術してもらっています。

成人式で中学の時のアイドルに声をかけられたが、思ってたのと違った展開に

成人式の時に、「◯◯君だよね?」と声を掛けられた。
中学の時のアイドルMちゃんだった。
俺は当時からデブで、Mちゃんの眼中にも入ってなかった。

☆おすすめ記事☆


そんなMちゃんに声を掛けられて、ビックリした。
嬉しかった。
もしかして中学の時から俺に恋心を・・・なんて思っていた。
「携帯教えて」ってメルアドまで交換して、「今度ご飯でも食べようね」って。

有頂天だった。

電話番号やメルアド教えてもらっても、俺からする勇気もなく・・・。
でもMちゃんの方から積極的にメールが来て。

(あ、コイツ俺に惚れてるぞ)と。

メールをやり取りして、俺からもメールするようになった。
思い切ってデートに誘ってみた。

「忙しいから無理」って。

Mちゃんは美大生。
とっても忙しいって。
Mちゃん絵が上手くて、中学の時は毎年廊下に張られてたし、高校の時には全国的な絵画コンクールでも入選してた(新聞で見た)。
デートなんてする暇なんてない。

(本当はMちゃんも俺とデートしたいけど我慢してる)と納得していた。

そんなある日、『今日会える?』ってメールが。
行きます!行きます!どこへでも行きます!
で、呼ばれたのはMちゃんの家だった。

(俺は今日童貞を卒業するんだ)って思っていた。

Mちゃんの部屋に行く。
生まれて初めての女の子部屋だ。
ドキドキ、ドキドキ。

Mちゃんの部屋は女の子らしさの微塵もない。
なんか作業所みたいな・・・ここはアトリエらしい。
美大生数人で家賃を出し合って借りてるそうで、初めて結ばれるのがアトリエ・・・。
芸術家の考える事は凡人の俺には理解出来ない。

ドアのチャイムが鳴った。
そして3人の女性が入って来た。

(えっ、4P?)とか思っていた。

テーブルの上に写真が列べられ、Mちゃんが説明を始めた。
Mちゃんは今人間の身体をキャンバスにして絵を描いているそうで、確かに女性の身体に絵が描かれている。
しかも裸だ。

そして、俺にキャンバスになって欲しいと。
カレシがカノジョの願いを聞くのは当たり前の話。
深く考えないで即答で了解した。
カノジョの願いを叶えるのがカレシの役目だもの。

「じゃ悪いけど身体中の毛を剃って来て」って。

なんで?
毛が邪魔なんだって。

アトリエと言ってもアパートの1室。
ちゃんと風呂がある。
さっか来たMちゃんの友達からドラッグストアの袋を渡された。
中にはシェービングクリームとT字カミソリ。
体毛は薄い方で、でもチン毛は生えてるから剃った。
で、後はどこを剃ればいいんだろう?と思ってたら、「入るよ~」ってMちゃんが2人の女性を引き連れて入ってきた。

慌てて股間を隠したが、「ちょっと見せて」って。

「いや、それは・・・」と躊躇していたら、「はい、バンザイして」と。

勢いに押されバンザイした。
デブだから小さめで皮アリのチンポ丸出し。
俺の最大のコンプレックスを見られてしまった・・・。

が、しかしMちゃんは全く気にもせず、「あ、剃り残しある」ってチン毛を剃られ、残りの二人には後ろ側を剃られ・・・。
狭い風呂場にバンザイする全裸の男と体毛を剃る女3人・・・。

(なんなんだこれは?)

Mちゃんは竿や袋を平気で触る。
当然勃起します。
それでもMちゃんは全然気にもしない。
後ろ担当の二人は尻まで広げ、「あんまり毛深くなくて良かったわ」とか言っていた。

全身の毛が剃り終わり、「シャワーして部屋に来て」と。
シャワーで流して、「バスタオルは?」って聞いたら、「そのまま来て」と言われた。

(まだ勃起したままなんですけど・・・)

手で隠して濡れたままで出たら、「はい、バンザイ」と言われ、またバンザイした。
女の子二人が身体を拭いてくれた。
そしてアトリエスペースに連れて行かれ、体毛の最終チェック。
剃り残しを隅々まで見られて、残ってる部分は再度剃られた。

アトリエのテーブルの上にうつ伏せで寝かされた。
そしてMちゃんが絵を描き始めた。
ちょっとくすぐったい。
4時間くらいかけて絵が完成。
次は部屋の奥に黒い幕があって、その前に立たされて写真を撮られた。
さすがに4時間勃起していられる訳もなく、小さくなってしまったチンポだったが、また再び勃起。
勃起する様子を見られてるのだが、Mちゃんたちは特にそれに反応する事もなく・・・。
撮影が終わると、「お風呂どうぞ」って。

お風呂でシャワーを浴びていたら扉が開いた。

「消えていく瞬間が愛おしいのよね」

Mちゃんたちに見つめられながら背中を洗った。

「今日は疲れちゃったし、前は今度にするね。来週の木曜は大丈夫?」と、一方的にスケジュールを決められた。

「じゃまたヨロシクね」と言われ、僕は部屋を後にした。

(俺はお前のカレシだからね。お前の言う事は全部聞くよ・・・)

そして木曜がやってきた。

「じゃ服脱いで」とMちゃんに言われ、また裸に。

「はい、バンザイ」と言われ、また全裸でバンザイさせられた。

また勃起した。

「やっぱ生えてきたね。また剃ってきて」

またチン毛を剃り、剃り残しチェックされ、テーブルの上に今度は仰向けに寝た。
前は背中だったが今回はチンポ丸見え状態。
勃起が続く。
とは言え、ずーっと勃起してる訳ではない。
小さくなっていく。
そしてふと、俺は今、女たちにチンポを見られてると思うと、また勃起する。
そんな事を繰り返していた。
胸の方から腹、そして下半身へと絵が描かれていく。
色を塗り始め、股間あたりになった時・・・。

「これ、どうにかならない?」

勃起したチンポは自分の意思ではなんとも・・・。

「しょうがないなぁ」と、Mちゃんはチンポを握り、そしてマッハのスピードでシコシコシコシコシコって。

Mちゃんの友達の子が近づいてきて、チンポにタオルを乗せた。
みんなに見つめられながらドピュッ。
タオルで液体を包み込み、そして熱心にチンポを拭かれた。
Mちゃんは小さくなったチンポの皮を剥いたり戻したりして、「こっちが可愛い」と包茎状態にして、絵を描き進めていった。

5時間かけて絵は完成。
そして撮影。
そして、みんなに見つめられながらのシャワーも終わり・・・。
服を着てMちゃんに帰る事を伝えると、「本当に本当にありがとう」って握手を求められ、見送りしてもらい部屋を出た。

その夜、『いい作品が出来ました。本当にありがとう』というメールが来たのを最後にMちゃんからのメールは途絶えた。
こちらからのメールにも返信はない。

夜のプールで人妻インストラクターと泳いだら

夏なのでオレが働いてる屋外プールでの話。

警備の巡回は、22時以降は朝まで来ないことを事前に調べ2ヶ所の扉の合鍵を用意して、うちのプールにインストラクターで来てるコと泳いだ。

☆おすすめ記事☆

いやもちろん泳ぐだけではすまなかったのだがw。

ま、人妻さんなのだが、スレンダーな体つきのかなりセクシーな感じ(シャムネコっぽい?)

と、オレも泳ぎ方を習いたくていろいろ話してるうちに仲良くなり、まあいつも水着は着てるけど裸の付き合いだし、てなわけで
「星空の下で誰もいないプールで泳いで見ない?」
と誘うと、最初はえ~っと言われてたのだが、だんだんノってくれてOKってことでww
ところが決行2日前に熱が出やがったオレ(^_^;)
風邪薬とドリンク剤をがぶ飲みし、とにかくルートを打ち合わせして、授業が終わった彼女と業務が終わったオレで合鍵と駆使し、すっごいドキドキしながら…忍び込むことに成功!!


昼間より少しひんやりするプールに入りふたりで少し泳いでたんだが、やっぱなあ…
隙を突いてお姫様抱っこし
「や~やっぱ水の中だと軽いなあ」
などとごまかしつつスキンシップw
星明りと遠い外灯の光だけで、柔らかい肌と水の感触…
まぁキスするよなあ…

…すると彼女もだんだん興奮してきたみたいでかなりディープになってキターwwてなノリで
「真っ裸で泳いでみない?暗いし見えないからさぁ~」
と聞いてみた。
引かれるかと思ったがあっさりOK!
ふたりで脱ぎあってもう一度水の中。

まぁ泳ぐまもなくもう一度抱き合ってw
水に浮かんだ彼女の、意外にある胸をもんだり潜って乳首舐めたりはいwもちろんアソコも舐めちゃいました。
水の中でも違うヌルヌルwww
さすがに苦しくなってそのままプールサイドまで運んでさらにクンニ。
だんだんあえぎ声が大きくなるのでビビって口を押さえつつ…

興奮して堪らなくなって…
ゴムもつけずにクチュクチュマソコにもうズリュッて感じでずっぽり…
スポーツしてるのもあるのかグチュグチュなのに凄い締め付けで、もうバチャバチャ水の音がするのも忘れ烈しくピストンw
あっけなくイきそうになったので合体したまま水の中へ。

あの空中では疲れる弁当ファックが楽々ww
でも意外に水が入ってくるんだな~とwww
で、もう一回プールサイドに上がる前の中段?まで繋がったまま連れて行き今度は星空の光に照らされた尻を掴みながらバックで烈しく…イッたww

まあ興奮冷めやらず今度はオレがプールサイドに座り、フェラしてもらう。
冷えたからだとあったかい口の中…
また一人で行きそうになるのをぐっとこらえ、もいちどヌルヌルのままのマソコにズニュッと…でもう一回しちゃったんだけどね。

終わったあとそのままプールの水で洗ったから、明日朝の水質検査でヘンな数値が出たらどうしようwとか(オレのタンパク質2回分w)言いつつ、プールを後にした…。

彼女は週に3回やってくるしこの夏オレめっちゃ痩せるかもw
ちなみにオレ、ピザデブじゃないよ。筋肉デブだwww
アクセスランキング